①液晶が綺麗なノート Archive

HP Pavilion Gaming 15(2019)の長所・短所

Posted 2019年12月5日 By Takao Matsushita

(我が国版のキーボードは日本語配列です)

【この機種の立ち位置】

編集作業も捗る、駆動スペック特化型ノート(15.6型)

◎全モデルに専用メモリ4GB以上のGeForce搭載
⇒どれ買っても3Dゲームやモザイク破解に手が届く!

応答性とデータ容量を安価に両立するデュアル・ストレージ可能
(スタンダードプラス以上が該当。インテル版はSSD 256GB+HDD 1TB)

動画の書き出しを短時間で終わらせたい
⇒インテル版「スタンダードモデル」以上は6コアi7搭載
(Ryzen 7もベンチはi7の7割弱だし、i7以外は薄型ノートに毛が生えた程度)

◎3Dゲームやモザイク破解バリバリやりたい
⇒インテル版パフォーマンスモデル以上はGTX 1660Ti(専用6GB)搭載
(i7+1660Tiでも普段使いなら冷却ファン静か)

◎インテル版は最下位モデル以外、Win 10 Pro。大型更新が年1回で済む

◎画面は、いずれも視認性に優れる(非光沢+広視野角IPS)

この機種の画面(該当モデル)や表示品質は以下の通りです。


200%の表示設定(一覧性はフルHD相当)で
文字やサムネ画像がメッチャ綺麗!
ってのノートで体感するには、この15.6型が下限です。

この機種の4Kは発色も優秀(sRGBほぼカバー)で、
正確には半光沢なので黒が引き締まってて綺麗です。
ギラ粒は微かにあるものの、輝度さげてもチラつかず
目も疲れ難い方でしょう。

15.6型は4K動画の立体感を味わうのに充分なサイズとは言えませんが、
画面に近寄って風景モノ見ればフルHDとの違いは楽しめるハズです。

一方、視界の広さより激しさがウリの下品な動画(笑)ですと、
FHDで真面目にコントラスト・応答速度を追及したdyna Zシリーズ
程のリアリティはありません


とりあえずWEBページのスクロールがスムーズでして、
まるで印刷物を手で下から上に動かしてるみたいです。

ギラ粒やチラつきも無く、コレじゃ目の疲れ様がありません!

発色(sRGB 95%)・最高輝度(320cd)とも充分ですが、
惜しいかな動画みるにはコントラスト低めです。(LG製パネル)


拝見した個体に載ってたのはAUO製パネルで
発色・最高輝度・コントラストいずれも悪くなく(sRGB 89%、290cd)、
目も疲れ難いと感じました(ギラ粒なく輝度下げてもチラつかない)。

しかし汎用パネルですし昨年モデルが酷かった事を思えば、
現時点で全数が良品とは断言できません

ラインナップ各モデルの特徴ですが、
インテル版は上位から

クリエイター=4K液晶+GTX 1660Tiの全部入り(14万)

パフォーマンス=①を144Hz液晶へ。シューティングゲームならコレ!(13.2万)

スタンダードプラス=②をGTX 1650へ。144Hz効果はスクロールに限定(11.6万)

スタンダード6コアi7最安級。HDDやモニタの外付を許容できる人向け(10.4万)

ベーシック=更新処理さえもたつく。敷居を低く見せる以外に存在価値なし(8.8万)

AMD版(冷却ファンは同様に2基だが配置はインテル版と違う)上位から

パフォーマンス=③をRyzen 7へ。後述するが砂上の楼閣(14万)

スタンダードプラス=デュアル・ストレージ+4GBグラフィックの端くれ(11.5万)

スタンダード=4GBグラフィック載った「骨格」。改造は自己責任で(10万)

って感じです。(価格はそれぞれ、最小構成の税抜)

【その他、特徴】

〇キータッチもストローク1.5ミリで違和感なし

〇大型TVに4K@60Hz出力できるHDMI 2.0ポート有

〇SDスロットもフルサイズ

【短所・注意点】

×AMD版は無線LANが蟹製。無線子機いらんルータ探しの旅に出ろってかw
(インテル版の我が国向けはインテル2×2確定で安心)

△AMD版はUSB 3.1のフルサイズが1つしかない
(Thunderbolt 3はインテル版も無し)

