②キータッチが心地よいノート Archive

HP EliteBook x360 1030 G3の長所・短所

Posted 2018年12月11日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

①360°回転ヒンジ採用の4スタイルPC(13.3型)

②設置面積もコンパクトで、A4判から幅1センチ弱はみ出るだけ

③画面は4K光沢、フルHD低反射から選べ、どっちも明るい

Wacomペンにも対応

最下位モデル以外はLTE内蔵

⑥ノートで閉じて最薄1.58センチながら米軍規格の頑丈設計

⑦1,000回もの充放電に耐える長寿命バッテリ

⑧Core i7、i5搭載とも冷却ファン静か

同じ変形13.3型の同社Spectreに比べて外観こそシンプルですが、
モバイルでの利便性はコチラが圧倒しています。

順に補足しますと選べる画面のフルHDは
最高輝度700カンデラと、現行ノート最明に君臨します。
4Kの最高500カンデラってのも高精細にしちゃ明るい方ですが
光沢な分、野外視認性では差が開きます。(どっちもゴリラガラス4)

更にフルHDの方は、
覗き見防止モードのSure Vieu機能まで搭載し、
バッテリ持ちもJEITA 2.0で12.7時間と優秀です。

一方の4K版はJEITA 2.0換算だと8時間弱なので
13.3型サイズじゃ高精細のメリットより
バッテリ持たないデメリットのが目立ってしまいます。

ちなみに急速充電は30分で0⇒50%、90分で0⇒90%まで可能です。

冷却ファンはデュアルですが
低負荷時は安定して静か、高負荷でもうるさくはなりません。

ラインナップは上位から

・4K+i7(vPro)+メモリ16GB+SSD 2TB(27.9万)
・FHD+i7(vPro)+メモリ16GB+SSD 1TB(23.9万)
・FHD+i7+メモリ16GB+SSD 512GB(19.9万)
・FHD+i5+メモリ8GB+SSD 256GB(16.9万)←お勧め!
・上のLTE無し版(15.4万)

となってます。(価格は投稿時点の直販税抜で+末尾800円)

LTEは最近のスマホと同じNano SIMスロットですが、
スマホ経由(テザリング)より直刺しのがアンテナしっかりな分、
当たり前に高速かつ高感度です。

なのでSSD容量さえ許せば後述する通り、
ラインナップの下から2番目一択でしょう。

【その他、特徴】

〇アルミ削り出しボディで本体1.25kg

〇最初からWin 10 Pro採用なので、Homeと違って地雷ふまない設定可

〇キーストローク1.5-1.7ミリでタッチもマトモ

バックライト付の日本語配列ですが、
同社Spectreと違ってEnterキーの配置にも違和感ありません。
(あっちはEnterが右端じゃない)

〇指紋センサー搭載

〇USBはThunderbolt 3×2(電源兼用)+フルサイズ3.1×1

【短所・注意点】

×SDスロット無し。かと言ってSSD容量で選ぶと割高

△動画編集はAvidemux等による無劣化カットが精々

動画のキーフレームは一般的に10秒位の間隔なんですが、
そこ以外でカットするにはエンコードが必要になり、
その処理に長時間かかる様ですとこの機種はi7、i5モデル共
底面の排気口付近が軽く40℃超えて来ます。

排熱が追い付かないと今時のPCは性能を抑制する訳ですが、
エンコード処理を想定したシミュレーションでは
発熱の大きいi7から順に抑制モードに入ってしまい
結果としてi5より処理に時間が掛かるっていう逆転現象すらありましたから、
この機種のi7に体感的メリットは期待できません。

この通り、ラインナップ中どれ選んでも
「多趣味な人のホームユースまでは面倒みきれん(笑)」
って機種なので、いっそLTE以外はメモリ8GB、SSD 256GBで購入して
モバイル専用機として使い倒すのが一般的じゃないでしょうか。

そもそもリアルモバイルからエンコードまでに満足いく機種さがすとなると
現状、4スタイルPCは候補に残りません

詳細画像、最新価格はコチラ(HP公式ページへ)
icon

HP EliteBook 1050 G1の長所・短所

Posted 2018年12月10日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

①15.6型で天板込みの薄さ1.9センチながら、米軍規格の頑丈設計

②画面は4K、フルHDともsRGBに迫る色再現性

GeForce 1050(ノート用)搭載で4Kには6コアi7の組み合わせ

④1,000回もの充放電に耐える長寿命バッテリ

⑤出張修理対応の保証や電話サポートが標準1年(初期不良殆ど無し

順に補足します。画面についての②ですが、
いずれも非光沢かつ広視野角IPSですし
最高輝度も400カンデラと充分なので用途や場所を選びません

4Kの方はsRGB比94%ですがコントラスト良好ですし、
下品な動画(笑)だと微かに残像でるものの、
ギラ粒なく輝度下げてチラつかないので目も疲れ難いです。
(AUO製パネル)

駆動スペックの③では、
フルHD版が4コアi5搭載ですが
どの道Hプロセッサなので薄型モバイルにゃ負けません。

バッテリ関係の④ですが、
僅か30分で0⇒50%の急速充電にも対応です。

ラインナップは全てWin 10 Proで上位から、

4K+メモリ32GB+SSD 2TB×2(40万円)
4K+メモリ32GB+SSD 1TB×2(30万円)
4K+メモリ16GB+SSD 1TB(25万円)←ご自宅まで1台派も満足!
・フルHD+メモリ16GB+SSD 512GB(18万円)
・フルHD+メモリ8GB+SSD 256GB(15万円)←老眼&ゲーマーズモバイル

