⑤「これで5年戦える」ノート Archive

ThinkPad L390 Yogaの長所・短所

Posted 2019年2月21日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

①13.3型で360°回転ヒンジ採用の4スタイルPC

②表示品質、使い勝手、頑丈さは犠牲にしない廉価版

筆圧まで検知する専用ペンをPC本体に収納⇒ペン自動充電

④ThinkPadの優れた操作性もそのまんま

⑤成人男性が誤って靴で踏んでも壊れない天板

⑥当サイト左欄クーポンで税込10万円ちょっと~(投稿時)

補足して行きますと表示品質はX380と同等レベルに感じました。
タッチガラスの厚み判らないのは勿論、
白背景のアプリなら映り込みも気にならず、作業に集中できます

評価機は最高輝度310カンデラ+コントラスト良好で見易く、
ギラ粒ないので特に目も疲れなかったです。
色域もsRGB比95%と優秀でした。

頑丈さの⑤ですが、
この機種も米軍規格は余裕でクリアしています。

13.3型の変形ノートでこの辺を追及すると
途端にコストや重量に跳ね返ってくるので
普通はテキトーに妥協する訳ですが、
このL390 Yogaなら誰に持たせても壊さんだろうなー
って安心感はあります。

低価格帯にはENVY 13 x360の様なAMDプロセッサ採用もありますが
インテル勢に比べてWi-Fi感度が極端に劣る事が殆どなので、
幾ら安くても自分じゃ買いません(笑)

【その他、特徴】

〇JEITA 2.0カタログ値で12.1時間のバッテリ持ち
(65WのUSB-Cアダプタなら1時間で0⇒80%まで急速充電可)

〇冷却ファンは、Core i5-8265U搭載でも全域で静か

〇スピーカーも2W×2と、音量は充分

〇指紋センサー搭載可

〇外付モニタへは、メモリ8GB以上+USB-C経由で4K@60Hz出力可

【短所・注意点】

×持ち「歩き」や仰向けラッコ使いでズッシリくる本体1.56kg

アルミ+マグネシウム製の天板をノートとして閉じて
本体薄さ1.88センチって所は違和感ないですが、
強度と低コストまで追い求めた為、底面の強化プラが肉厚です。

画面サイズ同じでカーボン筐体なX380に比べ、
本体幅も1センチ近く大きいです。

X380X1Yと違って、裏返したキーボードが平らになる仕掛け無し

×USB 3.1はフルサイズとType-Cが2つずつだがThunderbolt 3無し

【直販でのお勧めカスタマイズ】

この機種の存在意義はXシリーズ Yogaより安い事が全てなので、
ご検討すべきスタートラインは

Core i3+メモリ8GB(4+4)+SSD 128GB

となります。

この内「プロセッサー」はX380同様に
Core i5-82xxU構成のベンチマークすら頭打ち感あるので、
i3のままで良いでしょう。


設計上の制約が多い4スタイルPCで13.3型以下だとぶっちゃけ、
第8世代4コアの排熱を克服してる機種は見当たりません。

ですから動画編集を頻繁にやるご予定のPCお探しなら
筐体サイズ大きくするか、4スタイル変形やめるかの2択です。

バッテリ持ちについても例えば同社E490なんか、
同等構成でi3(2コア)⇒i5以上(4コア)としたカタログ値
3割も減ってます

i3と言っても8145UならTBもしますし、殆どのベンチマークで
2年前の薄型ノート定番ハイエンドだったi7-7500U上回りますから、
モバイルにコレ以上を求める事自体がナンセンスです。

「ソリッドステート・・」は128GBとそれ以上の容量で
使い倒した時の体感ちがいますし、バッテリ内蔵PCは
ストレージ交換するにも手数が多いですから、
256GBへランクアップしてのご注文は無駄にゃなりません
(NVMeかSATAかは、お好きにどうぞw)

カスタマイズして価格を見る(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)