△DVDドライブ非搭載

△4Kモデルはグラフィック立派すぎ、200Wアダプタが場所とる
能力や容量は電気代に直結しないので、欠点は↑だけ)

△動画の書き出しやゲームは膝上厳禁
(i7+1660Tiで高負荷連続だと底面奥53℃になる事も)

机の掃除は埃が目立ってからじゃ遅い
(コレに限らずゲーミングノートの多くは、吸気メッシュ粗い事で冷却が成立)

4K視聴や動画のカット編集、コマ補間、モザイク破解(笑)など
世界観すら変わる体験は、快適にこなすPCを選びます

しかし、いきなりタワー(鉄板はコチラ)じゃ大袈裟ですし、
ノートで静音・排熱・防塵まで兼ね備えてるThinkPad Pシリーズなんか
お値段3倍もしますから、このPavilion Gamingが
とりあえず手頃な機種である事は疑う余地ありません

詳細画像、最新価格はコチラ(HP公式インテル版ページへ)
icon

dynabook SシリーズFHD液晶モデルの長所・短所

Posted 2019年11月12日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

◎お勧め構成が何と、直販7.5万円~の価格破壊モバイル
(13.3型。i3+メモリ8GB+SSD 256GBって構成えらべるのがデカい)

◎直販SZのLバッテリモデルならJEITA 2.0で19時間持ち&本体1.2kg弱

◎画面も一覧性、視認性、発色まで抜かり無い非光沢IGZOパネル
(13.3″共通だが、一覧性と視認性の「両立」は設定や視力に依存)

◎キータッチもストローク1.5ミリと違和感なし

◎26方向76cm落下テストなど米軍規格もクリア
(キーボード防滴はレッツノートすら上回る安心感)

ラインナップ多いので最初に結論から申しますと、
道具としてなら以下①③以外は忘れて下さい。(理由は記事最後の方)

実際のラインナップは直販SZ73 フルHDモデルがメモリ8GB+黒のみで、

①Core i5+256GB SSD+Lバッテリ(8.6万)←無難な入門機!
②Core i5+256GB SSD+Sバッテリ(投稿時点で選択不可)
Core i3+256GB SSD+Lバッテリ(7.5万)←モバイル専用にお勧め!
④Core i5+256GB SSD+Sバッテリ+Win 10 Pro(8.7万)
⑤Core i3+128GB SSD+Sバッテリ+Win 10 Pro(6.8万)

となっており、全てでOffice有無えらべて無駄がありません。
(価格はそれぞれ無料会員のOffice、税別)

店頭で買えるS6、S3は
いずれも256GB SSD+Sバッテリ+Office付属で赤・青えらべ、

Core i5+メモリ8GB(S6)
⑦Celeron+メモリ4GB(S3)

です。どの道、プラスティック筐体かつ底面黒なので
安っぽさが潔い黒一色のが実物は好印象でした。

廉価モバイルって事で内蔵ストレージ容量も控えめですが、
microSDスロット有りますし
東芝ポータブルHDDはノート内蔵にゃ戻れん程の遮音性なので、
それらで補いましょう。

【その他、特徴】

〇このPCにはアンテナ繋がず、AQUOS連携でTVも見れる

〇指紋センサー搭載

使い方の相談が5年間無料

【短所・注意点】

△天板込み2cm弱って薄さは刺激に欠ける

△USBはフルサイズ×2+Type-C×1だがThunderbolt 3無し
(かと言って他社13.3型も、使い倒せる程のメイン適性ないが)

△HD液晶モデルは一覧性、発色、本体重量、バッテリ持ち全てでフルHDに劣る
(だからこの記事が、FHD以外を無視したタイトルになってる訳で)

バッテリはL⇒Sで容量半減だが、本体の減量は僅か90グラム

S6、S3は筐体が重いので直販SZのLバッテリモデルからだと80グラムしか減りません。
Sバッテリじゃ実際には7時間キツイですし、充電を繰り返せば更に劣化しますから、
Lバッテリの上記①③以外はカタログ飾るだけの当て馬と言われても仕方ありません。

そもそも今時のモバイルがバッテリ交換を修理扱い(つまり内蔵式)にしてる理由は
薄型バッテリは取り扱い自体が危険だからです。
メモリ増設作業バッテリ取り外しを伴いますのでメーカー送りが賢明でして、
4GB地雷(WEBブラウズにもモッサリ)の⑦S3はその点でも割高です。

