⑥最高コスパなノート Archive

ThinkPad E585 FHD液晶モデルの長所・短所

Posted 2018年12月8日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

①見る角度によって色変化しない広視野角IPS液晶

応答性(SSD)と容量(HDD)を両立するデュアルストレージ可能

上記①、②を満たす最安級ノート
(低コストながら性能は劣らないRyzen採用。視認性重視な15.6型非光沢)

④激安モデルでもキータッチに手を抜かないのがThinkPad流
(高コスト品を載せられるのは、上位モデルが売れまくってるお陰)

ホームポジションでマウス操作できる「トラックポイント」
(コレもThinkPad共通)

⑥アルミ天板を含めて薄さ2センチ足らずと見栄えも悪かない
(H社やD社の激安ノートに比べ、外装のシッカリ感も圧倒的)

【その他、特徴】

〇65WのACアダプタなら1時間で0⇒80%まで急速充電可
(ポータブルなHDDや光学つなぐ人は余裕ある65W一択)

【短所・注意点】

×無線LANが蟹製、Qualcomm製いずれに当たるか運次第
(環境によっては外付の無線子機やら有線LANのが快適)

×上位のTシリーズ等よりショボい1.5W×2スピーカー

×指紋センサー選べない

△バッテリ交換は分解作業

△DVDドライブ非搭載

液晶パネルはFHDでも3社程度から供給を受けており
この競合によるコストダウンも、ThinkPad下位モデルが安い理由です。

なので表示品質には当然、個体差ありますが
いずれも色域はsRGB比60%前後
下げた輝度によって微かにチラつくタイプと思われます。

まぁ国内メーカーと言えど下位モデルにゃこのレベル光沢武装するだけですから
パネル自体が特に粗悪って訳でもないのですが、
用途えらばない高品質パネル採用の最安ThinkPadT480 WQHDとは
同等構成(E585はRyzen 5)で4万円しか差額ないってのは迷い所です。

T480は14型ですが、14型以下ThinkPadにはテンキー無く、
ホームポジション中央なので作業中の視認性は必ずしも劣りません。
(15.6型の高品質パネル最安はT580 4KでE585とは7万円差)

E585の注意点としては、
排気口がディスプレイ開いた付け根に位置するので
天板とじたままじゃ性能を発揮しないってのもあります。

今時の薄型ノートなら珍しくないこの排気レイアウトも
ThinkPad上位のTシリーズだと、デスク代替をも守備範囲にしてる為、
採用例ありません。

Eシリーズ最大構成とT最小くらべても
Tの冷却ファンのがEより少ない回転で風量かせげます(羽ボリュームの違い)。

マトモなノートがこんな値段で買えちゃったよwってEに目が行くのは世の常ですが、
広く長く使おうって人が最初からT買わないのは唯の無駄使いです。

【直販でのお勧めカスタマイズ】

「ディスプレイ」でFHD選ぶ以外のEシリーズお勧め構成です。

「プロセッサー」は、Ryzen 3(2コア)⇒Ryzen 5(4コア)で
結果としての差額1万円ですし、
動画を好きなシーンでカット編集したい場合に
待ち時間が半減するのは魅力です。

「メモリー」は4GBでも動きますが、
グラフィックに別途メモリ無いこの機種なら
8GB(4+4)までの上乗せも体感効果は確実です。

「ソリッド・ステート」は
256GB以上なら並列アクセスの高速応答も期待できますが、
そこまで贅沢すると上位機種との差額率が減ってしまいますから
データ容量をHDDで稼げるこの機種なら128GBが一般的でしょう。

詳細画像、最新価格はコチラ(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)

ThinkPad L380 Yogaの長所・短所

Posted 2018年7月31日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

①13.3型で360°回転ヒンジ採用の4スタイルPC

表示品質、使い勝手、頑丈さは犠牲にしない廉価版

筆圧まで検知するペン付属で本体にも収納可

④ThinkPadの優れた操作性もそのまんま

⑤成人男性が誤って靴で踏んでも壊れない天板

⑥当サイト左欄クーポンで税込10万円ちょっと~(投稿時)

補足して行きますと表示品質はX380と同等レベルに感じました。
タッチガラスの厚み判らないのは勿論、
白背景のアプリなら映り込みも気にならず、作業に集中できます

評価機は最高輝度310カンデラ+コントラスト良好で見易く、
ギラ粒ないので特に目も疲れなかったです。
色域もsRGB比95%と優秀でした。

頑丈さの⑤ですが、
この機種も米軍規格は余裕でクリアしています。

13.3型の変形ノートでこの辺を追及すると
途端にコストや重量に跳ね返ってくるので
普通はテキトーに妥協する訳ですが、
このL380 Yogaなら誰に持たせても壊さんだろうなー
って安心感はあります。

