①液晶が綺麗なノート Archive

ASUS TransBook 3 T305CAの長所・短所

Posted 2017年10月17日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

◎背面がA4判にほぼ収まる12.6型タブレット

◎タブレット本体695グラム、薄さ6.9ミリと片手で持って疲れ難い
(その代わり自立スタンドは内蔵しない)

◎回転パーツ無いので一般的な騒音なし

◎画面はWEB閲覧が捗る横縦比3:2。クッキリ表示の2,880×1,920px

美文字になる200%表示でも一覧性が犠牲にならない所が良いんです。
sRGB比121%の鮮烈な発色、コントラスト1,200:1、最高輝度450cd
って仕様も一般的なノートPCじゃ体験できない領域です。

◎1,024段階の筆圧を検知する「ASUS Pen(別売)」に対応

スピーカーはタブレット短辺の両側に2W×2ずつ、計8Wの大迫力
(Harman Kardon。ココもノート涙目w)

◎モニタ出力までサポートするThunderbolt 3

◎ディスプレイ角度を2段階で調整できるキーボードカバー付属

キーボードはピッチ19.24ミリ、ストローク1.4ミリなので違和感少ないです。
バックライトも搭載します。

ラインナップは上位から

①Core i5+メモリ8GB+SSD 256GB←コスパ良すぎ!
②Core m3+メモリ4GB+SSD 128GB←Surface逃げ出す低価格!

となってますが、どちらもYプロセッサなので軽作業向けではあります。
メモリ食い画面なので②だと画面遷移にも僅かなストレス感じます。
本体にSDスロットも無いので、この機種を

・セカンドPCに選ぶなら⇒希望小売価格が2万円高い①
・サード以下に選ぶなら⇒税抜7万切る②

って感じでしょう。

【その他、特徴】

○背面アルミで角はダイヤモンドカット。画面にはゴリラガラス3採用

○50分で0⇒60%まで急速充電可

○指紋センサー搭載

○周辺機器や電源に一発接続できる「ユニバーサルドック(別売)」
(カードリーダーまで付いてる)

【短所・注意点】

×バッテリ持ちがタブレット単体でも5.5時間(①のJEITA 2.0)

情報収集し易く、ノートスタイルで机の幅も占領しませんから、
書類作業などの傍らにピッタリです。バッテリ容量も、
就寝前に仰向け使用する分には本体700グラム切ってる事のが重要です。
保管・梱包が丁寧なASUS直販なら初期不良の心配も要りません。

詳細画像、最新価格はコチラ(安心のASUS直販へ)

ASUS ZenBook Flip S UX370UAの長所・短所

Posted 2017年10月17日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

◎360°ヒンジの4スタイルPCなのに、閉じた薄さ僅か1.09センチ
(宇宙人がコレ分解したら、地球人の技術レベルに驚くでしょう)

◎ゴリラガラス採用13.3型+繋ぎ目ないアルミ筐体=本体1.1kg
(角やタッチパッド周りはダイヤモンドカットで高級感)

◎画面はホームユースにまで使える表示品質(フルHD、IPS)

光沢でタッチ機能ない一般的な外付モニタ程は
反射が気になりません。
最高輝度(320カンデラ)、コントラストとも充分なので野外でも見易く
ギラ粒やチラつき無いので目も疲れ難いです。
発色も不満ないレベル(sRGB比90%)です。(AUO製パネル)

◎1,024段階の筆圧を検知する「ASUS Pen(別売)」対応

◎短辺動画の編集にまで過不足ない、お買い得スペック
(i5-8250U+メモリ8GB+SSD 256GB)

【その他、特徴】

〇8.7時間のバッテリ持ち
(JEITA 2.0。49分で0⇒60%まで急速充電可)

〇Harman Kardonスピーカー

〇タッチパッドには、手の平に反応しないパームリジェクション有

〇側面に指紋センサー

〇帰宅後は周辺機器や電源に一発接続できる「ユニバーサルドック(別売)」
(カードリーダまで付いてる)

【短所・注意点】

×キーボードは19ミリピッチのフルサイズだがストローク1.0ミリ
長文打つには浅すぎ

△135°以上ひらくとキーボード傾斜させる設計なので膝上で使い難い

△コレだけ薄いと当たり前だが、本体にフルサイズUSB無し

モニタ出力や急速充電できるUSB 3.1 Type-C×2ポートですが、
転送速度(理論値)がThunderbolt 3の1/8しかないGen 1なのが残念です。

×落下・水濡れにまで対応する保証なし

この機種を実際に使うとなりますと、
可搬性スポイルされても頑丈なハードケースに入れて持ち歩くか
そもそも、ファッショナブルなホームモバイルと割り切るかって話です。

保管・梱包状態が良いASUS直販なら初期不良は殆どありませんから、
鴻海が検品までやってるH社やD社と違って贈答品にもアリでしょう。

詳細画像、最新価格はコチラ(安心のASUS直販へ)

ASUS ZenBook 3 Deluxe UX3490UARの長所・短所

Posted 2017年10月17日 By Takao Matsushita

(国内向けは日本語キーボードです)

【この機種の立ち位置】

14型ながら本体1.2kg、薄さ僅か12.9ミリ

航空機にも使われる高強度アルミの一体成形ボディ、
画面はゴリラガラス5で保護する高級モバイルです。

瞬発力に優れる構成。「短辺」動画の編集もアッちゅ~間!
(Core i7-8550U+メモリ16GB+高速SSD 1TB)

【その他、特徴】

〇10時間のバッテリ持ち(JEITA 2.0)

従来比3倍の長寿命バッテリ採用です。
49分で0⇒60%の急速充電が、全てのUSB-Cから可能です。

〇画面はsRGB「に迫る」色再現性

フルHD光沢IPSですが
ギラ粒なく、輝度も程々(最高270カンデラ)なので目も疲れ難いです。

〇Harman Kardon製の4スピーカー

〇タッチパッドには、手の平が触れても反応しないパームリジェクション有

〇Thunderbolt 3×2ポート(その他にもUSB 3.1 Type-Cが1ポート有)

〇付属ミニドック使えば、モニタなど周辺機器や電源に一発接続可

【短所・注意点】

△4コア・プロセッサ搭載だが、あくまで短距離選手。長距離は苦手

普段使いなら冷却ファン静かですが、
高負荷が続くとフルメタル筐体も災いして底面は軽く40℃超えます。
他の薄型ノートで何10分と掛かる様なエンコードの時間短縮は、
この機種とて見込めません。(排熱が追い付かずクロックダウンする)

△キーボードは19ミリピッチのフルサイズだがストローク1.2ミリと浅め
(キーボードのBack spaceの上段が電源ボタンってのも紛らわしい)

△指紋センサー搭載は良いが、タッチパッド内なので邪魔

△ゴリラガラスは画面保護に使われてるだけでタッチパネルじゃない

×ディスプレイ開く角度も最大135°なので、X1 Carbonと違って姿勢を選ぶ

△極薄ボディなので当たり前だが、本体にフルサイズのUSBポート無し

幾つか問題点を挙げましたが、
「全て解消した代わりに5ミリ厚くなりました」って製品なら
この値段じゃ売れんでしょう(笑)

4K環境がホームPCの王道となった今、
この機種にタワー型やThinkPad P7xの代わりが務まるとも言いません。

そういう据え置き既にお持ちで、「少々高価でも
デザインに優れたモバイル兼用が欲しい」って人が買う様な機種です。

ASUSは保管、梱包まで丁寧な直販サイトで買う分には
初期不良に裏切られる心配もありません。

詳細画像、最新価格はコチラ(安心のASUS直販へ)