②キータッチが心地よいノート Archive

ThinkPad E595 FHD液晶モデルの長所・短所

Posted 2019年12月3日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

今時のホームノートに求められる最低条件、すなわち

①見る角度によって色変化しない広視野角IPS液晶
(この機種は視認性に優れる15.6型非光沢)

②マトモなキータッチ
(高コスト品を載せられるのは、上位シリーズ売れまくってるお陰)

無線LANにインテル2×2選べる

④応答性(NVMe)と容量(2.5″)を両立するデュアル・ストレージ

を満たす、最安ノートです。この機種は更に、

◎低コストながら性能は劣らないRyzenプロセッサ採用
(Ryzen 7に至っては、同筐体のCore i7からベンチ3割増)

ホームポジションでマウス操作できる「トラックポイント」
(ThinkPad共通。殆どのアプリで横スクロールまで可能)

◎HDD非搭載ならFHDでも9.3~9.8時間のバッテリ持ち
(それぞれRyzen 3、Ryzen 5構成のJEITA 2.0)

◎他の激安ノートと比べるのが失礼な、米軍規格の頑丈ボディ
(天板もアルミだし本体薄さ2cm足らずと、見栄えも悪かない)

ここ数年は5~10月の半年もの間
午後の落雷を心配しない日のが少なくね?って程でしたから、
バッテリ駆動でも作業効率おちないノートは最早
タワーPCの使い手さんにも必需品となりました。

この機種は2.5″をHDDでしか注文できませんが、
無しで注文しても取り付け金具に困りませんから、
そこへもSSD入れりゃバッテリ持ちまで両立を図れます。

【その他、特徴】

〇高出力スピーカー搭載(2W×2)。アプリや設定による伸びしろ有

〇65WのACアダプタなら1時間で0⇒80%まで急速充電可
(ポータブルなHDDや光学つなぐ人は余裕ある65W一択)

〇外付モニタへ4K@60Hz出力可(メモリ8GB以上+USB-C経由で)

〇USB 3.1も必要充分。フルサイズ×2+Type-C(電源兼用)×1
(その他にUSB 2.0も有。AMDモデルゆえThunderboltは無し)

【短所・注意点】

×指紋センサー選べない(直販の「無し搭載」って表記えげつなw)

△バッテリ交換は分解作業
(従来Thinkよりストレージ交換の手数が多いので要注意)

△DVDドライブ非搭載

×FHD選んでも表示品質に個体差。いずれも発色は薄い(sRGB 60%前後)

パネルの供給元は常時、3社前後でして
競合させてのコストダウンはThinkPad下位モデルの常套手段です。

しかし傘下のNECや富士通も下位モデルには
このレベルを光沢武装してるだけですから、
お手元に届いたE595のパネルに不満を感じた場合も
ミヤビックス(低反射えらべて簡単に貼れるフィルム)
で概ね解決するハズです。
(コントラスト向上とギラツブ軽減。フリッカは対策が要る程の輝度が無い)

×天板とじると排気が塞がり、性能を発揮しない

外付モニタでの運用も考慮されたThinkPad上位シリーズには
有り得ないこのレイアウトも、
今時の他社ノートなら珍しくありません。

しかし他社の場合
そういうスタイル優先の機種には綺麗な液晶も載ってる訳で、
E595メインで使う場合みたいに外付モニタ欲しくなったり
その邪魔になったりが無いのです(笑)


E595⇒T495「省電力」FHD液晶モデルとするメリットは

〇タワー代替から持ち歩きまで、圧倒的な守備範囲
(冷却ファンは少ない回転でEより冷え、モバイル性は比ぶべくも無い)

〇非光沢液晶ながら色再現性・コントラスト共、まるで本物

〇最小構成のRyzen 3でも、T495のは4コア
(なので無理してRyzen 5以上を選ぶ必要なし

逆にデメリット(E595に留まる理由)

×画面が一回り小さい(15.6⇒14型)

14型にはテンキー無く
ホームポジションで画面を直視できますから、
作業中の視認性ならT495も劣りません。

×2.5″ストレージ載らん

デュアル・ストレージ可能でE595に魅力を感じてる方が
不便なのは否定しません。

しかし純正ドック多数のThinkPadなら
電源や周辺機器との一発接続も安心ですから、
ご検討の余地はあんじゃないかと。

×Eシリーズ目線だとTとの差額は未だ、大きい

私も激安って言葉に弱く、
壊れ難いThinkPadなら無駄にもならんだろうと
この15年、少なからずRやEといった低価格シリーズも買って来ました。

しかし振り返ってみると例外なく、2年以内に買い換えてます。

コレがTシリーズ買った場合ですと、表示品質や冷却系などは
2年後のEに負けないので陳腐化しませんが、
陳腐化したEには買い換えを後押ししてくれる効果がある為だと
自己分析しています。

