⑥最高コスパなノート Archive

ThinkPad E490 FHD液晶モデルの長所・短所

Posted 2019年2月18日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

日常的に車で持ち運べる大画面モバイルの廉価版(14型)

②画面は視認性に優れる非光沢の広視野角IPSパネル

応答性(SSD)とデータ容量・書き換え耐性(HDD)を両立可

④グラフィックにRadeon(専用メモリ2GBだが)選択可

⑤バッテリ持ちは10.9時間~。Core i3なら何と、15.6時間

⑥安くても米軍規格の頑丈設計で無線LANも無難なインテル選べる

キータッチ、ポインタ操作に優れてるのはThinkPad共通

補足して行きますと、具体的なお値段は
メモリ8GB(4+4)+SSD 256GBの過不足ない構成で7.5万前後~
ってトコですが、Core i3のままFHDやRadeon選べたり、
同等構成ならCore i5(4コア)へも約1万円差と良心的です。

デュアル・ストレージについての③ですが、ThinkPadの様に
リーズナブルにフルカスタマイズ出来ちゃう機種には
そもそも、Optaneなんかお呼びじゃないですね(笑)

視認性の②ですが、
一回り大きい15.6型ノートは一般的にテンキー有って
キーボードのホームポジションは左へ寄りますが、
この14型だと中央で構えられる分、画面の見易さでも
15.6型サイズに必ずしも劣りません

バッテリ持ちの⑤はいずれもFHD液晶モデルのJEITA 2.0測定ですが、
HDD搭載時は2,3割減すると思いますので余り書き換えないなら
HDD代わりにご自分で2.5インチSSD追加すれば、
安価にデータ容量とバッテリ持ちまでは両立を図れます。

【その他、特徴】

〇外部モニタへは、メモリ8GB以上+Type-C経由で4K@60Hz出力可

〇65Wアダプタなら1時間で0⇒80%まで急速充電可
(ポータブルなHDDや光学ドライブ常用するのにも65Wお勧め)

〇指紋センサー搭載可

【短所・注意点】

△天板、底面とも金属じゃなく本体薄さ2.19センチ(1.75kg~)

×画面は多少の個体差あるが、いずれも発色は薄い

ThinkPadは下位モデルのパネル供給元を2~3社とする事で
買い叩いてコストダウン図ってます。


発色マトモなのは14型FHDじゃX1までありませんし、
本体価格がE490の次に安いThinkPadで探すと
14型TシリーズのWQHDが該当します。

ちなみにTなら天板とじて排気が干渉する事もありませんし、
冷却ファンもE490より少ない回転で風量かせげる立派なの
付いてますから、タワーPCの代替すら可能です。

△DVDドライブ非搭載

×USBは端子数こそ充分だが今時、Thunderbolt 3無し

カスタマイズして価格を見る(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)

HP Pavilion Gaming 15-cx0000の長所・短所

Posted 2018年12月17日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

DMM動画など全画面の高画質録画に最もお手軽なホームノート
(15.6型で遊べるゲームも多数)

視認性に優れる非光沢IPS。発色も良い4Kなら多用途に使える

◎応答性とデータ容量を両立するデュアル・ストレージ構成有
(下記①~③が該当。残る④もコンテンツ消費には両立可)

画面キャプチャの経験ある人ならお判りでしょうが、
フリーソフトじゃどれも画質は見るに堪えません。

鉄板のGeForce Experience使うには
GeForce 1050以上搭載が条件ですが、
このPavilion Gamingはそれ満たす最安級ノートです。

選べる4K画面はsRGBに迫る鮮やかな発色で
もう少しコントラストあれば満点評価つけました。
輝度も充分(最高300カンデラ級)で見易いです。
(AUO製パネル。従来Pavilionの疑似4Kとは別物)

4Kも15.6型ともなると、200%設定で美文字と一覧性まで両立
サムネイル画像の綺麗さにも一々感動できますから、
お仕事や勉強のモチベーション持続にも効果絶大です。
(ただし単なる4K入門にはThinkPad T580のが安いです)

機種名に「ゲーミング」って入ってますが
重量、薄さ、バッテリ持ちもホームノートとして違和感ありません。
(本体2.34kg、薄さ2.6-2.9センチで4K版のMobileMarkは7.5時間)

ラインナップは全てHDD 1TB搭載で、4K液晶モデルが

6コアi7+GeForce 1050Ti+SSD 256GB(17万~)←多用途に使える

フルHD液晶モデルが上位から

6コアi7+GeForce 1050Ti+SSD 128GB(15万~)
6コアi7+GeForce 1050+SSD 128GB(13万) ←お得にキャプチャまで
④4コアi5+GeForce 1050+書込おそいOptane構成(11万)←ゲーム専用

となってます(価格は投稿時点の直販税抜)。

この内①と②ではWin 10 Pro出荷モデルも選べ
(Pro版はWinアップデートで地雷ふまない設定可)
全モデル共、メモリ容量は充分です(④は8GB、それ以外は16GB)。

