⑥最高コスパなノート Archive

ThinkPad E480 FHD液晶モデルの長所・短所

Posted 2018年2月13日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

自家用車での持ち運びまでを守備範囲とする14型ノート

HDD非搭載なら本体1.75kg~で
どの道、HDD保護機能まで付いてます。

一覧性と視認性を底々両立

フルHDも14型なら100%表示で常用できる人が多数派でしょう。
一字一句間違えない校正作業にも、
アプリやページ設定で文字サイズ上げりゃ済みますし。
この機種は非光沢かつ広視野角IPSなので作業にも集中できます

メーカーアプリLenovo Vantageにはブルーライトカット設定ありまして
この効果も絶大です。私も校正作業だけは赤色の目薬が手放せないクチですが、
別のThinkPadでこの設定を使い始めてから点眼の頻度が恐ろしく減りました。

キーボードのホームポジションでマウス操作できる「トラックポイント」
(ThinkPad共通ですが殆どのアプリで横スクロールまで可能)

応答性(SSD)とデータ容量・書き換え耐性(HDD)も両立可
(SSDがM.2なのでカスタマイズ制約なしにデュアル・ストレージ可)

14時間のバッテリ持ち
(FHD液晶+Core i5-7200U+Radeon無し+HDD無し構成のJEITA 2.0)

デュアル・ストレージ構成でも税込8万円切り
(HDDで1TB選択した投稿時点)

【その他、特徴】

〇USBは3.1 Type-Cが1つ、フルサイズ3.0が2つ、同2.0が1つと充分

〇指紋センサー搭載可

〇レノボPCはドライバ更新が簡単なので半年ごとWin Updateも安心

【短所・注意点】

×液晶はギラ粒こそ無いが発色は最低限。輝度やコントラストには個体差あり
(複数のパネルメーカーから調達する事で価格交渉⇒コストダウンしてる)

△ディスプレイ付け根に排気口ある現行EシリーズにゃRadeon鬼門

Radeon構成だと低負荷時でもファン回ったり、
高負荷時にはキーボード上段が、かなりの高温に達します。

Radeon付けても外付モニタの動作保証すらフルHD@60Hzで変わらず、
この程度のグラフィックじゃ出来る事は大して変わりません。

内蔵ディスプレイ閉じてるとCPUも本気でなそうな排気口位置なので
そもそも、モニタ外付がスマートじゃないです。

△無線LANは鉄板のインテル製で2×2(高速+高感度)選べない

安ノートだから当然ですが。ちなみに「インテル」記載ない選択肢は
いずれもRealtek製なので、2千円高の2×2選ぶべきかは微妙な所です。
(2018/2時点のカスタマイズ画面で1×1記載ない選択肢が2×2です)

△DVDドライブ非搭載

外観、キータッチ、トラックポイントやストレージ交換し易さ以外、
Eシリーズに「ThinkPadらしさ」はありません。

上位モデルの様に広色域液晶も載りませんし、
見えない所は基板から違うので
米軍規格の耐久テストもハナから受けてません。

それでも
落下・水濡れ対応の保証に入るか否か1年以内に決めりゃイイ
って太っ腹はThinkPad共通ですから、
某D社と比べちゃ流石に失礼ってもんです(笑)

ちなみにE580はE480に比べて
画面が14⇒15.6型と大きくなってテンキー付くだけですが、
動画鑑賞に適した液晶じゃない事に変わりないですし
テンキーあるせいで、キーボードが目一杯まで左に寄ってるので
操作してて視認性で有利って実感もありません。

つまりテンキー要る人じゃなきゃE580選ぶメリットは薄く、
ホントに要る人なら外付するわでスキマ狙うにしても狭すぎだろw

【直販でのお勧めカスタマイズ】

以上でお解りの様にデュアル・ストレージ以外は最小構成が基本です。
メモリ4GBでご注文の場合には空スロットもあります。

「ソリッド・ステート・ドライブ」の256GBってのは検討に値します。
この機種に限らず最近のSSDは容量の倍数分で並列処理しますので
128GBとそれ以上で体感も違いますしCPUよか費用対効果が見込めます。

「電源アダプター」はポータブルHDD多用するなら65Wが無難です。
(タブレットPCにノート代わり勤まらない一例)

最新価格はコチラ(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)

LAVIE Note Mobile 2018年版の長所・短所

Posted 2018年2月12日 By Takao Matsushita

(カラバリは白・黒もあります)

【この機種の立ち位置】

◎設置面積がA4判に余裕で収まって鞄えらばないリアル・モバイル
(余裕は縦横1センチ近く。本体924グラム。薄さも天板込1.7センチ)

◎画面は12.5型で、一覧性・視認性もモバイルとして不満なし

フルHDなのでこちらを125%表示に設定すれば
今時の一般的据置ノート(15.6型フルHDの100%)と文字サイズ揃います
その設定でも一覧性は縦864px相当ですから
ネットサーフィンに大きな支障は無いでしょう。

これじゃ縦768px液晶の激安ノートと約100pxしか違いませんが
ブラウザの中身表示でこれだけ違えば実用度は全く違います。
ブラウザとメモ帳を左右配置すると流石にウィンドウ重複して
使い勝手で大画面モバイルに一歩譲りますが、
この機種には作業に集中できたり(非光沢かつ広視野角IPS)
目も疲れ難かったり(ギラ粒なし)って強みもあります。