XPS 15 2-in-1(9575)の長所・短所

Posted 2018年12月21日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

①360°回転ヒンジ採用で4スタイルに使える変形15.6型

②15.6型では最薄級ボディ最細の画面枠

視認性に優れる低反射IPSで、4K・フルHD共シャープ社製

絵作り綺麗なRadeon(専用4GB)内蔵のCore i7-8705G搭載

⑤冷却ファン2基搭載なのに低~中負荷じゃ安定して静か

順に補足して行きますと、まず筐体についての②ですが
そんじょそこらのPCとは掛けてる素材コストが違います

外装:削り出しアルミ
画面:ゴリラガラス4
ヒンジ:アルミコートの金属製
パームレスト:手触り良いカーボン
タッチパッド:ガラス製で段差なし

と、高級感が解り易く
ノートで閉じて薄さ1.6センチなのにシッカリ感も充分です。

次に画面についての③ですが
実際の発色、最高輝度などはそれぞれ

4K:sRGB比98%(AdobeRGB比72%)、440カンデラ、コントラスト優秀

フルHD:sRGB比92%、390カンデラ、コントラスト良好

と、カタログ程じゃありませんが充分に高品質です。

どっちもギラ粒ないのは当然として、しいて共通の弱点も挙げれば
落とした輝度によっちゃあ微かにチラついたり、
下品な動画(笑)じゃあ比較的、残像で易いかなーって位です。

処理系の④ですが、
動画編集の書き出しを想定したシミュレーションでは
薄型ノート用i7(8550U)の相場より僅かに速い程度でした。
(Radeonノートに創作データ置く程の勇気は私にゃ無いですが)

冷却系の⑤に新素材採用も功を奏してか、
高負荷連続でもキーボード左側が45℃となるのが精々で
手を置いておくパームレストに温もりを感じる事はありませんでした。

一般にファン回り難い機種は吸い込む埃も少ない訳で
経験上、長持ちしてますし(大きな声じゃ言えませんが)
DELLノートでもこの機種に限っては、耐用年数に期待して良さそうです。

ラインナップは全てペン付属で上位から

4K+メモリ16GB+SSD 512GB or 1TB
4K+メモリ8GB+SSD 512GB←サンタさん、コレで充分ですぅ
・フルHD+メモリ8GB+SSD 256GB←バッテリ重視

となっており、価格差も妥当ですが
この機種の性格上、画面と保証以外は最小構成が基本です。

【その他、特徴】

〇無線LANは、インテル上位互換のKiller 1435
(無線がインテル以外のノートを、普通はゴミと呼ぶ)

〇マカフィー リブセーフが標準で1年

【短所・注意点】

△強度を保ったまま薄く、細くなので設置面積の割には重い1.98kg

×画面サイズに見合わない非力なスピーカー(1W×2)

△DVDドライブ非搭載

△SDスロットがMicroで、デジカメよりスマホに親和的

△本体薄いので仕方ないがフルサイズのUSB無し
(USBはThunderbolt 3×2の他にType-C×2(電源込)で数は充分)

△初期不良対策としても「アクシデンタルダメージサービス」必須

検品の頼りないDELLノートはこの辺が割高です。不良に至った
そもそもの過失がどちらにあるかはメーカー判断ですし、
所謂アンチにならない為にもこれへの加入は原則でしょう。

カスタマイズ画面でベース保証の年数を延長しておけば
アクシデンタル・・の年数も選べますが、

累計補償上限=本体購入金額

ですしバッテリ寿命は対象外なので1~3年で充分かと。

××長文打つならキーボードは外付推奨

薄型化のシワ寄せがキーボードに来ています。
フレーム面積(カーボン部分)で強度を稼ぐ為に
キーボード面はモバイル並の小ささです。

世界初となる磁気浮遊式キーですが、
ストローク0.5ミリの浅さはクリック感で補うものの、
現状では底付音が不快ですし押し難いキーもありました。
(特に気になったスペースキーはUS配列なら違うかも)

キーが共振しちゃうので内蔵スピーカーの音量まで
絞らざるを得ません。(1W×2に抑えた理由かも)

ペン入力も検知が4,096段階だったりパームリジェクションあったり
大画面ゆえに期待値まで高過ぎたのか、書き味は残念なものでした。

まぁ4スタイルPCですから、液晶やグラフィックがけん引して
コンテンツ消費が捗るってだけで食指が動いちゃうのも確かです。

私の様なビンボー人は道具としてしかPCを語れませんが、
本体を薄くする為にキーボード犠牲にするなんてぇのは
コレ買える富裕層にゃ寧ろ「歓迎できる差別化」かも知れません。

