⑧激安デスクトッポ Archive

レノボ V520S Smallの長所・短所

Posted 2018年4月16日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

◎ディスプレイ横に置いても邪魔にならないスリムタワー
幅わずか8.9センチの金属ボディ)

◎本体税込3万円台でもストレス少ないSSD 128GB構成可

◎メモリ8GB(+6千円)以外は最小構成でも4K@60Hz出力可

4K@60HzはDisplayPort出力のみです。
最小構成Celeron G3930の内蔵グラフィック(HD610)でも
4K動画の視線移動シーンで僅かにコマ落ちする程度です。

インテル無線LANも内蔵可(+2,160円)

【その他、特徴】

〇手間なくドライバ導入できるからWin 10大型更新も怖くない
(サポート出る幕がそもそも無いメーカーのが、親切に決まってる)

【短所・注意点】

×HDD搭載だと低負荷時の騒音は、普通にノートPC上回る

×部品交換・増設したくなる⇒本体の買い替え時と、なりがち

電源180Wなど至る所を最小限に切り詰めてます。

レノボは30万円以上で売れまくる機種も作れる数少ないメーカーで、
そういうのは専用工場で組立・検品してて初期不良も皆無です。

逆に安い機種はパーツ調達元すら、その時々で違いますし
(随時価格交渉⇒コストダウン)
この機種に限ってはメモリや電源さえマイナー処が混在してますから
安いなりの理由はあるんです。

これじゃ電源と相性問題でやすいM.2 SSD買い足すにも覚悟いりますし、
一般にPCは電源こわれる際ストレージなど巻き添え食らいますから
バックアップ頻度も然りです。

かと言って、
パーツごとグレードやら信頼性を少しずつ上げた
同社ThinkCentre M710e Smallやサイコムで組むと
何やかや本体価格が倍近いですから、
大画面つないでネット動画みたい等コンテンツ消費専門なら
V520Sみたいな割り切りもアリでしょう。

万が一初期不良あっても修理対応(本体まるごと交換にはならない)
ってのは海外メーカーじゃ寧ろ多数派ですし、
標準保証1年でトラブら無きゃそのまま3年使える確率も高いので、
寛容なユーザさん+用途に限定してお勧め致します。

【レノボ直販でのお勧めカスタマイズ】

「エントリーパッケージ」で

・「メモリー」⇒8GB(4+4)
・「1stハード・ディスク・ドライブ」⇒128GB ソリッドステート
・「Wireless」でインテル無線

選ぶ以外は全て最小構成が基本です。
どっかで色気だした時点で
この機種の正当性すらが失われてしまうからです。

DVD、カードリーダ、キーボード、マウス無しって所まで切り詰めれば
(別途用意して無駄になんない箇所)、税込4万円台前半で済みます。
(全て2018/4時点のクーポン適用価格)

カスタマイズして最新価格を見る(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポン使えるかも)

(こんな立派なケース+満足構成でも何と、10万円きります)

【どのメーカーが良いのか】

東芝、VAIO(元SONY)、Panasonicといった黒物家電の御三家は
一般人向けにタワーPCを販売してません。

それ以外の国内大手メーカーも極端にスペック限られるわ、
特徴ないわ、不当に高価だわで選択肢に入れ様が無く、
一方で海外メーカーは1年以内の苦情が多過ぎます。
(DやH社ときたら、組立もサポートも鴻海に丸投げだし無理ない罠)

実はそんなタワー型PCにも定番メーカーってのはあるんです。
有名PCメーカーでさえ、自社用に特注してる御用達が

って事でカスタムPCメーカーのSycomをご紹介します。
内部配線の綺麗さ見れば「御用達」にも納得できますし、
自作やってる人ならココのカスタマイズ項目みての相性チェックは常識かと。

ところでCドライブ用に高速応答のSSD搭載が当たり前になって久しいですが
SSD殆どで(TLC化され)書き換え耐性400回±100程度まで下がったのは
最近の話です。

この上限回数わかってたら、数回シーク⇒即消しが殆どな
エロ動画のDL先にゃ使えん罠(笑)

一方のHDDも信頼できるメーカーは限られますから、
東芝や日立を指定して注文できるサイコムならその点も安心です。

【ケースはどれ選べば良いのか】

HDD台数やグラボ等はケースサイズに左右されますし
拡張性は、やはり「大は小を兼ねる」です。

なのでPC本体は机下で良いって人ならミドルタワーがお勧めで、
ケースは静音性から質感にまで優れるFractal Design DEFINE R5
が鉄板です。
しかも下記お勧め基本構成なら本体税抜10万円きっちゃいます!

