⑤「これで5年戦える」ノート Archive

ThinkPad E14 IPS液晶モデルの長所・短所

Posted 2019年12月1日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

業務用の廉価版である事を辞め、
サブPCの本命を目指した新生14型です。

本体8万円以内で構成できるスペックの高さ
従来Eシリーズを踏襲しますが(以下⑧)、付加価値でも所々に
業務用メインストリームのTシリーズ超えており(以下
最早、下位互換とは言わせません!

日本向けは天板、底面ともアルミ製で本体1.73kg~、薄さ1.79cm

キータッチ、ポインタ操作の優位性は他のThinkPadと変わり無し
(GoPro PlayerならホームポジションでVRの視界移動・拡大まで可能)

③14型まではテンキー非搭載ゆえホームポジションで画面を直視できる
(テンキー無い15.6型はThinkPadでも高額)

内蔵スピーカーは高出力(2W×2)かつHarman印

応答性(NVMe)とデータ容量(2.5″)を安価に両立可能

⑥HDD、Radeon無し構成のバッテリ持ち11.2~12.6時間
(それぞれi5、i3搭載時のJEITA 2.0)

⑦米軍規格の頑丈設計。無線LANもインテルWi-Fi 6で手抜き無し!
(投稿時点で無線LANコレだけだが、別の出ても選ばん様に)

とりあえずのお勧め構成が投稿時クーポン適用で税込77,000円
(i3+メモリ8GB+1TB HDD+128GB SSD+IPS+65Wアダプタ)

メインPCが良品ですとサブにも最低限、
キータッチ,スピーカー音質,無線LAN辺り妥協できないものですが、
安くてそれら満たすノートは意外にありません。

2.5″はHDDでしか注文できませんが、
HDD搭載だとバッテリ持ち2,3割減、重量も100g増です。

WD辺りのSSDでも2.5″なら大容量のバリエーション豊富ですから、
そういうの載せりゃデータ容量・バッテリ持ちまで両立を図れます。
(E14はHDD無しで注文しても増設金具に困りません)

【その他、特徴】

〇画面は視認性に優れる非光沢の広視野角パネル
(ご紹介のIPS以外にTNもありますが、コントラストも低いし無視で)

〇動画をコマ補間再生できるRadeon(専用2GB)選択可
(この場合のみ冷却ファン強化されるものの、投稿時点でi5以上が条件)

〇選べる指紋センサーは電源ボタン一体型。ログインまでが1タッチ

〇外部モニタへ4K@60Hz出力可(メモリ8GB以上かつType-C経由)

〇65Wアダプタなら1時間で0⇒80%まで急速充電可
(ポータブルなHDDや光学ドライブ常用するのにも65Wお勧め)

〇カメラは使わん時、シャッターで覆える

〇USBは3.1がフルサイズ×2+Type-C×1、2.0がフルサイズ×1

Type-Cは電源兼用です。Thunderbolt 3無いですが、
Type-Cドック(純正アリ)使えば
帰宅後は電源や周辺機器と一発接続可能です。

【短所・注意点】

×SDスロット無し

×画面にIPS選んでも多少の個体差。発色はいずれも薄い

ThinkPadは下位モデルのパネル供給を
2~3社に競合させてコストダウン図ってます。

E14は誤魔化し効かない非光沢ゆえ、お届けされる個体に
ギラ粒やコントラストの問題が皆無とは断言できませんが
最悪、ミヤビックス(低反射えらべて簡単に貼れるフィルム)貼っちゃえば
NECや富士通の15.6″下位モデルには見劣りしないレベルです。

天板を閉じると排気口が塞がって、性能を発揮しない

スタイル優先の民生用じゃ今時、珍しくもありませんが、
業務用としてが一級品なThinkPad TやPシリーズだと
閉じたままの運用も想定されており、このレイアウト有り得ません。

E14でもいずれ、Core i7-10710選べる様になりますが、
レノボによる検証もi5+Radeon+デュアルストレージが精々ですし、
Eシリーズに高発熱な構成、用途は避けた方が無難です。
(逆に、吸気ガバガバなD社やH社だと、快適なのは最初の1年w)

内蔵ディスプレイが綺麗じゃないのに外付すると邪魔になる
って辺り入門機(すなわちメイン)に向かない理由ですが、
優れた操作性で軽作業をスタイリッシュにこなせ、しかも安い
E14なら、サブPCとして無敵です。


