①液晶が綺麗なノート Archive

ThinkPad L390 Yogaの長所・短所

Posted 2019年2月21日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

①13.3型で360°回転ヒンジ採用の4スタイルPC

②表示品質、使い勝手、頑丈さは犠牲にしない廉価版

筆圧まで検知する専用ペンをPC本体に収納⇒ペン自動充電

④ThinkPadの優れた操作性もそのまんま

⑤成人男性が誤って靴で踏んでも壊れない天板

⑥当サイト左欄クーポンで税込10万円ちょっと~(投稿時)

補足して行きますと表示品質はX380と同等レベルに感じました。
タッチガラスの厚み判らないのは勿論、
白背景のアプリなら映り込みも気にならず、作業に集中できます

評価機は最高輝度310カンデラ+コントラスト良好で見易く、
ギラ粒ないので特に目も疲れなかったです。
色域もsRGB比95%と優秀でした。

頑丈さの⑤ですが、
この機種も米軍規格は余裕でクリアしています。

13.3型の変形ノートでこの辺を追及すると
途端にコストや重量に跳ね返ってくるので
普通はテキトーに妥協する訳ですが、
このL390 Yogaなら誰に持たせても壊さんだろうなー
って安心感はあります。

低価格帯にはENVY 13 x360の様なAMDプロセッサ採用もありますが
インテル勢に比べてWi-Fi感度が極端に劣る事が殆どなので、
幾ら安くても自分じゃ買いません(笑)

【その他、特徴】

〇JEITA 2.0カタログ値で12.1時間のバッテリ持ち
(65WのUSB-Cアダプタなら1時間で0⇒80%まで急速充電可)

〇冷却ファンは、Core i5-8265U搭載でも全域で静か

〇スピーカーも2W×2と、音量は充分

〇指紋センサー搭載可

〇外付モニタへは、メモリ8GB以上+USB-C経由で4K@60Hz出力可

【短所・注意点】

×持ち「歩き」や仰向けラッコ使いでズッシリくる本体1.56kg

アルミ+マグネシウム製の天板をノートとして閉じて
本体薄さ1.88センチって所は違和感ないですが、
強度と低コストまで追い求めた為、底面の強化プラが肉厚です。

画面サイズ同じでカーボン筐体なX380に比べ、
本体幅も1センチ近く大きいです。

X380X1Yと違って、裏返したキーボードが平らになる仕掛け無し

×USB 3.1はフルサイズとType-Cが2つずつだがThunderbolt 3無し

【直販でのお勧めカスタマイズ】

この機種の存在意義はXシリーズ Yogaより安い事が全てなので、
ご検討すべきスタートラインは

Core i3+メモリ8GB(4+4)+SSD 128GB

となります。

この内「プロセッサー」はX380同様に
Core i5-82xxU構成のベンチマークすら頭打ち感あるので、
i3のままで良いでしょう。


設計上の制約が多い4スタイルPCで13.3型以下だとぶっちゃけ、
第8世代4コアの排熱を克服してる機種は見当たりません。

ですから動画編集を頻繁にやるご予定のPCお探しなら
筐体サイズ大きくするか、4スタイル変形やめるかの2択です。

バッテリ持ちについても例えば同社E490なんか、
同等構成でi3(2コア)⇒i5以上(4コア)としたカタログ値
3割も減ってます

i3と言っても8145UならTBもしますし、殆どのベンチマークで
2年前の薄型ノート定番ハイエンドだったi7-7500U上回りますから、
モバイルにコレ以上を求める事自体がナンセンスです。

「ソリッドステート・・」は128GBとそれ以上の容量で
使い倒した時の体感ちがいますし、バッテリ内蔵PCは
ストレージ交換するにも手数が多いですから、
256GBへランクアップしてのご注文は無駄にゃなりません
(NVMeかSATAかは、お好きにどうぞw)

カスタマイズして価格を見る(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)

VAIO SX14の長所・短所

Posted 2019年2月16日 By Takao Matsushita

(天板+キーボード周りのカラバリは、黒や銀もあります)

【この機種の立ち位置】

14型なのに、ほぼ1kgしかない大画面モバイル

作業に集中できる非光沢IPS画面。発色も良好

③SIMフリーのLTE選択可(LTE⇔Wi-Fiも自動切替可)

④PD対応モバイルバッテリからの充電も実用的

⑤SONY看板に頼らない頑丈設計

⑥組み立てから検品までを国内で行うMade in Japanモデル

⑦落下・水濡れ対応で補償上限・免責なしの3年保証が1万円
(ソニーストア<3年ワイド>。VAIOストアは本体価格に含まれる)