なので愛着もてる年数で割れば、
Tシリーズのコスパも決して悪くありません。

【E595のお勧め構成】

鉄板はズバリ、

・Ryzen 3(E595のは2コアですが)
・メモリ8GB(4+4)
・1TB HDD
・128GB SSD
・FHD
・65Wアダプタ
・インテル無線

です。これ以上スペックUPするなら上記Tシリーズお勧め致します。

E595の最新価格はコチラ(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)

ThinkPad E14 IPS液晶モデルの長所・短所

Posted 2019年12月1日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

業務用の廉価版である事を辞め、
サブPCの本命を目指した新生14型です。

本体8万円以内で構成できるスペックの高さ
従来Eシリーズを踏襲しますが(以下⑧)、付加価値でも所々に
業務用メインストリームのTシリーズ超えており(以下
最早、下位互換とは言わせません!

日本向けは天板、底面ともアルミ製で本体1.73kg~、薄さ1.79cm

キータッチ、ポインタ操作の優位性は他のThinkPadと変わり無し
(GoPro PlayerならホームポジションでVRの視界移動・拡大まで可能)

③14型まではテンキー非搭載ゆえホームポジションで画面を直視できる
(テンキー無い15.6型はThinkPadでも高額)

内蔵スピーカーは高出力(2W×2)かつHarman印

応答性(NVMe)とデータ容量(2.5″)を安価に両立可能

⑥HDD、Radeon無し構成のバッテリ持ち11.2~12.6時間
(それぞれi5、i3搭載時のJEITA 2.0)

⑦米軍規格の頑丈設計。無線LANもインテルWi-Fi 6で手抜き無し!
(投稿時点で無線LANコレだけだが、別の出ても選ばん様に)

とりあえずのお勧め構成が投稿時クーポン適用で税込77,000円
(i3+メモリ8GB+1TB HDD+128GB SSD+IPS+65Wアダプタ)

メインPCが良品ですとサブにも最低限、
キータッチ,スピーカー音質,無線LAN辺り妥協できないものですが、
安くてそれら満たすノートは意外にありません。

2.5″はHDDでしか注文できませんが、
HDD搭載だとバッテリ持ち2,3割減、重量も100g増です。

WD辺りのSSDでも2.5″なら大容量のバリエーション豊富ですから、
そういうの載せりゃデータ容量・バッテリ持ちまで両立を図れます。
(E14はHDD無しで注文しても増設金具に困りません)

【その他、特徴】

〇画面は視認性に優れる非光沢の広視野角パネル
(ご紹介のIPS以外にTNもありますが、コントラストも低いし無視で)

〇動画をコマ補間再生できるRadeon(専用2GB)選択可
(この場合のみ冷却ファン強化されるものの、投稿時点でi5以上が条件)

〇選べる指紋センサーは電源ボタン一体型。ログインまでが1タッチ

〇外部モニタへ4K@60Hz出力可(メモリ8GB以上かつType-C経由)

〇65Wアダプタなら1時間で0⇒80%まで急速充電可
(ポータブルなHDDや光学ドライブ常用するのにも65Wお勧め)

〇カメラは使わん時、シャッターで覆える

〇USBは3.1がフルサイズ×2+Type-C×1、2.0がフルサイズ×1

Type-Cは電源兼用です。Thunderbolt 3無いですが、
Type-Cドック(純正アリ)使えば
帰宅後は電源や周辺機器と一発接続可能です。

【短所・注意点】

×SDスロット無し

×画面にIPS選んでも多少の個体差。発色はいずれも薄い

ThinkPadは下位モデルのパネル供給を
2~3社に競合させてコストダウン図ってます。

E14は誤魔化し効かない非光沢ゆえ、お届けされる個体に
ギラ粒やコントラストの問題が皆無とは断言できませんが
最悪、ミヤビックス(低反射えらべて簡単に貼れるフィルム)貼っちゃえば
NECや富士通の15.6″下位モデルには見劣りしないレベルです。

天板を閉じると排気口が塞がって、性能を発揮しない

スタイル優先の民生用じゃ今時、珍しくもありませんが、
業務用としてが一級品なThinkPad TやPシリーズだと
閉じたままの運用も想定されており、このレイアウト有り得ません。

E14でもいずれ、Core i7-10710選べる様になりますが、
レノボによる検証もi5+Radeon+デュアルストレージが精々ですし、
Eシリーズに高発熱な構成、用途は避けた方が無難です。
(逆に、吸気ガバガバなD社やH社だと、快適なのは最初の1年w)

内蔵ディスプレイが綺麗じゃないのに外付すると邪魔になる
って辺り入門機(すなわちメイン)に向かない理由ですが、
優れた操作性で軽作業をスタイリッシュにこなせ、しかも安い
E14なら、サブPCとして無敵です。


