③冷却ファンレスのノート Archive

マイクロソフト Surface Pro 2017の長所・短所

Posted 2017年5月30日 By Takao Matsushita

(キーボード兼カバーは別売です)

【この機種の立ち位置】

Windows新機能にいち早く対応するマイクロソフト純正タブレット
(Win 10 Pro搭載)

机+15°まで寝かせられる背面スタンド付

◎背面A4判に収まる中では最も作業が捗る3:2画面

12.3型なのでノートスタイルだと200%表示で使うのが一般的と思われますが、
それだと 一覧性(1,368×912px相当)
と視認性(ノートで一般的な15.6型フルHDより5%大きいドットピッチに相当)
の両立は勿論、縦横2倍の画素で表現するので文字やサムネがメッチャ綺麗です。
この2017年版は発色も前モデルPro 4より鮮やかになってます。

LTE選択可(予定)

◎4,096段階の筆圧と傾きまで検知するペン別売
(遅延も21ミリ秒に低減)

ラインナップは上位から

①:Core i7(+Iris Plusグラフィック)+メモリ16GB+SSD 1TB
②:①のSSD 512GB版
③:①のメモリ8GB+SSD 256GB版

~ココまでが冷却ファン有りだがPro 4よりは静音~

④:③のCore i5版

~ココまでがノートPC代替可能なスペック~

⑤:④のメモリ4GB+SSD 128GB版
⑥:⑤のCore m3版←ファン無しでも無理のない低発熱Yプロセッサ

【その他、特徴】

〇Pro 4比1.5倍のバッテリ持ち(公称)

〇本体768グラム~(構成による)、薄さ8.5ミリ
(外観はPro 4より角が丸い)

〇本体にフルサイズUSB 3.0有
(電源端子は別売ドックとの接続にも使える)

〇専用キーボードは端子接続なので入力が確実。パームレストは人工皮革

【短所・注意点】

△ノートとして使うには、カバー⇒スタンドと2か所を開くので面倒

△本体にあるディスプレイ端子はMini DisplayPortのみ

△サポートや初期不良対応など日本メーカーからだと面食らう事も

表示画素が多い分、メモリ食いなので
低発熱Yプロセッサ+メモリ8GB以上
の構成がラインナップされてない所が、一番の懸念材料です。

このシリーズお勧めできるか否かは①~④の放熱性にかかってるので
実機を検証次第、ご報告します。

詳細画像、最新価格はコチラ(マイクロソフト公式ページへ)
icon

Lenovo ideapad MIIX 320の長所・短所

Posted 2017年5月29日 By Takao Matsushita

(キーボードは日本語配列となります)

【この機種の立ち位置】

◎背面がB5判より小さい10.1型Winタブレット+合体式キーボード
(タブレット単体550グラムと、片手で持ちながら使える)

◎合体時はディスプレイ角度を0~130°で調整できる
(合体時1.02kg)

◎キーボード側にフルサイズUSB 2.0×2。端子接続なので入力も確実
(ただし電源端子はタブレット本体のみ)

冷却ファン無く3万円台だが、タブレット用途なら性能的には底々使える
(1,920×1,200px液晶+メモリ4GB+無線11ac対応)

【その他、特徴】

〇11.3時間のバッテリ持ち(JEITA 2.0)

〇タブレット本体にUSB 3.0 Type-C

【短所・注意点】

△10.1型は常時キーボードに手おいて使うには小さ過ぎ

×安い代わりに画面ガラス少々目立つ
(IPSだが正面じゃないと反射で見辛い)

△合体して膝上や仰向けで使用するにはディスプレイ開度も不足

世界シェア取る為にメーカー都合で存在する機種でして、ユーザ目線では
すぐ別のが欲しくなるPC買う位なら最初からマトモな奴の足しにしろっていう。。

HP Pro x2 612 G2の長所・短所

Posted 2017年4月16日 By Takao Matsushita

(「法人のお客様」向けですが普通に個人購入可)

【この機種の立ち位置】

水平近くまで画面を寝かせられる背面スタンド付12型タブレット

◎回転部品なく騒音も殆ど無し
(メモリ8GBモデルをモバイル用途で使うなら、応答性も問題なし)

一覧性に優れる1,920×1,280px(3:2)画面(光沢IPS)

◎2,048段階の筆圧を検知するペン付属
(紙に近い摩擦感で、添えた手に反応しない「パームリジェクション」機能も有)

【その他、特徴】

〇バッテリ持ち7.3時間(JEITA 2.0)

〇指紋センサーは、素早く使えるタッチ式

〇付属キーボードはカバー兼用ながらストローク1.5ミリ、バックライト搭載の本格派

〇タブレット本体にフルサイズUSB 3.0+USB 3.1 Type-C(本体へ充電可)

〇ドッキングステーション等オプション多数

【短所・注意点】

×米軍規格の頑丈設計が災いしてか12型なのに背面A4判に収まらない
(画面枠が太過ぎ。タブレット本体の薄さは9.1ミリ)

△タブレット単体850グラムなので、そもそも片手で持って使う用じゃない

△せっかくSIMフリー選べるのにLTE非対応

△画面解像度たかいだけにメモリ4GBモデルは時々もたつく

詳細画像、最新価格はコチラ(HP公式ページへ)
icon