この機種は4K、フルHDともsRGBに迫る色再現性(97%)ですが、
フルHDの方は明るめの部屋だと輝度最高(260カンデラ)で
使う事になると思いますので当然、チラつきませんし
ギラ粒も無いので目が疲れ難いのも特徴です。

一方、4Kの最高輝度は現行ノートじゃベスト10に入る明るさで
フルHD再生だろうとコチラのが綺麗に見えます。
ただし僅かにギラ粒ありますから目の疲れには影響するでしょう。 Read the remainder of this entry »

Surface Pro 6の長所・短所

Posted 2018年12月23日 By Takao Matsushita

(今季は本体カラバリとして、マットブラック追加)

【この機種の立ち位置】

◎Windows大型更新が待ち遠しくなるマイクロソフト純正タブレット

◎机+15°まで寝かせられる背面スタンド搭載

◎背面A4判に収まってWEB閲覧も捗る横縦比3:2画面

12.3型なのでノートスタイルだと200%表示で使うのが一般的と思われますが、
それだと視認性15.6型フルHDの100%設定より文字などが大きい
と一覧性(1,368×912px相当。複数ウインドウの左右配置には不足)
の両立は勿論、縦横2倍画素で表現するので文字やサムネがメッチャ綺麗です。

発色は色域(sRGB比90%以上)、コントラストとも良好です。
最高輝度400カンデラ級なので明るい部屋でも見易いです。
ギラ粒こそ無いですが下げた輝度によっては多少チラつくので
暗い所じゃ目は疲れるかも知れません。(LG製パネル)

◎4,096段階の筆圧と傾きまで検知するペン別売(遅延も僅か21ミリ秒)

ラインナップは上位から

・Core i7+メモリ16GB+SSD 1TB(29万円)
・Core i7+メモリ16GB+SSD 512GB(24.3万円)
・Core i7+メモリ8GB+SSD 256GB(19.5万円)←ホームノート代替の最低線

以上が冷却ファン搭載。以下がファン無し~

・Core i5+メモリ8GB+SSD 256GB(15万円)←モバイル専用なら充分
・Core i5+メモリ8GB+SSD 128GB(13万円)←データはMicroSDへ

今季はメモリ少ない地雷モデルが無くなった代わりに
Win 10 Home+Office H&Bとなりました。

搭載されるCore iは全て4コアですが、
背面温度を40℃ちょっとに収める為、
高負荷つづくとファン無しのi5モデルじゃ
4分程で低発熱運転へと切り替わってしまいます

なので動画を任意の場所でカット編集したいなら、
ファン有でベンチマークも良好なCore i7モデルに限ります。

ファン付いてても低負荷じゃ存在感は皆無ですし、
逆にファン無しモデルも自然循環用の通気口から埃は吸い込みますから
補助的ファンなら無いより有るに越した事ないからです。
(重量増14グラム。20万ださんとファンも付けてくれん殿様商売w

【その他、特徴】

〇12時間前後のバッテリ持ち(i5モデルによるBBench)

〇マグネシウム筐体で薄さ8.5ミリ

〇本体にフルサイズのUSB 3.0有
(電源端子は別売ドックとの接続にも使える)

〇カバー兼用キーボード(別売)とは端子接続で入力が確実。パームは人工皮革

【短所・注意点】

△本体770グラム~と、片手で持って使うには重すぎる

コレには500グラム台が限度でしょう。背面塗装は滑り難いものの、
重いと落とす確率は増えますから。キーボードを支えに出来るノートと違って
仰向け使用(ラッコスタイル)もやり難いです。

ノートとしての使い出しも、カバー⇒スタンドと2か所を開くので面倒

×本体にThunderbolt 3どころかUSB-Cすらも無し
(数年後には、コレ理由に買い替えられるPCは多いハズ)

△本体にあるディスプレイ端子もMini DisplayPortのみ

△お客さま対応も日本市場に合わせる気配なし

Surfaceに限らず北米市場では
短期間の使用なら返品可能とするサービス体制は多いのですが、
返品⇒再検品するにせよ、新品として還流しない方が不自然です。
(すなわち北米では、新品の定義が日本と違う

まとめると背面スタンド型であるメリットは

・キャンバススタイルでの安定感
・立てて使う時の放熱性(ファン使わずとも熱が上へ抜ける)

が挙げられます。

逆にコンテンツ消費が主でリラックスして使いたい用には
スタンド付より4スタイルPCが向いてます

作文が苦手で提灯記事が書けたか不安(笑)ですが一応、
↓マイクロソフト公式の商品ページ↓をご案内して終わります。

新Surface Pro 6