14型で本体価格がEの次に安いT490では、
表示品質でも他社を圧倒するWQHDやら
好バランスな「省電力」FHDが選べます。

冷却ファンも、低回転でEより冷える
見るからに立派なヤツ載ってますから、タワーPCの代替すら可能です。

HDD要るにしても、ノート内蔵に遮音は期待できませんし
東芝ポータブルは4TBでもメッチャ静かですから、
内蔵に拘るこたないでしょう。

【E14のお勧めカスタマイズ】

「メモリー」は1スロットなので注文後の増量は交換になりますが、
デュアル・モニタするんじゃなきゃ8GBで充分です。

OptaneはSSDと排他なので普通にSSD選びましょう。
SSD選択してあればWindowsはそこへインストールされて出荷されます。
使い倒した時の応答性を考慮すれば理想は256GBですが、
この価格帯の1万増はデカいので無理は言いません。

カスタマイズして価格を見る(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)

レッツノートQVの長所・短所

Posted 2019年11月17日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

WEBページの一覧性と視認性を両立する省スペース2 in 1です。
具体的には、

①画面は12型で横縦比3:2

②設置面積がA4判に収まり、幅なんか2cmもコンパクト!

③本体900g台、薄さ1.87cm。目立った凸も無く鞄に入れ易い

④純正ペン(独自規格で1万程度)での書き味も悪くない

LTEモデル有

上の表は4つエリアにも分割でき
時計回りにエンタメ性、メインPC適性、作業性、モバイル性
を表します。12項目、4エリアとも対角はほぼ相反要素です。

得意分野の偏るQVですが、キーボード以外は
ビジネス・モバイルらしい傾向が見て取れます。

画面はほぼ光沢ながら最高輝度400カンデラで野外も問題なく
ギラ粒なく輝度下げてチラつかず、目も疲れ難いです。

画面の縦サイズが13.3型ノート(16:9比)より大きいですから、
200%の表示設定ならページ一覧性を確保(1,440×960px相当)したまま
表示サイズも、標準的な据え置きノート(15.6型フルHDの100%設定)
と同レベルです。

200%表示は文字の滑らかさ、サムネ画像のクッキリ感が際立ちますから
実際の視認性は「標準的な据え置きノート」より優れてるとさえ言えます。

QVは場所も取りませんから
書類作業や料理、工作などの横に置いて使うのにコレ以上の適任ありません

【その他、特徴】

〇筐体はマグネシウム製

〇デジカメと使い回せる、microじゃないSDスロットも今や少数派

〇ベンチこそ控えめだが、高負荷連続でも筐体に40℃超える箇所は無し

〇HDMIから大画面テレビへ4K@60Hz出力可

〇認証は顔と指紋の2通り

〇USBはフルサイズ3.0×3+Thunderbolt 3×1

【短所・注意点】

×キーボードのピッチ19×15.2mmと極端に縦狭

ストローク2mmあるだけマシですが、
爪を立て気味にタッチする必要があり
とりあえず、ネイルやってる女性には無理でしょう。

「半角/全角」のキー配置もレッツノートは代々、
14型以上と未満で違う、謎仕様です。

QVもそれ踏襲して「1」キー右上となりますから、
12型レッツ乗り継いでる人には違和感ないでしょうが、
他機種と併用してるとコレが一々イラ付きます。
QVにはキーバックライトも無く、この配置は笑えません。

△バッテリ持ちがJEITA 2.0で10時間ってのもモバイルじゃ短め

結論から言えば「仕方ない」って事ですが、原因は

・歴代レッツにコレ程の薄型ボディ、高精細画面は無い
・薄型あたり前な2 in 1機種に、取り外し式バッテリも珍しい

と消費、容量の両面に不利だからです。

モバイル専用だと性能面が陳腐化し難く、
3年以上使える機種ならバッテリは交換できた方が良い
って良心でしょうから、J値だけの比較はQVに失礼かも知れません。

△特にうるさい訳じゃないが、低負荷時も冷却ファン音あり

PCはファン回し続けた方が、返って省電力だからでしょう。
公共施設なんかで気になる程じゃないですが、
最近のノートは低負荷時ほぼ無音って機種が珍しくないので
上表の評価となりました。

△画面の横サイズは11.6型ノート(16:9比)より小さい
(動画も表示サイズ上限がコレじゃ迫力に欠ける)

×そもそも発色が薄い(sRGB 68%)

Panaが表示品質に優れるパネルも作れる事は確かですし、
私が使ってる17型4KなんかsRGB 99.97%ですが2台ともPana製です。
(Quadroも6GBなんで、ノート本体がPana製なら1台100万は切らんハズ)

