⑥最高コスパなノート Archive

HP EliteBook 725 G4の長所・短所

Posted 2017年4月16日 By Takao Matsushita

(「法人のお客様」向けですが普通に個人購入可)

【この機種の立ち位置】

◎設置面積がA4判に収まってAMDプロセッサ採用の廉価モバイル
(12.5型。1.26kg)

排熱・静音性が優秀で、モバイル用途なら応答性も問題なし
(標準でSSD 256GB(M.2))

最大9.75時間のバッテリ持ち(カタログ値)

◎キーボードのホームポジションでマウス操作できるポイントスティック有
(ThinkPadと違ってスクロールボタン無いが)

【その他、特徴】

〇USB 3.0×2+USB Type-C

〇帰宅後は電源や周辺機器に一発接続できるドッキングステーション(別売)

〇最終組み立て、サポート共に日本国内なので安心

【短所・注意点】

×画面の視認性(非光沢だが角度調整シビアなTN)、一覧性(縦768px)はイマイチ

詳細画像、最新価格はコチラ(HP公式ページへ)
icon

HP ProBook 470 G4の長所・短所

Posted 2017年4月16日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

一覧性(フルHDかHD+)、視認性(17.3型非光沢)に満足できるノート

「法人のお客様」向けとなってますが普通に個人購入できます。
本体2.61kg、薄さ26ミリですが大画面なので数字以上に薄く感じます。
どうせ家の中で使うなら可搬性も15.6型と大差ありません。

このG4(世代)からフルHD液晶は広視野角IPSパネルとなった訳ですが、
こちら(AUO製)は発色も良好(sRGB比91.6%)、コントラスト抜群で
動画再生も綺麗です。 最高輝度も320カンデラと充分ですがギラ粒なく、
輝度を抑えてもチラつき無いので目も疲れ難いです。

◎ご自分でM.2スロットにSSD追加すればHDDとのデュアルストレージ可

底面ネジ1本はずせばメモリやストレージにアクセス出来ます。
Win 10 Proリカバリメディア付属ですから手数も最小限です。

ラインナップは上位から

フルHD画面(縦1,080px)+Core i7+1TB HDD←多用途に使える!
②HD+画面(縦900px)+Core i5+500GB HDD
③:②のCore i3版←情報収集などお手軽に使える!

となってます。(この機種のi7はどうせ2コアなので性能はどれも大差ない)

【その他、特徴】

〇Core i7の①でも低負荷なら静か。高負荷の排熱も充分

〇カタログ値だが11時間のバッテリ持ち

〇指紋センサー搭載

〇Office有無も選べて無駄が無い

〇最終組み立て、サポート共に日本国内なので安心

【短所・注意点】

△防滴キーボードだが、キータッチ深さは1.5-1.7ミリとモバイル並

△Win 10専用機なのでタッチパッドは面積重視のボタン一体式
(タッチパッドは無効にも出来る)

×光学ドライブがブルーレイ非対応

詳細画像、最新価格はコチラ(HP公式ページへ)
icon

HP EliteBook 840 G3の長所・短所

Posted 2017年4月15日 By Takao Matsushita

(「法人のお客様」向けですが普通に個人購入可)

【この機種の立ち位置】

◎1.54kg※、薄さ18.9ミリの14型モバイル
(しかも米軍規格の頑丈設計。※:SSDモデル)

一覧性(フルHD)、視認性(非光沢)を両立する画面
(100%表示で無理なく使える)

◎キーボードのホームポジションでマウス操作できるポイントスティック有
(ThinkPadと違ってスクロールボタン無いが)

◎ビジネスモバイルらしからぬスピーカー音質(Bang & Olufsen)

ラインナップは

Win7 Pro+メモリ4GB+HDD 500GB+使い方相談1年
②Win10 Pro+メモリ8GB+SSD 256GB(M.2)+標準保証3年
(いずれもWin10リカバリメディア付属でメモリ増設可)

となってます。

この機種はM.2とHDD用のスロットが別々に存在しますが
②には多分、HDD固定用カバーが付属しませんので
2.5″スロット活かすなら別途、部品の用意が必要かも知れません。

【その他、特徴】

〇10時間のバッテリ持ち(JEITA 2.0)

〇防滴キーボードだがキータッチも悪くない
(キーストローク1.5-1.7ミリ。バックライト有)

〇指紋センサー搭載

〇排熱・静音性も概ね問題なし

〇帰宅後は電源や周辺機器に一発接続できるドッキングステーション(別売)

〇最終組み立て、サポート共に日本国内なので安心

【短所・注意点】

×動画や写真みるにはショボい画面

最高輝度330カンデラは充分ですがコントラスト低いので白飛びぎみです。
上から覗くと特に白っぽくディスプレイ角度の調整もシビアです(TNパネル)。
発色も控えめ(sRGB比74%)ですが、
ギラ粒ないので明るい所なら目は疲れ難いと思います。(フリッカは普通にある)

×日本語キーボードでもEnter右端じゃないので慣れが必要

△DVDドライブ非搭載

詳細画像、最新価格はコチラをクリック!(HP公式ページへ)
icon