低価格帯にはENVY 13 x360の様なAMDプロセッサ採用もありますが、
インテル勢に比べてWi-Fi感度が極端に劣るので幾ら安くても
自分じゃ買いません(笑)

【その他、特徴】

〇JEITA 2.0で約11時間のバッテリ持ち
(65WのUSB-Cアダプタなら1時間で0⇒80%まで急速充電可)

〇冷却ファンは、Core i5-8250U搭載でも全域で静か

〇スピーカーも2W×2と、音量は充分

〇USB Type-C経由なら外付モニタへ4K@60Hz出力可

〇USBは3.1 Type-Cとフルサイズ3.0が2つずつ

【短所・注意点】

×本体1.56kg

アルミ天板で本体薄さ1.88センチって所までは良いのですが
コスト抑える為、底面に肉厚の強化プラ採用が響いてます。

画面サイズ同じでカーボン筐体なX380に比べ、
幅も1センチ近く大きいです。

X380X1Yと違って、裏返したキーボードが平らになる仕掛け無し

△SDスロットがMicro

【直販でのお勧めカスタマイズ】

この機種の存在意義はX380との差額にあるので、まずは
Core i3+メモリ4GB+SSD 128GBをスタートラインにすべきです。

この内「プロセッサー」はX380同様、
Core i5-8250構成のベンチマークすら頭打ち感あるので、
i3のままで良いでしょう。世代は第7、第8どちらも大差ありません。

「メモリー」は外付モニタ常用じゃなきゃ
とりあえず4GB注文して、
足りなきゃご自分で4GB追加ってのもアリかと。

「ハード・ディスク・ドライブ」はSSDしかありませんが、
後でデータ移行するのもメンドイですから
128GBより体感も優れる256GBでのご注文をお勧めします。

その内、SATAは低発熱、PCIeは高速応答をウリとしますが
この機種では、価格差ふくめて迷う程の差は無さそうです。

最新価格はコチラ(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)

HP ENVY 15 x360の長所・短所

Posted 2018年7月13日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

15.6型では珍しい4スタイルPC(360°回転ヒンジ採用)

★画面は1,024段階の筆圧も検知

★最下位モデル以外、SSD 256GB+HDD 1TBのデュアル・ストレージ

★上品なアルミ筐体(薄さ2センチ)。触る部分は汚れが目立たない梨地

満足構成でも税抜11.5万円(下記ラインナップ③)

ペン形式はMicrosoft Penでペン用に単6電池同梱です。

ただし絵心ある人が狙ったライン描こうとするには
15.6型にフルHDって解像度は粗すぎますし、
この価格帯にそこまでを期待するのは酷ってもんです。

ラインナップは上位から

①Core i7+メモリ16GB
②Core i7+メモリ8GB
③Core i5+メモリ8GB←無駄が無く、お買い得!
④Core i5+メモリ8GB+保存ストレージHDD 1TBのみ

となってます。

【その他、特徴】

〇明るい所で見たり他と並べたりしなきゃ、特に不満ない表示品質

色域はsRGB比86%でコントラストも良好です。

対策されてないLEDバックライトの宿命で
輝度さげると多少チラつきますが、
この機種は最高輝度が210カンデラと、かなり控えめなので
明るさMAXが最も目に優しく、一般的照明なら寧ろ使い易いとは言えます。
(ギラ粒ない為。フルHD光沢IPSで評価機はChi Mei製パネルでした)

〇キーボードも違和感すくない
(ストローク1.5ミリ、日本語配列、バックライト搭載)

〇指紋センサー搭載

〇4Kテレビに60Hz出力できるHDMI 2.0ポート有

〇USB 3.1は全てGen1なのが惜しいものの、端子数は無難
(フルサイズ×2+Type-C×1)

【短所・注意点】

△本体2.11kgだし精々がホームモバイル

バッテリ持ちは10~11時間と記載されてますが
測定法がMobileMarkなので、他社が採用するJEITA 2.0なら
カタログ値は8時間前後かと思います。

△DVDドライブ非搭載

ホームノートだと15.6型フルHDを既にお使いの人も多いと思いますが、
そっから使い勝手に感動できるステップアップは

・デュアルストレージ(応答性、データ容量、書き換え耐性までを両立
・360°ヒンジ(省スペースなテントスタイルで動画みれる
・大画面+高解像度化(動画に立体感まで味わえる17.3型4K液晶など)

が代表格です。

ENVY 15 x360は比較的コストが掛からない上2つを採用してますから
「ホームノート買い替え効果」は解り易い機種と言えそうです。

詳細画像、最新価格はコチラ(HP公式ページへ)
icon