⑥最高コスパなノート Archive

ThinkPad E590 FHD液晶モデルの長所・短所

Posted 2019年2月18日 By Takao Matsushita

(カラバリはシルバー有。ただし画面枠とキートップはいずれも黒)

【この機種の立ち位置】

インテル採用にしちゃあ割安なホームノート(15.6型)

②画面は視認性に優れる非光沢の広視野角IPSパネル

応答性(SSD)とデータ容量・書き換え耐性(HDD)を両立可

④同社E585と違って、専用メモリ(2GBだが)あるRadeonも選択可

⑤バッテリ持ちは10.4時間~。Core i3なら何と、14.3時間

⑥国内メーカー15.6型じゃ殆ど例がない、米軍規格の頑丈設計

キータッチ、ポインタ操作に優れてるのはThinkPad共通

順に補足して行きます。具体的なお値段は
メモリ8GB(4+4)+SSD 256GB+HDD 1TBの満足構成で9万前後~
ってトコですが、Core i3のままFHDやRadeon選べたり、
同等構成ならCore i5(4コア)へも約1万円差と良心的です。

AMDプロセッサじゃAdobeソフトでの動作不良すら報告されてますし、
この機種は無線LANもインテル製えらべます(←絶対お勧め!)から、
無難に使い易い事を最低条件とするのであれば最安候補です。

デュアル・ストレージについての③ですが、ThinkPadの様に
リーズナブルにフルカスタマイズ出来ちゃう機種には
そもそも、Optaneなんかお呼びじゃないですね。
(HDDにある動画のシークは速いかも知れんが、書込速度を犠牲にする程じゃない)

バッテリ持ちの⑤はいずれもFHD液晶モデルのJEITA 2.0測定ですが、
HDD搭載時は2,3割減すると思いますので使用パターンでお選び下さい。

ちなみに
インテル非採用で激安のE585じゃ⑥の規格にゃ適合しませんが、
共通部品おおく、持った感じのシッカリ感も大差はありません。 Read the remainder of this entry »

ThinkPad E490 FHD液晶モデルの長所・短所

Posted 2019年2月18日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

日常的に車で持ち運べる大画面モバイルの廉価版(14型)

②画面は視認性に優れる非光沢の広視野角IPSパネル

応答性(SSD)とデータ容量・書き換え耐性(HDD)を両立可

④グラフィックにRadeon(専用メモリ2GBだが)選択可

⑤バッテリ持ちは10.9時間~。Core i3なら何と、15.6時間

⑥安くても米軍規格の頑丈設計で無線LANも無難なインテル選べる

キータッチ、ポインタ操作に優れてるのはThinkPad共通

補足して行きますと、具体的なお値段は
メモリ8GB(4+4)+SSD 256GBの過不足ない構成で7.5万前後~
ってトコですが、Core i3のままFHDやRadeon選べたり、
同等構成ならCore i5(4コア)へも約1万円差と良心的です。

デュアル・ストレージについての③ですが、ThinkPadの様に
リーズナブルにフルカスタマイズ出来ちゃう機種には
そもそも、Optaneなんかお呼びじゃないですね(笑)

視認性の②ですが、
一回り大きい15.6型ノートは一般的にテンキー有って
キーボードのホームポジションは左へ寄りますが、
この14型だと中央で構えられる分、画面の見易さでも
15.6型サイズに必ずしも劣りません

バッテリ持ちの⑤はいずれもFHD液晶モデルのJEITA 2.0測定ですが、
HDD搭載時は2,3割減すると思いますので余り書き換えないなら
HDD代わりにご自分で2.5インチSSD追加すれば、
安価にデータ容量とバッテリ持ちまでは両立を図れます。

【その他、特徴】

〇外部モニタへは、メモリ8GB以上+Type-C経由で4K@60Hz出力可

〇65Wアダプタなら1時間で0⇒80%まで急速充電可
(ポータブルなHDDや光学ドライブ常用するのにも65Wお勧め)

〇指紋センサー搭載可

【短所・注意点】

△天板、底面とも金属じゃなく本体薄さ2.19センチ(1.75kg~)