しかし省電力との両立となると、どうもIGZOには敵わんらしく、
FHDでJ値24時間のThinkPad T490sや19時間のdyna Z同S
の省電力液晶が発色でも見劣りしないのと対照的です。

△大容量SSD、黒ボディ、落下対応の保証など直販でしか選べない

底面ネジ目立つレッツにシルバーは勘弁w
QVシルバーは画面枠までツートンとか、
黒(すなわち直販)へ誘導したいにも程があるww

カラーコーディネートはPana公式コチラの「カラー 一覧 +」からどうぞ

dynabook SシリーズFHD液晶モデルの長所・短所

Posted 2019年11月12日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

◎お勧め構成が何と、直販7.5万円~の価格破壊モバイル
(13.3型。i3+メモリ8GB+SSD 256GBって構成えらべるのがデカい)

◎直販SZのLバッテリモデルならJEITA 2.0で19時間持ち&本体1.2kg弱

◎画面も一覧性、視認性、発色まで抜かり無い非光沢IGZOパネル
(13.3″共通だが、一覧性と視認性の「両立」は設定や視力に依存)

◎キータッチもストローク1.5ミリと違和感なし

◎26方向76cm落下テストなど米軍規格もクリア
(キーボード防滴はレッツノートすら上回る安心感)

ラインナップ多いので最初に結論から申しますと、
道具としてなら以下①③以外は忘れて下さい。(理由は記事最後の方)

実際のラインナップは直販SZ73 フルHDモデルがメモリ8GB+黒のみで、

①Core i5+256GB SSD+Lバッテリ(8.6万)←無難な入門機!
②Core i5+256GB SSD+Sバッテリ(投稿時点で選択不可)
Core i3+256GB SSD+Lバッテリ(7.5万)←モバイル専用にお勧め!
④Core i5+256GB SSD+Sバッテリ+Win 10 Pro(8.7万)
⑤Core i3+128GB SSD+Sバッテリ+Win 10 Pro(6.8万)

となっており、全てでOffice有無えらべて無駄がありません。
(価格はそれぞれ無料会員のOffice、税別)

店頭で買えるS6、S3は
いずれも256GB SSD+Sバッテリ+Office付属で赤・青えらべ、

Core i5+メモリ8GB(S6)
⑦Celeron+メモリ4GB(S3)

です。どの道、プラスティック筐体かつ底面黒なので
安っぽさが潔い黒一色のが実物は好印象でした。

廉価モバイルって事で内蔵ストレージ容量も控えめですが、
microSDスロット有りますし
東芝ポータブルHDDはノート内蔵にゃ戻れん程の遮音性なので、
それらで補いましょう。

【その他、特徴】

〇このPCにはアンテナ繋がず、AQUOS連携でTVも見れる

〇指紋センサー搭載

使い方の相談が5年間無料

【短所・注意点】

△天板込み2cm弱って薄さは刺激に欠ける

△USBはフルサイズ×2+Type-C×1だがThunderbolt 3無し
(かと言って他社13.3型も、使い倒せる程のメイン適性ないが)

△HD液晶モデルは一覧性、発色、本体重量、バッテリ持ち全てでフルHDに劣る
(だからこの記事が、FHD以外を無視したタイトルになってる訳で)

バッテリはL⇒Sで容量半減だが、本体の減量は僅か90グラム

S6、S3は筐体が重いので直販SZのLバッテリモデルからだと80グラムしか減りません。
Sバッテリじゃ実際には7時間キツイですし、充電を繰り返せば更に劣化しますから、
Lバッテリの上記①③以外はカタログ飾るだけの当て馬と言われても仕方ありません。

そもそも今時のモバイルがバッテリ交換を修理扱い(つまり内蔵式)にしてる理由は
薄型バッテリは取り扱い自体が危険だからです。
メモリ増設作業バッテリ取り外しを伴いますのでメーカー送りが賢明でして、
4GB地雷(WEBブラウズにもモッサリ)の⑦S3はその点でも割高です。

△直販は無料会員登録⇒ログインで表示価格が暴落する

日系のPCメーカーでBIOSまで責任もって自社制作してるのは
dyna以外じゃ、今やPana有るのみです。

コレで安定動作するにせよ、Panaは値段が上記③の4倍とかしますから
①③の価格破壊ぶりは
ノートPC世に送り出したdynaブランドの使命感がなせる業でしょう。

詳細画像、最新価格はコチラ↓(dyna公式へ)

dynabook SZ73/N