④頑丈ノート Archive

ThinkPad X1 Yoga(2017)の長所・短所

Posted 2017年4月21日 By Takao Matsushita

(筐体カラバリは黒・銀です)

【この機種の立ち位置】

ディスプレイ180°以上開くと全てのキー凸沈下する「完全な4スタイルPC」

◎大画面モバイルとしても驚異のバランス
(14型で1.4kg前後。閉じて約17ミリと薄型なのに米軍規格の頑丈設計)

◎選べるディスプレイは全て低反射処理を謳い(実際は半光沢)、

サムネイル綺麗多用途に使えるWQHD(縦1,440px)IPS
動画が綺麗なWQHD有機EL(OLED。逆に事務作業中心だと焼き付き心配)
③100%表示で常用できてキャプチャ捗るFHD(縦1,080px) IPS

筆圧を検知するペン付属
(紙に近い擦れ具合を実現したペン先。ペン充電も本体への収納で完了)

LTE選択可(Micro SIM)

◎全モデル10時間を遥かに超えるバッテリ持ち
(JEITA 2.0。65Wアダプタ選べば1時間で0⇒80%まで急速充電可)

◎USB端子はフルサイズ3.0×3+Thunderbolt 3×2と異常なまでの充実ぶり
(ただしThunderboltは充電端子兼用)

【その他、特徴】

〇ThinkPad共通だがキータッチやポインタ操作にも優れる

〇指紋センサーはタッチ式で認証がスムーズ

【短所・注意点】

△画面②の有機ELは勿論だが、それ以外も最高輝度270カンデラと野外は苦手

△注文後のメモリ変更不可

△SDスロットがMicro

△現行WiGigドックは騒音が大きく感じるかも

詳細画像、最新価格はコチラ(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)

HP Pro x2 612 G2の長所・短所

Posted 2017年4月16日 By Takao Matsushita

(「法人のお客様」向けですが普通に個人購入可)

【この機種の立ち位置】

水平近くまで画面を寝かせられる背面スタンド付12型タブレット

◎回転部品なく騒音も殆ど無し
(メモリ8GBモデルをモバイル用途で使うなら、応答性も問題なし)

一覧性に優れる1,920×1,280px(3:2)画面(光沢IPS)

◎2,048段階の筆圧を検知するペン付属
(紙に近い摩擦感で、添えた手に反応しない「パームリジェクション」機能も有)

【その他、特徴】

〇バッテリ持ち7.3時間(JEITA 2.0)

〇指紋センサーは、素早く使えるタッチ式

〇付属キーボードはカバー兼用ながらストローク1.5ミリ、バックライト搭載の本格派

〇タブレット本体にフルサイズUSB 3.0+USB 3.1 Type-C(本体へ充電可)

〇ドッキングステーション等オプション多数

【短所・注意点】

×米軍規格の頑丈設計が災いしてか12型なのに背面A4判に収まらない
(画面枠が太過ぎ。タブレット本体の薄さは9.1ミリ)

△タブレット単体850グラムなので、そもそも片手で持って使う用じゃない

△せっかくSIMフリー選べるのにLTE非対応

△画面解像度たかいだけにメモリ4GBモデルは時々もたつく

詳細画像、最新価格はコチラ(HP公式ページへ)
icon

HP EliteBook 725 G4の長所・短所

Posted 2017年4月16日 By Takao Matsushita

(「法人のお客様」向けですが普通に個人購入可)

【この機種の立ち位置】

◎設置面積がA4判に収まってAMDプロセッサ採用の廉価モバイル
(12.5型。1.26kg)

排熱・静音性が優秀で、モバイル用途なら応答性も問題なし
(標準でSSD 256GB(M.2))

最大9.75時間のバッテリ持ち(カタログ値)

◎キーボードのホームポジションでマウス操作できるポイントスティック有
(ThinkPadと違ってスクロールボタン無いが)

【その他、特徴】

〇USB 3.0×2+USB Type-C

〇帰宅後は電源や周辺機器に一発接続できるドッキングステーション(別売)

〇最終組み立て、サポート共に日本国内なので安心

【短所・注意点】

×画面の視認性(非光沢だが角度調整シビアなTN)、一覧性(縦768px)はイマイチ

詳細画像、最新価格はコチラ(HP公式ページへ)
icon