docomo Archive

らくらくスマートフォン me F-03Kの長所・短所

Posted 2018年1月21日 By Takao Matsushita

(背面カラバリは黒もあります)

【この機種の立ち位置】

片手で操作し易い4.5型HD画面のシンプルスマホ
(ドコモ18春。ケータイからの乗り換え理由となり得るVoLTE対応)

◎月々が安くなるdocomo withプラン対象機種

◎迷惑メール判定機能(迷惑電話対策機能も)

【その他、特徴】

〇カメラは背面F2.0、自撮りF2.4とまあまあ
(F値は小さい程、明るく撮れる)

〇バッテリ容量2,100mAhもバランス的には悪くない

【短所・注意点】

×応答がワンテンポ遅れるメモリ2GB
(内蔵ストレージも16GB)

×有機ELなので野外での視認性はイマイチ

×スマホで指紋センサー無しはロック解除の度に後悔

×薄さ9.9ミリも凡庸

×LTE下りも最大150Mbps

×赤外線の機能なし

ドコモwithは本体割引ない代わりに
使い続ける限り月々が安くなるってプランなので、
2年以上使わないと元が取れません

しかし今時、メモリ2GBの機種を2年以上使うとしたら
罰ゲーにも程があります。初心者さんは応答まつ間が不安なので
ワンテンポ遅れる機種じゃ誰にだって不向きです。

幸い「使い続けて安くなる」のは機種じゃなくSIMカードの方なので
この機種のwithプラン契約者はぶっちゃけ、
SIMフリースマホに転載して使う「確信犯」のが多いかも・・

SIMフリースマホは2重待ち受けに加えて防水機種も増えて来ましたから
いよいよ普及しそうです。

MONO MO-01Kの長所・短所

Posted 2018年1月21日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

5型HD画面でdocomo withプラン対象の格安スマホ

ZTE製ですがドコモが設計依頼から関わってますので
防水だったりストラップ穴まで付いてます。
応答性に癖ありませんしVoLTEにも対応します。
(スナドラ435+メモリ3GB+ストレージ32GB)

◎バランス的に大容量な2,800mAhバッテリ

◎画面だけじゃなく背面にも強化ガラスDragontrail採用
(本体2万円台中盤に見えない高級感)

【その他、特徴】

〇マナーモード切替の側面スイッチ等、操作も解り易い
(前機種MO-01Jと違って切り替えもカッチリ)

【短所・注意点】

×スマホだと今時、指紋センサー無しは地味に痛い

×LTEが下り最大150Mbps止まり。無線LANも11a非対応

×おサイフケータイ、赤外線、TVチューナといった機能なし

AQUOS senseの長所・短所

Posted 2018年1月15日 By Takao Matsushita

(↑ドコモ)

(↑au。カラバリはそれぞれ白・黒もあります)

【この機種の立ち位置】

5型フルHD画面で電池持ち最強の18春スマホ
(ドコモ、au。IGZO画面+2,700mAh)

◎本体148グラム、背面マットで持ち易い
(持つだけで画面ON)

◎ライトユースなら応答性に不満なし。ドコモwithプラン対象じゃ貴重
(スナドラ430+メモリ3GB+ストレージ32GB)

◎本体3万円前後

【その他、特徴】

〇ロック画面で電源おすと壁紙が切り替わる「ロックフォトシャッフル」

〇「のぞき見ブロック」機能

〇「エモパー」とも喋れる

〇発売後2年間のAndroid更新に対応予定

〇画面下に指紋センサー。ドコモ版は本体と同色で違和感なし

【短所・注意点】

×カメラの手ブレ補正が甘い
(背面F2.2も今時、凡庸)

×LTEが下り最大150Mbps止まり。無線LANも11a非対応

×TVチューナと赤外線の機能なし