14型で本体価格がEの次に安いT490では、
表示品質でも他社を圧倒するWQHDやら
好バランスな「省電力」FHDが選べます。

冷却ファンも、低回転でEより冷える
見るからに立派なヤツ載ってますから、タワーPCの代替すら可能です。

HDD要るにしても、ノート内蔵に遮音は期待できませんし
東芝ポータブルは4TBでもメッチャ静かですから、
内蔵に拘るこたないでしょう。

【E14のお勧めカスタマイズ】

「メモリー」は1スロットなので注文後の増量は交換になりますが、
デュアル・モニタするんじゃなきゃ8GBで充分です。

OptaneはSSDと排他なので普通にSSD選びましょう。
SSD選択してあればWindowsはそこへインストールされて出荷されます。
使い倒した時の応答性を考慮すれば理想は256GBですが、
この価格帯の1万増はデカいので無理は言いません。

カスタマイズして価格を見る(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)

dynabook SシリーズFHD液晶モデルの長所・短所

Posted 2019年11月12日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

◎お勧め構成が何と、直販7.5万円~の価格破壊モバイル
(13.3型。i3+メモリ8GB+SSD 256GBって構成えらべるのがデカい)

◎直販SZのLバッテリモデルならJEITA 2.0で19時間持ち&本体1.2kg弱

◎画面も一覧性、視認性、発色まで抜かり無い非光沢IGZOパネル
(13.3″共通だが、一覧性と視認性の「両立」は設定や視力に依存)

◎キータッチもストローク1.5ミリと違和感なし

◎26方向76cm落下テストなど米軍規格もクリア
(キーボード防滴はレッツノートすら上回る安心感)

ラインナップ多いので最初に結論から申しますと、
道具としてなら以下①③以外は忘れて下さい。(理由は記事最後の方)

実際のラインナップは直販SZ73 フルHDモデルがメモリ8GB+黒のみで、

①Core i5+256GB SSD+Lバッテリ(8.6万)←無難な入門機!
②Core i5+256GB SSD+Sバッテリ(投稿時点で選択不可)
Core i3+256GB SSD+Lバッテリ(7.5万)←モバイル専用にお勧め!
④Core i5+256GB SSD+Sバッテリ+Win 10 Pro(8.7万)
⑤Core i3+128GB SSD+Sバッテリ+Win 10 Pro(6.8万)

となっており、全てでOffice有無えらべて無駄がありません。
(価格はそれぞれ無料会員のOffice、税別)

店頭で買えるS6、S3は
いずれも256GB SSD+Sバッテリ+Office付属で赤・青えらべ、

Core i5+メモリ8GB(S6)
⑦Celeron+メモリ4GB(S3)

です。どの道、プラスティック筐体かつ底面黒なので
安っぽさが潔い黒一色のが実物は好印象でした。

廉価モバイルって事で内蔵ストレージ容量も控えめですが、
microSDスロット有りますし
東芝ポータブルHDDはノート内蔵にゃ戻れん程の遮音性なので、
それらで補いましょう。

【その他、特徴】

〇このPCにはアンテナ繋がず、AQUOS連携でTVも見れる

〇指紋センサー搭載

使い方の相談が5年間無料

【短所・注意点】

△天板込み2cm弱って薄さは刺激に欠ける

△USBはフルサイズ×2+Type-C×1だがThunderbolt 3無し
(かと言って他社13.3型も、使い倒せる程のメイン適性ないが)

△HD液晶モデルは一覧性、発色、本体重量、バッテリ持ち全てでフルHDに劣る
(だからこの記事が、FHD以外を無視したタイトルになってる訳で)

バッテリはL⇒Sで容量半減だが、本体の減量は僅か90グラム

S6、S3は筐体が重いので直販SZのLバッテリモデルからだと80グラムしか減りません。
Sバッテリじゃ実際には7時間キツイですし、充電を繰り返せば更に劣化しますから、
Lバッテリの上記①③以外はカタログ飾るだけの当て馬と言われても仕方ありません。

そもそも今時のモバイルがバッテリ交換を修理扱い(つまり内蔵式)にしてる理由は
薄型バッテリは取り扱い自体が危険だからです。
メモリ増設作業バッテリ取り外しを伴いますのでメーカー送りが賢明でして、
4GB地雷(WEBブラウズにもモッサリ)の⑦S3はその点でも割高です。

△直販は無料会員登録⇒ログインで表示価格が暴落する

日系のPCメーカーでBIOSまで責任もって自社制作してるのは
dyna以外じゃ、今やPana有るのみです。

コレで安定動作するにせよ、Panaは値段が上記③の4倍とかしますから
①③の価格破壊ぶりは
ノートPC世に送り出したdynaブランドの使命感がなせる業でしょう。

詳細画像、最新価格はコチラ↓(dyna公式へ)

dynabook SZ73/N