(カラバリ白・黒でそれぞれ側面窓も選べる)

必要に応じてパーツ更新しながら5年以上使い倒せ
大事なデータ確実に引き継げる資産となりますから、
これより多少安くても2,3年で使い捨てて粗大ゴミ確定なPCが
割高なのは明白です。

ちなみに海外メーカー最安はレノボV520シリーズだと思いますが
ミニタワー、スリムいずれも同等構成価格は2/3程度です。

レノボでも、もう少し信頼できてSSD選べる機種となると
ThinkCentre M710e SmallやM710t辺りですから、
同等構成10万円近く価格面でもメリットありません。

ひょっとして机に置くかもって人にはミニタワーがお勧めで、
ケースは静音性に優れるNanoxia Deep Silence 4か
防塵フィルタ付いてて側面窓えらべるDEFINE Mini C(白・黒)
の2択でしょう。(後者は光学ドライブ内蔵できんので要注意)

(Deep Silence 4↑カラバリ白・黒)

机に置くのが前提ならまず検討すべきはスリムタワーで、
サイコムだとケースは幅10センチのDirac BLACK LINE 300Bですが、
スリム以下はコレに限らずHDDの遮音までは出来ませんから
静音性を重視したいなら内蔵HDDは2.5″をお勧めします。

(Dirac BLACK LINE 300B↑)

もっと小さいPC欲しけりゃ容量2L(ケースはASRock DeskMini H110)
なんてのもあります。コレより小さいのはThink Tiny以外は
冷却ファンうるさいか、ひ弱そうなのばっかです。

つー事でケース小さきゃ小さいなりにコスト掛かるので
マトモな構成なら本体価格は各サイズ殆ど変わりません。

 

ケース↓特徴→ カテゴリ 静音 グラボ拡張 HDD拡張 防塵 設置
DIFINE R5 中タワー (8台) ×(机下専用)
Silence 4 小タワー (低発熱6台) △(机が狭い)
Mini C 小タワー △(3.5″×2、光学無) △(机が狭い)
Dirac 300B スリム △(静音だと2.5″) × (机が広い)
レノボV520S スリム × △(銘柄選べない) × (机が広い)
DeskMini H110 容量2L × ×(交換し難い) (どこでも)
Think Tiny 容量1L × △(交換可2.5″) (画面裏も)

 

【お勧め基本構成】

①CPU⇒Core i3-8100(Coffeelakeモデルからカスタマイズ願います)

省電力・低コストで、使ってる間に用途ふえても潰しが利きます。
最初から動画編集メインで使う場合に限ってはAMD Ryzen 7お勧めします。

②CPU-FAN⇒インテル純正は避ける(AMDもRyzen 7用は純正ウルサイ)

③マザーボード⇒定番はASRock製。ゲームやらんならH370やB360で充分

④メモリ⇒とりあえず8GB、マルチモニタするなら16GB

⑤HDD/SSD⇒[▼M.2 SSD▼]の所でIntel 760p 256GB

⑥M.2ヒートシンク「なし」以外
(無しじゃ上記SSDはパフォーマンス安定しません)

カスタマイズ画面で「標準構成」から変更すべき箇所は
とりあえず①~⑥とWin 10選択だけで構いません。
それ以外は使い始めて必要と感じた際に増強すりゃ良いのです。
(小さいケース選んだ場合の制約は上述が全てかと)

【最初から本気モードで使いたい場合のお勧め増強箇所】

「増設HDD」はミニタワー以上では3.5″から選ぶ事になりますが
静音性やコスパなど考慮すると、東芝DTの2TBと東芝MD[高信頼 8TB]以外は
無視して結構です。(東芝MDも6TB以下は設計が古い為、動作音が大きい)

ミニタワーだと「増設HDD」が1項目ですが、
ご注文のコメント欄にもう1台、東芝DTの2TB追加したい旨、書き込めば
対応してくれるハズです。

スリムタワー以下で2.5″HDD選ぶなら、信頼できる日立一択です。

サイコムには超静音のスペシャルモデルが別途ありますが、
この記事でご紹介したケース+ファン+HDDさえ選んで頂ければ
どの道、うるさくなり様ありませんからご安心ください。
(あっちのミドルケースはAntec P100ですが、R5ほど高品質じゃない)

ゲームやらんけど4Kテレビに出力したいって人用の「ビデオカード」
HDMI 2.0対応のGeForce GT1030 ASUSやRadeon RX560 MSIがお勧めです。
(「オンボード」だと4K@60Hz出力がDisplayPort経由です)

特に後者はMPC動画プレイヤーでの滑らか再生(30⇒60コマ/秒)
がウリでして、コレ一度体験しちゃうと「紙芝居」にゃ戻れません。
(現行Ryzenの内蔵RadeonにはこのFluid Motion機能はありません)

「OS」は安定稼働重視ならCBB設定できるWin 10 Pro
安きゃ人柱でも良いって人はWin 10 Home選べば良いでしょう。

カスタマイズして最新価格を見る↓(それぞれサイコム公式ページへ)

拡張性に優れるミドルタワーはコチラ

最も一般的なミニタワーはコチラ

机に置いても邪魔にならないスリムタワーはコチラ