◎冷却ファンなど回転部品なく、駆動音も皆無

◎直販ナイトセールのクーポン使えば、価格も控えめ

【その他、特徴】

〇11.7時間のバッテリ持ち
(JEITA 2.0測定だが、NECは比較的アテになる)

〇Win 10 S以外の直販モデルはストレージ512GBまで選べる

512GBのみ高速規格ですが体感に影響する程じゃなく
+3.8万円もするので選ぶなら256GB(+9千円)が一般的です。

〇直販モデルなら高速無線LAN(11ac理論値867Mbps)も選べる

しかも1,000円しか違いません。
433Mbps(理論値)で充分じゃん!ってコスパ厨は言うでしょうが
アンテナ本数の違いですから激安ノートと感度同じってこた流石にありません
(直販以外はCoreモデルのみ該当)

〇直販はWin 10 Sモデル以外、指紋センサー搭載も選べる
(直販以外はCore i5の最上位モデルのみ)

〇落下・水濡れ対応の「あんしん保証」も3~5年で選べて11,400円~と良心的

【短所・注意点】

×ボディは金属っぽい塗装だがプラスチック感は否めない

×画面の発色は控えめ
(ディスプレイ開く最大が135°なので体形によっちゃ膝上で使い難い)

×キータッチの感触や静音性ThinkPad、dynabookよりハッキリ劣る

ストローク1.4ミリって数値自体、dynabookと大差ないですが
キーボードはコストに跳ね返り易いパーツなので、そこは我慢した機種です。

「半角/全角」キーが「1」の上って配置はレッツノート12.5型以下も同様ですが、
無意識に使うキーだけに他キーボード併用で慣れないと一々イラっと来ます。

まぁゴム足が底面中央にも付いてて安定感あるので
某XPSみたいにガタつく個体は流石にありません(笑)

△Yプロセッサなので動画のカット編集すると待ち時間なげーの何の
(Coreプロセッサ選択ならモバイル用途にゃストレス皆無)

△拡張端子すべて後ろ側面
(USBにType-C無しも将来的には物足りない)

△バッテリ交換は修理扱いだが保証外
(モバイルならこの機種に限った事じゃないが一応)

【ラインナップでのお勧め】

直販モデル以外は全てOffice付属で割高かつ、殆どが
半年ごとWin 10更新にすら苦労する地雷仕様です。
(最上位以外はストレージ128GB。メモリも4GBで変更不可)

一方の直販モデルは機種名がLAVIE Direct NMとなり、ラインナップは

①Core i7+メモリ8GB
②Core i5+メモリ8GB←基本的にコレ一択!
③Celeron+メモリ4GB←調べもの+レポート作成に絞るなら反対はしない
④Celeron+メモリ4GB+Win 10 S(白ボディのみ)←お子様向け

で、全てOffice有無えらべて無駄もありません。
Win 10 Sモデルの④は、使えるアプリ限られますから要注意です。

最新価格はコチラ(NEC直販の夜限定お買い得ページへ)
icon

レノボ Ideapad 720S インテル版の長所・短所

Posted 2017年12月23日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

◎天板含めて薄さ1.36センチの13.3型モバイル
(1.14kg。アルミ筐体で角もダイヤモンドカットされ高級感)

画面は苦手用途が少ない非光沢IPS(フルHD)

ギラ粒なく輝度さげてチラつきませんから目も疲れ難いです。
発色もまあまあ(sRGB比83%。LGパネル)で、
ディスプレイ180°開くので姿勢も選びません

◎JEITA 2.0で約12時間のバッテリ持ち

◎直販クーポン利用で税込9万円ちょっと

第8世代Coreモデルのラインナップは上位から

①Core i7+SSD 512GB
②Core i5+SSD 256GB←圧倒的コスパ!

となっており、それぞれでOffice有無が選べます。
価格差は①②で4万円近いので②一択でしょう。
(価格は全て2017/12時点)

【その他、特徴】

〇スピーカーはJBL底面配置なのでマトモな机の上なら音質も悪かない

〇指紋センサー搭載

〇Thunderbolt 3の他にもUSB 3.0がフルサイズで2つ、Type-Cで1つ
(Thunderbolt 3⇒DisplayPortなら4K@60Hz出力可)

【短所・注意点】

×SDカードスロット無し

△同じ狭額縁13.3型のXPS 13(9360)と比べて奥行が1.4センチ大きい
(あっちはその分、開いた画面の位置が低く、ディスプレイも全開しない)

×キーボードはEnterと”」”のキートップ地続きで見た目が惜しい
(電源ボタンがBackspaceの上なのでDelキー多用する人も要注意)

液晶はこの機種だけ見てれば不満は少ないと思いますが、
13.3型で価格帯も近く東芝製液晶のdynabook UZRZと並べると
色再現性で見劣りしますし、動きの激しい動画だと残像も目立ちます。

質実剛健なdynabookが良いか、狭額縁でより低価格なIdeapad 720Sが良いかは
どのポジション任せるかにもよります。サブノートとして選ぶなら
スタイリッシュとか手軽に買い換えられるとかって要素は無視できませんから、
このIdeapad 720Sにも充分に勝機はあるでしょう。

最新価格はコチラ(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)