【その他、特徴】

〇無線LANの速度・感度とも、HP激安機とは大違い
(インテルAC 9560 2×2搭載)

〇キーボードも無難
(日本語配列、バックライト付、ストローク1.5ミリ)

〇大画面テレビに4K@60Hz出力できるHDMI 2.0装備

〇「使い方の相談」が1年無料

【短所・注意点】

△フルHD版は発色・輝度ともパッとせず、普通に眠くなる

×USB 3.1はType-C×1+フルサイズ×3だがThunderbolt 3無し

×DVDドライブ非搭載

△バッテリ交換は分解作業

冷却ファン2基搭載ですが回転の切り替えも目立ちませんし
HDDが7,200回転と打ち消す為か、
軽作業から4K再生に至るまで邪魔にならない程度の騒音です。

逆に6コアi7や1050Tiのベンチマークは控えめで、
ボディ表面こそ熱くなり難いものの、内部温度は高めです。

HPブランドで言いますと、

・使い勝手はENVY並み
・耐用年数はPavilion並み
・価格は中庸

って所です。グラフィック能力は常に2,3年で陳腐化してきた歴史もあり、
スペックの割に手が届き易いこの機種が売れまくるのも当然です。

詳細画像、最新価格はコチラ(HP公式ページへ)
icon

ThinkPad E585 FHD液晶モデルの長所・短所

Posted 2018年12月8日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

①見る角度によって色変化しない広視野角IPS液晶

応答性(SSD)と容量(HDD)を両立するデュアルストレージ可能

上記①、②を満たす最安級ノート
(低コストながら性能は劣らないRyzen採用。視認性重視な15.6型非光沢)

④激安モデルでもキータッチに手を抜かないのがThinkPad流
(高コスト品を載せられるのは、上位モデルが売れまくってるお陰)

ホームポジションでマウス操作できる「トラックポイント」
(コレもThinkPad共通)

⑥アルミ天板を含めて薄さ2センチ足らずと見栄えも悪かない
(H社やD社の激安ノートに比べ、外装のシッカリ感も圧倒的)

【その他、特徴】

〇65WのACアダプタなら1時間で0⇒80%まで急速充電可
(ポータブルなHDDや光学つなぐ人は余裕ある65W一択)

【短所・注意点】

×無線LANが蟹製、Qualcomm製いずれに当たるか運次第
(環境によっては外付の無線子機やら有線LANのが快適)

×上位のTシリーズ等よりショボい1.5W×2スピーカー

×指紋センサー選べない

△バッテリ交換は分解作業

△DVDドライブ非搭載

液晶パネルはFHDでも3社程度から供給を受けており
この競合によるコストダウンも、ThinkPad下位モデルが安い理由です。

なので表示品質には当然、個体差ありますが
いずれも色域はsRGB比60%前後
下げた輝度によって微かにチラつくタイプと思われます。

まぁ国内メーカーと言えど下位モデルにゃこのレベル光沢武装するだけですから
パネル自体が特に粗悪って訳でもないのですが、
用途えらばない高品質パネル採用の最安ThinkPadT480 WQHDとは
同等構成(E585はRyzen 5)で4万円しか差額ないってのは迷い所です。

T480は14型ですが、14型以下ThinkPadにはテンキー無く、
ホームポジション中央なので作業中の視認性は必ずしも劣りません。
(15.6型の高品質パネル最安はT580 4KでE585とは7万円差)

E585の注意点としては、
排気口がディスプレイ開いた付け根に位置するので
天板とじたままじゃ性能を発揮しないってのもあります。

今時の薄型ノートなら珍しくないこの排気レイアウトも
ThinkPad上位のTシリーズだと、デスク代替をも守備範囲にしてる為、
採用例ありません。

Eシリーズ最大構成とT最小くらべても
Tの冷却ファンのがEより少ない回転で風量かせげます(羽ボリュームの違い)。

マトモなノートがこんな値段で買えちゃったよwってEに目が行くのは世の常ですが、
広く長く使おうって人が最初からT買わないのは唯の無駄使いです。

【直販でのお勧めカスタマイズ】

「ディスプレイ」でFHD選ぶ以外のEシリーズお勧め構成です。

「プロセッサー」は、Ryzen 3(2コア)⇒Ryzen 5(4コア)で
結果としての差額1万円ですし、
動画を好きなシーンでカット編集したい場合に
待ち時間が半減するのは魅力です。

「メモリー」は4GBでも動きますが、
グラフィックに別途メモリ無いこの機種なら
8GB(4+4)までの上乗せも体感効果は確実です。

「ソリッド・ステート」は
256GB以上なら並列アクセスの高速応答も期待できますが、
そこまで贅沢すると上位機種との差額率が減ってしまいますから
データ容量をHDDで稼げるこの機種なら128GBが一般的でしょう。

詳細画像、最新価格はコチラ(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)