×画面は多少の個体差あるが、いずれも発色は薄い

ThinkPadは下位モデルのパネル供給元を2~3社とする事で
買い叩いてコストダウン図ってます。


発色マトモなのは14型FHDじゃX1までありませんし、
本体価格がE490の次に安いThinkPadで探すと
14型TシリーズのWQHDが該当します。

ちなみにTなら天板とじて排気が干渉する事もありませんし、
冷却ファンもE490より少ない回転で風量かせげる立派なの
付いてますから、タワーPCの代替すら可能です。

△DVDドライブ非搭載

×USBは端子数こそ充分だが今時、Thunderbolt 3無し

カスタマイズして価格を見る(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)

HP Pavilion Gaming 15-cx0000の長所・短所

Posted 2018年12月17日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

DMM動画など全画面の高画質録画に最もお手軽なホームノート
(15.6型で遊べるゲームも多数)

視認性に優れる非光沢IPS。発色も良い4Kなら多用途に使える

◎応答性とデータ容量を両立するデュアル・ストレージ構成有
(下記①~③が該当。残る④もコンテンツ消費には両立可)

画面キャプチャの経験ある人ならお判りでしょうが、
フリーソフトじゃどれも画質は見るに堪えません。

鉄板のGeForce Experience使うには
GeForce 1050以上搭載が条件ですが、
このPavilion Gamingはそれ満たす最安級ノートです。

選べる4K画面はsRGBに迫る鮮やかな発色で
もう少しコントラストあれば満点評価つけました。
輝度も充分(最高300カンデラ級)で見易いです。
(AUO製パネル。従来Pavilionの疑似4Kとは別物)

4Kも15.6型ともなると、200%設定で美文字と一覧性まで両立
サムネイル画像の綺麗さにも一々感動できますから、
お仕事や勉強のモチベーション持続にも効果絶大です。
(ただし単なる4K入門にはThinkPad T580のが安いです)

機種名に「ゲーミング」って入ってますが
重量、薄さ、バッテリ持ちもホームノートとして違和感ありません。
(本体2.34kg、薄さ2.6-2.9センチで4K版のMobileMarkは7.5時間)

ラインナップは全てHDD 1TB搭載で、4K液晶モデルが

6コアi7+GeForce 1050Ti+SSD 256GB(17万~)←多用途に使える

フルHD液晶モデルが上位から

6コアi7+GeForce 1050Ti+SSD 128GB(15万~)
6コアi7+GeForce 1050+SSD 128GB(13万) ←お得にキャプチャまで
④4コアi5+GeForce 1050+書込おそいOptane構成(11万)←ゲーム専用

となってます(価格は投稿時点の直販税抜)。

この内①と②ではWin 10 Pro出荷モデルも選べ
(Pro版はWinアップデートで地雷ふまない設定可)
全モデル共、メモリ容量は充分です(④は8GB、それ以外は16GB)。

【その他、特徴】

〇無線LANの速度・感度とも、HP激安機とは大違い
(インテルAC 9560 2×2搭載)

〇キーボードも無難
(日本語配列、バックライト付、ストローク1.5ミリ)

〇大画面テレビに4K@60Hz出力できるHDMI 2.0装備

〇「使い方の相談」が1年無料

【短所・注意点】

△フルHD版は発色・輝度ともパッとせず、普通に眠くなる

×USB 3.1はType-C×1+フルサイズ×3だがThunderbolt 3無し

×DVDドライブ非搭載

△バッテリ交換は分解作業

冷却ファン2基搭載ですが回転の切り替えも目立ちませんし
HDDが7,200回転と打ち消す為か、
軽作業から4K再生に至るまで邪魔にならない程度の騒音です。

逆に6コアi7や1050Tiのベンチマークは控えめで、
ボディ表面こそ熱くなり難いものの、内部温度は高めです。

HPブランドで言いますと、

・使い勝手はENVY並み
・耐用年数はPavilion並み
・価格は中庸

って所です。グラフィック能力は常に2,3年で陳腐化してきた歴史もあり、
スペックの割に手が届き易いこの機種が売れまくるのも当然です。

詳細画像、最新価格はコチラ(HP公式ページへ)
icon