△直販は無料会員登録⇒ログインで表示価格が暴落する

日系のPCメーカーでBIOSまで責任もって自社制作してるのは
dyna以外じゃ、今やPana有るのみです。

コレで安定動作するにせよ、Panaは値段が上記③の4倍とかしますから
①③の価格破壊ぶりは
ノートPC世に送り出したdynaブランドの使命感がなせる業でしょう。

詳細画像、最新価格はコチラ↓(dyna公式へ)

dynabook SZ73/N

dynabook Zシリーズの長所・短所

Posted 2019年11月9日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

相反要素を両立し、コスパも悪くないオトナ向けモバイルです。具体的には

15.6型ながら本体わずか1.4kg薄さ1.76cmでカタログ駆動19時間

◎抜群の視認性、発色・コントラストも揃った非光沢IGZO画面

◎テンキー非搭載ゆえホームポジションで画面を直視できるのもGood

◎キータッチもストローク1.5ミリで違和感なし

◎底面にHarman Kardonスピーカー搭載。机に反響して大迫力

丈夫さはドイツ認証機関が、経年劣化し難さは高加速寿命試験が実証済
(キーボードも防滴仕様で安心)

ラインナップは直販ZZ75がOffice有無えらべて上位から

①Core i7+メモリ16GB+1TB SSD+32GB Optane(19.2万)
②Core i7+メモリ16GB+512GB SSD(17.9万)
③Core i5+メモリ8GB+256GB(14.1万)←基本的にコレ一択!
(価格はそれぞれ無料会員のOffice、税別)

店頭モデルがOffice付属のみで上位から

Z8:Core i7+メモリ16GB+512GB SSD+32GB Optane
Z7:Core i5+メモリ8GB+256GB SSD(コレだけ顔認証なく指紋のみ)

となってます。Zシリーズは画面の画素数も一般的(FHD)ですし
外付も4K@60Hz非サポートなのでメモリは8GBありゃ充分です。

上記③は内蔵ストレージこそ少な目に見えますが、
microSDスロットありますしモバイルとしてなら標準的です。

私は東芝ポータブルHDDの4TBを1万円ちょっとで購入し使ってますが、
配線はUSB1本だけですし
ファイル書き込み時に微かなカリカリ音ある以外は無音と言って良く、
空調きった秋の夜長だとHDD内蔵ノートにゃ戻れん程の静けさです。

【その他、特徴】

〇筐体は実用金属で最も軽いマグネシウム製

〇このPCにはアンテナ繋がず、AQUOS連携でTVも見れる

〇(Z7以外、)認証は顔と指紋の2通り

〇WEBカメラは使わん時、シャッターで覆える

〇USBはフルサイズ3.0とThunderbolt 3(電源兼用)が2つずつ

〇このPCへの充電はモバイル・バッテリからも可能

〇CyberLink社の動画編集アプリ付属

使い方の相談が5年間無料

dynabook、レッツノート、ThinkPadの動作が安定してるのは
偶然じゃありません。BIOSまで責任もって自社で書いてる
数少ないメーカーが、(私の知る限り)この3ブランドだからです。

データ管理するPCお探しなら余程、PCに詳しい方以外は
この3つから選んどきゃ間違いありません

【短所・注意点】

△モバイルじゃ当たり前だが、DVDドライブ非搭載かつバッテリ内蔵式

△直販は無料会員登録⇒ログインで表示価格が暴落する

13.3や14型でフルHDの100%表示が苦にならない私みたいな小便小僧ですと
フルHDのまま15.6に大画面化されても作業性の向上は見込めませんから、
ストレージ増量しか旨味ない上記①②やZ8では割高感が否めません。

しかしフルHDの一覧性が
15.6でやっと実用域に入る人は寧ろ多数派でしょうし、
モバイルとなると現状、このZシリーズあるのみです。

ココ数年6~10月の午後は
毎日、落雷が気になってデスクトップじゃ集中できん!
って新たな需要も出て来ました。

頼もしいバッテリ持ちに加え、
コスパにも優れる③なら広く万人ウケしそうです。

詳細画像、最新価格はコチラ↓(dyna公式へ)

dynabook ZZ75/L