New XPS15 2-in-1(9575) (2018年7月13日発売)

HP EliteBook x360 1030 G3の長所・短所

Posted 2018年12月11日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

①360°回転ヒンジ採用の4スタイルPC(13.3型)

②設置面積もコンパクトで、A4判から幅1センチ弱はみ出るだけ

③画面は4K光沢、フルHD低反射から選べ、どっちも明るい

Wacomペンにも対応

最下位モデル以外はLTE内蔵

⑥ノートで閉じて最薄1.58センチながら米軍規格の頑丈設計

⑦1,000回もの充放電に耐える長寿命バッテリ

⑧Core i7、i5搭載とも冷却ファン静か

同じ変形13.3型の同社Spectreに比べて外観こそシンプルですが、
モバイルでの利便性はコチラが圧倒しています。

順に補足しますと選べる画面のフルHDは
最高輝度700カンデラと、現行ノート最明に君臨します。
4Kの最高500カンデラってのも高精細にしちゃ明るい方ですが
光沢な分、野外視認性では差が開きます。(どっちもゴリラガラス4)

更にフルHDの方は、
覗き見防止モードのSure Vieu機能まで搭載し、
バッテリ持ちもJEITA 2.0で12.7時間と優秀です。

一方の4K版はJEITA 2.0換算だと8時間弱なので
13.3型サイズじゃ高精細のメリットより
バッテリ持たないデメリットのが目立ってしまいます。

ちなみに急速充電は30分で0⇒50%、90分で0⇒90%まで可能です。

冷却ファンはデュアルですが
低負荷時は安定して静か、高負荷でもうるさくはなりません。

ラインナップは上位から

・4K+i7(vPro)+メモリ16GB+SSD 2TB(27.9万)
・FHD+i7(vPro)+メモリ16GB+SSD 1TB(23.9万)
・FHD+i7+メモリ16GB+SSD 512GB(19.9万)
・FHD+i5+メモリ8GB+SSD 256GB(16.9万)←お勧め!
・上のLTE無し版(15.4万)

となってます。(価格は投稿時点の直販税抜で+末尾800円)

LTEは最近のスマホと同じNano SIMスロットですが、
スマホ経由(テザリング)より直刺しのがアンテナしっかりな分、
当たり前に高速かつ高感度です。

なのでSSD容量さえ許せば後述する通り、
ラインナップの下から2番目一択でしょう。

【その他、特徴】

〇アルミ削り出しボディで本体1.25kg

〇最初からWin 10 Pro採用なので、Homeと違って地雷ふまない設定可

〇キーストローク1.5-1.7ミリでタッチもマトモ

バックライト付の日本語配列ですが、
同社Spectreと違ってEnterキーの配置にも違和感ありません。
(あっちはEnterが右端じゃない)

〇指紋センサー搭載

〇USBはThunderbolt 3×2(電源兼用)+フルサイズ3.1×1

【短所・注意点】

×SDスロット無し。かと言ってSSD容量で選ぶと割高

△動画編集はAvidemux等による無劣化カットが精々

動画のキーフレームは一般的に10秒位の間隔なんですが、
そこ以外でカットするにはエンコードが必要になり、
その処理に長時間かかる様ですとこの機種はi7、i5モデル共
底面の排気口付近が軽く40℃超えて来ます。

排熱が追い付かないと今時のPCは性能を抑制する訳ですが、
エンコード処理を想定したシミュレーションでは
発熱の大きいi7から順に抑制モードに入ってしまい
結果としてi5より処理に時間が掛かるっていう逆転現象すらありましたから、
この機種のi7に体感的メリットは期待できません。

この通り、ラインナップ中どれ選んでも
「多趣味な人のホームユースまでは面倒みきれん(笑)」
って機種なので、いっそLTE以外はメモリ8GB、SSD 256GBで購入して
モバイル専用機として使い倒すのが一般的じゃないでしょうか。

そもそもリアルモバイルからエンコードまでに満足いく機種さがすとなると
現状、4スタイルPCは候補に残りません

詳細画像、最新価格はコチラ(HP公式ページへ)
icon