となってます。(お値段は投稿時点の直販税抜)

4Kで200%表示の設定なら半濁点の「゜」も滑らかに丸いですし、
15.6型以上はサムネイル画像のクッキリも体感レベルなので、
上位3モデルなら仕事や勉強のモチベーション持続にまで効果絶大です。

一方で今時、15万だしてフルHD(下位2モデル)じゃあ
ホームノートとしては面白みに欠けるってのが本音ですが、
15.6型では珍しく持ち運びまで考慮されてますし
テンキー無くキーボードのホームポジションにも違和感ないですから、
シルバー世代やゲーマーさんが自家用車で持ち運ぶ用なら手堅い選択肢です。

【その他、特徴】

〇キーボードは印字スッキリの英語配列
(ストローク1.5-1.7ミリでタッチは無難)

〇指紋センサー搭載

〇Webカメラは使わん時、シャッターで覆える

〇USBはThunderbolt 3とフルサイズ3.0が2つずつ

【短所・注意点】

△本体2.2kgと、X1 Extremeに比べて質感偏重は否めない

×せっかくテンキー非搭載なのに、Enterキーより右に1列あり

Enterは英語配列だと横長なので、
慣れるまで誤爆し易いのはBackspaceの方でしょう。

△DVDドライブ非搭載

△ほぼ不要と思われるがバッテリ交換は分解作業

△負荷かかると冷却ファン音おおきめ

ファンは2基搭載で排気口も両サイドなので
Core i7のベンチマークでも納得の数字を叩き出しますし、
その高性能ぶりは同プロセッサ搭載のXPS 15をも上回ります

ただし高負荷つづくと放熱で底面中央が45℃超えもありますから、
膝上ではお行儀よく(笑)お使い下さい。

詳細画像、最新価格はコチラ(HP公式ページへ)
icon

ThinkPad E585 FHD液晶モデルの長所・短所

Posted 2018年12月8日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

①見る角度によって色変化しない広視野角IPS液晶

応答性(SSD)と容量(HDD)を両立するデュアルストレージ可能

上記①、②を満たす最安級ノート
(低コストながら性能は劣らないRyzen採用。視認性重視な15.6型非光沢)

④激安モデルでもキータッチに手を抜かないのがThinkPad流
(高コスト品を載せられるのは、上位モデルが売れまくってるお陰)

ホームポジションでマウス操作できる「トラックポイント」
(コレもThinkPad共通)

⑥アルミ天板を含めて薄さ2センチ足らずと見栄えも悪かない
(H社やD社の激安ノートに比べ、外装のシッカリ感も圧倒的)

【その他、特徴】

〇65WのACアダプタなら1時間で0⇒80%まで急速充電可
(ポータブルなHDDや光学つなぐ人は余裕ある65W一択)

【短所・注意点】

×無線LANが蟹製、Qualcomm製いずれに当たるか運次第
(環境によっては外付の無線子機やら有線LANのが快適)

×上位のTシリーズ等よりショボい1.5W×2スピーカー

×指紋センサー選べない

△バッテリ交換は分解作業

△DVDドライブ非搭載

液晶パネルはFHDでも3社程度から供給を受けており
この競合によるコストダウンも、ThinkPad下位モデルが安い理由です。

なので表示品質には当然、個体差ありますが
いずれも色域はsRGB比60%前後
下げた輝度によって微かにチラつくタイプと思われます。

まぁ国内メーカーと言えど下位モデルにゃこのレベル光沢武装するだけですから
パネル自体が特に粗悪って訳でもないのですが、
用途えらばない高品質パネル採用の最安ThinkPadT480 WQHDとは
同等構成(E585はRyzen 5)で4万円しか差額ないってのは迷い所です。

T480は14型ですが、14型以下ThinkPadにはテンキー無く、
ホームポジション中央なので作業中の視認性は必ずしも劣りません。
(15.6型の高品質パネル最安はT580 4KでE585とは7万円差)

E585の注意点としては、
排気口がディスプレイ開いた付け根に位置するので
天板とじたままじゃ性能を発揮しないってのもあります。

今時の薄型ノートなら珍しくないこの排気レイアウトも
ThinkPad上位のTシリーズだと、デスク代替をも守備範囲にしてる為、
採用例ありません。

Eシリーズ最大構成とT最小くらべても
Tの冷却ファンのがEより少ない回転で風量かせげます(羽ボリュームの違い)。

マトモなノートがこんな値段で買えちゃったよwってEに目が行くのは世の常ですが、
広く長く使おうって人が最初からT買わないのは唯の無駄使いです。

【直販でのお勧めカスタマイズ】

「ディスプレイ」でFHD選ぶ以外のEシリーズお勧め構成です。

「プロセッサー」は、Ryzen 3(2コア)⇒Ryzen 5(4コア)で
結果としての差額1万円ですし、
動画を好きなシーンでカット編集したい場合に
待ち時間が半減するのは魅力です。

「メモリー」は4GBでも動きますが、
グラフィックに別途メモリ無いこの機種なら
8GB(4+4)までの上乗せも体感効果は確実です。

「ソリッド・ステート」は
256GB以上なら並列アクセスの高速応答も期待できますが、
そこまで贅沢すると上位機種との差額率が減ってしまいますから
データ容量をHDDで稼げるこの機種なら128GBが一般的でしょう。

詳細画像、最新価格はコチラ(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)