PC Archive

XPS 13 9380(2019年版・変形なし)の長所・短所

Posted 2019年5月30日 By Takao Matsushita

(カラバリ選べる構成は下記を参照して下さい)

【この機種の立ち位置】

鞄への収まりが最も良い13.3型モバイル
(本体薄さは天板込み11.6ミリ。設置面積もA4判から幅5ミリ出るだけ)

片手で開け、後はワンタッチでログインまで可能
(電源ボタンに指紋センサー搭載)

③上横の画面枠わずか4ミリ。表示品質も概ね良好

Read the remainder of this entry »

ASUS ZenBook 13 UX333FAの長所・短所

Posted 2019年5月17日 By Takao Matsushita

(我が国版は全て日本語キーボードでバックライト搭載)

【この機種の立ち位置】

①情報収集⇒文書作成に必要な一覧性を確保した最小ノート
(13.3型の4辺狭額縁)

②テンキーにもなるタッチパッド「NumberPad」

③JEITA 2.0で15時間弱のバッテリ持ち
(しかも長寿命のリチウムポリマー採用)

④洗練されたアルミ筐体(薄さは天板込1.69センチ)

画面左にWEBブラウザ、右にメモ帳と並べて
重ならない為にはフルHDなら100%表示が必要なのですが、
キータッチしながら使うには、この13.3型が実用最小限でしょう。

この機種の設置面積は幅でこそA4判から5ミリ出ますが、
奥行は2センチも短く場所を取りません。

直販価格は全て13万円(税抜。投稿時)でラインナップは

Core i54コア)+光沢液晶+SSD 512GB(1.25kg、Office別売)
Core i3(2コア)+非光沢液晶+SSD 256GB+Office付属(1.16kg)

となっており、それぞれカラバリ紺・銀(画面枠は全て黒)です。

光沢液晶の方は表面がフラットガラスで高級感あり、
その分の重さなのでバッテリ容量は変わりません。

液晶はどっちもAUO製で消費電力に差があるとも思えませんので、
軽作業でのバッテリ持ちはi3版のが長いハズです。

【その他、特徴】

色再現性に優れた良質画面

広視野角IPSで色域はsRGB 98%、
ギラ粒なく輝度下げてチラつかず目も疲れ難いです。

しかし下品な動画(笑)だと僅かですが残像ありますし、
最高250カンデラ程度なので光沢版ではもう少し輝度が、
非光沢版ではもう少しコントラストが欲しい気もします。

Core i5でもベンチマーク順当だし、ファンうるさい用途は限定的
(ボディで熱くなる箇所も限られ、底面奥43℃が精々)

〇4辺狭額縁なのにカメラが画面上にあって違和感なし

〇USBはフルサイズ3.1、同2.0、3.1 Type-Cが1つずつ
(ただしType-Cからのディスプレイ出力はサポート外)

【短所・注意点】

△ディスプレイ開く最大が143°

仰向け(ラッコ)で使うには不足気味ですし、
開いてると底面が平らじゃないので膝上でも使い難いです。

△キータッチは凡庸

ストローク1.4ミリで決して粗悪ではないものの、
長文うちたくなる程でもありません。
先進的すぎたせいかタッチパッドの反応もイマイチです。

△内蔵スピーカーが1W×2と、ビジネスモバイル並みに非力

×外部モニタへのHDMI出力が4K保証しない

ディスプレイ閉じても排気口は隠れませんが、閉じてると
吸気スペース稼げないので設計通りのパワー持続は期待できません

堅牢性に関してはMIL-SPECクリア謳うものの、
自社試験は落下が4方向で僅か10センチ、
天板へも面加圧25kgfと、コレでは実施してないも同然です。
(ThinkPadや日系で落下試験といえば76センチ以上が当たり前)

