①液晶が綺麗なノート Archive

ThinkPad X1 Yoga(2017)の長所・短所

Posted 2017年4月21日 By Takao Matsushita

(筐体カラバリは黒・銀です)

【この機種の立ち位置】

ディスプレイ180°以上開くと全てのキー凸沈下する「完全な4スタイルPC」

◎大画面モバイルとしても驚異のバランス
(14型で1.4kg前後。閉じて約17ミリと薄型なのに米軍規格の頑丈設計)

◎選べるディスプレイは全て低反射処理を謳い(実際は半光沢)、

サムネイル綺麗多用途に使えるWQHD(縦1,440px)IPS
動画が綺麗なWQHD有機EL(OLED。逆に事務作業中心だと焼き付き心配)
③100%表示で常用できてキャプチャ捗るFHD(縦1,080px) IPS

筆圧を検知するペン付属
(紙に近い擦れ具合を実現したペン先。ペン充電も本体への収納で完了)

LTE選択可(Micro SIM)

◎全モデル10時間を遥かに超えるバッテリ持ち
(JEITA 2.0。65Wアダプタ選べば1時間で0⇒80%まで急速充電可)

◎USB端子はフルサイズ3.0×3+Thunderbolt 3×2と異常なまでの充実ぶり
(ただしThunderboltは充電端子兼用)

【その他、特徴】

〇ThinkPad共通だがキータッチやポインタ操作にも優れる

〇指紋センサーはタッチ式で認証がスムーズ

【短所・注意点】

△画面②の有機ELは勿論だが、それ以外も最高輝度270カンデラと野外は苦手

△注文後のメモリ変更不可

△SDスロットがMicro

△現行WiGigドックは騒音が大きく感じるかも

詳細画像、最新価格はコチラ(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)

HP ProBook 470 G4の長所・短所

Posted 2017年4月16日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

一覧性(フルHDかHD+)、視認性(17.3型非光沢)に満足できるノート

「法人のお客様」向けとなってますが普通に個人購入できます。
本体2.61kg、薄さ26ミリですが大画面なので数字以上に薄く感じます。
どうせ家の中で使うなら可搬性も15.6型と大差ありません。

このG4(世代)からフルHD液晶は広視野角IPSパネルとなった訳ですが、
こちら(AUO製)は発色も良好(sRGB比91.6%)、コントラスト抜群で
動画再生も綺麗です。 最高輝度も320カンデラと充分ですがギラ粒なく、
輝度を抑えてもチラつき無いので目も疲れ難いです。

◎ご自分でM.2スロットにSSD追加すればHDDとのデュアルストレージ可

底面ネジ1本はずせばメモリやストレージにアクセス出来ます。
Win 10 Proリカバリメディア付属ですから手数も最小限です。

ラインナップは上位から

フルHD画面(縦1,080px)+Core i7+1TB HDD←多用途に使える!
②HD+画面(縦900px)+Core i5+500GB HDD
③:②のCore i3版←情報収集などお手軽に使える!

となってます。(この機種のi7はどうせ2コアなので性能はどれも大差ない)

【その他、特徴】

〇Core i7の①でも低負荷なら静か。高負荷の排熱も充分

〇カタログ値だが11時間のバッテリ持ち

〇指紋センサー搭載

〇Office有無も選べて無駄が無い

〇最終組み立て、サポート共に日本国内なので安心

【短所・注意点】

△防滴キーボードだが、キータッチ深さは1.5-1.7ミリとモバイル並

△Win 10専用機なのでタッチパッドは面積重視のボタン一体式
(タッチパッドは無効にも出来る)

×光学ドライブがブルーレイ非対応

詳細画像、最新価格はコチラ(HP公式ページへ)
icon

ThinkPad X1 Tablet(2017)の長所・短所

Posted 2017年4月7日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

A4サイズに収まる12型でスタンド内蔵のタブレット

スタンドは無段階に調整でき、
画面を上下逆にすれば机と水平近い角度で使ってもタッチでグラつきません。

作業が捗る横縦比3:2画面(2,160×1,440px)

画面の短い方の辺を縦とすると、
縦寸は13.3型(16:9)より僅かに大きく、WEBページ等の一覧性に優れます。
逆に横寸は11.6型(16:9)より僅かに小さく、
動画の全画面再生も上限はそのサイズです(上下の表示スペース無駄になる)。

筆圧を検知するペンも選択可

◎冷却ファンレスで騒音なし
(軽作業ならストレス無しのYプロセッサ搭載)

◎メモリは16GBまで、ストレージは1TB SSD(NVMe) まで選べる

LTEも選択可(スロットはNano SIM)

◎タブレット単体で10時間以上のバッテリ持ち(JEITA 2.0)

と、ココまでは割と普通のSurface対抗ですが、この機種が非凡なのは

◎専用キーボード装着でも追加機能が着せ替え出来る「モジュラー設計」

着せ替え出来る機能部品「モジュール」

セカンドバッテリを内蔵し接続端子も増える「プロダクティビティ」
(USB 3.0、フルサイズHDMI、OneLink+ドックポート。別売)

②プロジェクター搭載の「プレゼンター」
(コチラにもフルサイズHDMIポート+簡易バッテリ内蔵。別売)

の現状2種です。非凡な特徴は更に

◎専用キーボードにはホームポジションでマウス操作できる「トラックポイント」

殆どのアプリで横スクロールまで可能です(ThinkPad共通)。
モジュール装着時でもキーボード角度を3段階に調整できます。
X1Tkb

◎タブレット本体の防滴を含め、米軍規格の頑丈設計

【その他、特徴】

○タブレット単体で767グラム、薄さ8.45ミリ
(付属キーボード込で1.07kg、更にモジュール①込でも1.3kg未満)

○モジュール装着時はそこ持てば良いので握り易い

○選べる指紋センサーは、一瞬で認証できるタッチ式

○タブレット本体のUSB端子は、フルサイズ3.0と3.1 Type-Cが1つずつ

○専用キーボードの底面カラバリは黒・赤・銀

【短所・注意点】

△普通のノートとして使うにはトリッキー過ぎる

モジュール無しキーボード水平だと
画面が遠くなり、設置にも奥行きが余分に必要です。

△モジュール装着+固定の仕掛けある分、タブ本体のコンパクトさも犠牲に

△固定ロックがフル装備なのでスタンド出し入れやモジュール脱着は面倒

△タブレットなので当たり前だが注文後のメモリ増設不可
(高精細画面なので、この機種は最低でもメモリ8GB推奨)

△WiGigドック対応も選択できるが、現状ドックは冷却ファン音うるさい

詳細画像、最新価格はコチラ(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)