au Archive

au BASIO3 KYV43の長所・短所

Posted 2018年1月21日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

◎使い方動画や操作練習アプリなど装備する初心者向けの18春スマホ
5型フルHD画面。京セラ製)

聞こえ易さナンバー1の通話音質
(画面全体を受話口に使うスマートソニックレシーバー+VoLTE対応)

大きめバッテリ(2,940mAh)

【その他、特徴】

〇画面下に電話、ホーム、メールの物理ボタン

〇背面カメラのカバーをスライドして開ければアプリも起動

〇応答性も、ライトユースならストレス無し
(スナドラ430+メモリ3GB+ストレージ32GB)

〇充電用クレードル同梱

【短所・注意点】

△スライドするカバー等あって仕方ないが、本体厚さ9.9-10.1ミリ

×LTE下りが最大でも150Mbps

×おサイフケータイ無し

タッチパネル操作へらそうって設計思想が貫かれてるので、
Androidケータイよか寧ろ使い易いんじゃないでしょうか?

ぶっちゃけ話、機種の紹介サイトなんつーのは
高価なゲームPC売れて初めてサイト運営なり立つ訳ですが、
ゲームに読者の人生無駄使いさせてまで生き残ろうとはワタしゃ思いません。

全く食い扶持にならんBASIO3等の記事を私が優先して書いてく理由は、
初心者スマホでもBASIO3なら11ac無線LANにまで対応してますし、
シニア層(=投票所に足を運んでくれる)がYouTube等みて
偏向報道から解放されてく事のが世の中的に重要だからです。

AQUOS R compactの長所・短所

Posted 2018年1月21日 By Takao Matsushita

(カラバリはそれぞれ白・黒も。auの方が塗装の艶は控えめ)

【この機種の立ち位置】

◎3辺狭額縁+上部カメラ搭載で片手操作し易い18春スマホ
(au、ソフトバンクの正確には17冬)

画面は上角が丸く、カメラの切り欠きもありますが
公称4.9型2,032×1,080px画面です。

本体6.6センチiPhone 8(4.7型)より小さく
Xperia XZ1 Compact(4.6型、ドコモ)より1ミリ大きいだけです。
本体重量140グラムそれらを下回る軽さです。

◎画面はスクロール滑らかなハイスピードIGZO

120Hzと一般的な60Hzをアプリごとに設定して節電も可能です。
切り欠き画面のiPhone Xと違って、
こっちは有機ELじゃないので野外でも見易いです。

◎画面下の指紋センサーでナビキー操作が可能。画面を広く使える
(タップでホーム、右スワイプで戻る、左スワイプでマルチタスク)

◎背面・自撮りの両カメラに広角レンズ採用

自撮りカメラを画面上に置くメリットとしては
小顔に見え易いってのがあります。自撮り写真には
画面をフラッシュとして使えますし、
小顔・美肌へのソフトウェア補正も自動です。

【その他、特徴】

〇応答性も、ゲームやらなきゃハイエンドと変わらない
(スナドラ660+メモリ3GB+ストレージ32GB+バッテリ2,500mAh)

〇LTE下り理論値はau版が429Mbps、ソフトバンク版が428Mbps

〇高音質Bluetoothのapt-X HDに対応

〇ロック画面で電源おすと壁紙が切り替わる「ロックフォトシャッフル」

〇シャープ端末なので持つだけで画面ONとか「エモパー」とも喋れる
(「のぞき見ブロック」機能も)

〇最初からAndroid 8.0採用で安心
(発売後2年間のAndroid更新にも対応予定)

【短所・注意点】

△薄さ9.6ミリは凡庸

×赤外線の機能なし

公称4.9型ですが、無理なく使える長方形の領域は4.7型辺りと変わりません
なのでこの機種は最初から5型付近で探してる人だと損した気分ですが、
4.7型以下で探してる人なら余白部分にまで広がってる液晶に
付加価値を感じるハズです。

スペック鵜呑みにするとミスマッチになる機種って訳ですが、
当サイトではスマホ同様、PC探す場合にも
「その機種を必要としてる人に紹介もれが無いデータベース登録」を心掛けます。

AQUOS senseの長所・短所

Posted 2018年1月15日 By Takao Matsushita

(↑ドコモ)

(↑au。カラバリはそれぞれ白・黒もあります)

【この機種の立ち位置】

5型フルHD画面で電池持ち最強の18春スマホ
(ドコモ、au。IGZO画面+2,700mAh)

◎本体148グラム、背面マットで持ち易い
(持つだけで画面ON)

◎ライトユースなら応答性に不満なし。ドコモwithプラン対象じゃ貴重
(スナドラ430+メモリ3GB+ストレージ32GB)

◎本体3万円前後

【その他、特徴】

〇ロック画面で電源おすと壁紙が切り替わる「ロックフォトシャッフル」

〇「のぞき見ブロック」機能

〇「エモパー」とも喋れる

〇発売後2年間のAndroid更新に対応予定

〇画面下に指紋センサー。ドコモ版は本体と同色で違和感なし

【短所・注意点】

×カメラの手ブレ補正が甘い
(背面F2.2も今時、凡庸)

×LTEが下り最大150Mbps止まり。無線LANも11a非対応

×TVチューナと赤外線の機能なし