ASUSには落下・水濡れに対応するメーカー保証すら存在しませんから
壊れ難さなんか、カタログ飾れる程度のアピールで良いって訳です。

しかしこうした形状・作りでしか
これ程のコンパクトにはなり様が無いのも事実でして、
テーブルが広く使える機種であるのは確かです。

この機種の様な究極のデザイン見てしまうと「
中途半端な他社ノートよか、この機種+ハードケースで持ち歩いた方が
粋じゃねえか!」って考えもアリでしょう。

詳細画像、最新価格はコチラ(ASUS公式ZenBookページへ)
icon

ASUS ZenBook 14 UX433FNの長所・短所

Posted 2019年5月16日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

大画面と取り回し良さを最大限、両立したホームモバイル
(14型、4辺狭額縁で本体1.25kg、薄さ1.59センチ)

②アルミ筐体+フラットガラス画面のシックなデザイン

軽めのゲームも楽しめるGeForce MX150(専用2GB)搭載

④テンキーにもなるタッチパッド「NumberPad」

⑤JEITA 2.0で12時間台のバッテリ持ち
(しかも長寿命なリチウムポリマー採用)

設置面積は幅でこそA4判から2センチはみ出ますが、
14型ノートで奥行20センチ切りはアッパレです。

後述しますが
このシリーズは厳密な持ち「歩き」用じゃないですから、
A4判にほぼ収まる弟分のUX333FA(13.3型)より
画面枠の細さ際立つ、このUX433FNのが
メリットは解り易いハズです。

【その他、特徴】

〇画面は目立った弱点が無い、良質パネル(AUO製)

色域こそ実物はsRGB 88%ですが
最高輝度は充分で(300カンデラ近い)コントラストも良好です。

ガラス表面ゆえ反射はありますが、
屋内で白背景アプリなら気にならないでしょうし
広視野角IPSなのでディスプレイ角度の調整も簡単です。

ギラ粒なく、輝度さげてチラつきませんから目も疲れ難いです。

画面左にWEBブラウザ、右にメモ帳と並べて
重ならないフルHD 100%表示でも、
この14型なら文字サイズに「比較的」無理がありません。

〇カメラ位置も画面上で違和感なし

〇USBはフルサイズ3.1、同2.0、3.1 Type-Cが1つずつ
(ただしType-Cからのディスプレイ出力はサポート外)

【短所・注意点】

△4辺狭額縁な構造上、仕方ないが天板開く最大は145°
(開いてると底面が平らじゃないので膝上で使用し難い)

×内蔵スピーカーが1W×2と、ビジネスモバイル並みに非力

△キータッチも、長文うつのが楽しいって程じゃない
(日本語配列、バックライト搭載、ストローク1.4ミリ)

△外部モニタへのHDMI出力が4K保証しない


冷却ファンは
情報収集、文書作成、動画鑑賞くらいじゃ安定して静かですが、
動画の「書き出し」なんか始めちゃうと騒音はいきなり上がります

キータッチしてて熱い箇所は無いですが
i7で書き出しするとボディ奥中央の表裏が45℃近くなる事もありました。

あと、ディスプレイ閉じても排気口は隠れないものの、閉じてると
吸気スペース稼げないので設計通りのパワー持続は期待できません

ASUSが4辺狭額縁をこの軽さ、この価格帯で出せたのには理由があります。

MIL SPEC謳っても落下の自社テストは4方向で僅か10センチですし、
落下や水濡れに対応するメーカー保証も存在しませんので
補償する側としてのリスク計算すら必要ないからです。

しかし両手で持って移動するのが精々な人にまで
教科書どおりの野暮ったいモバイルは不要ですし、
ThinkPadや日系メーカーにゃ作れないデザインは
明るい未来への想像を掻き立てるのに充分です。

【ラインナップ・お勧めモデル】

ラインナップ(カラバリ、直販税別)は上位から

・i7+SSD 512GB+メモリ16GB(紺のみ、16万)←SSD容量重視
・i5+SSD 256GB+メモリ8GB(紺・、13万)←銀色や価格重視

で、画面枠はいずれも黒です。

この機種は排熱の関係で
必ずしもi7のが速いって訳でもないですし、
画面解像度や外付最大を考慮すると16GB効果も薄いので、
選ぶポイントはSSD容量、カラバリ、価格に絞られます。

詳細画像、最新価格はコチラ(ASUS公式ZenBookページへ)
icon