docomo Archive

arrows Be F-05Jの長所・短所

Posted 2017年7月4日 By Takao Matsushita

(カラバリの白と黒は、画面枠も同色です)

【この機種の立ち位置】

5型HD画面の初心者向けスマホ。ドコモ17夏モデル

付属SIM使い続ける限り1,500円引/月のdocomo withプラン対象機種

プラン加入にはパケットパック等ご契約も条件となります。
代わりに2,000円×24ヶ月の月々サポートありませんから、
少なくとも付属SIMを30ヶ月以上使い続けなきゃ逆に割高です。

コンクリへの1.5m落下試験+お風呂でも使える防水

その他、多数の米軍規格もクリアします。
表面も傷つき難い塗装ですし、手袋したままの操作にも対応します。

◎底々軽量・薄型で、バッテリ持ち良好+VoLTE対応なので電話として遜色なし
(本体141グラム、薄さ7.8ミリ。バッテリ2,580mAhだが何せ、電気食い要素なし)

【その他、特徴】

〇カメラも底々明るく撮れるF値2.0

〇格納式TVアンテナ(残念ながらフルセグには非対応)

【短所・注意点】

×情報端末としては、ワンテンポ遅れる応答性
(1.2GHzクアッド+メモリ2GB+ストレージ16GB)

×LTEも下り最大150Mbps止まり

×赤外線の機能なし

×今時、指紋センサー無しも、ちとキツイ

とりあえず、スマホからの乗り換え組には不適格な機種です。
まぁ出先でPC使うなら、間にどんなスマホかます(テザリング)より
最初からSIMフリーのPC選んだ方が通信は高速ですからねぇ。

当サイトは、用途を選んでくだけで主要メーカー全機種から
最適PCも絞り込めます
が、SIMフリー選べるノートには
目立つ様に記載してますから参考になるハズです。

AQUOS Rの長所・短所

Posted 2017年7月3日 By Takao Matsushita

(カラバリは各社、白・黒もあります)

【この機種の立ち位置】

5.3型の割にコンパクト筐体な17夏スマホ(ドコモ、au、ソフバン)

◎画面は指に吸い付く、滑らかスクロール。静止画も高精細
(120Hz駆動+2,560×1,440px)

リコーGR認定のカメラ画質(背面。明るく撮れるF1.9)

◎通信速度も各キャリア最速。ドコモ版の理論値は固定回線に迫る788Mbps

◎駆動スペック、タッチ感度まで、今期スマホ最強クラス
(スナドラ835+メモリ4GB+ストレージ64GB)

◎バッテリ持ちも悪くない(IGZO+3,160mAh)

【その他、特徴】

〇テーブルから持ち上げ易く、握り易い側面形状(本体169グラム)

〇画面下にタッチ式の指紋センサー

〇TVはフルセグまで見れる

〇エモパーとも喋れる(これと連動して首振る卓上ホルダがauだと同梱)

〇シャープのスマホは発売後2年間、最新Androidへの更新が確約されてる

【短所・注意点】

×赤外線の機能なし

AQUOS RはハイスピードIGZO等ノートPCの先を行ってる部分もありますが
意外な事に欧米では、タブレットですらノート代替が務まると考える人は居ないそうです。

やっぱキーボードっすかねえ?
って事で私が触ってキータッチ良好と感じたノートはコイツらです。

Xperia XZsの長所・短所

Posted 2017年7月3日 By Takao Matsushita

(カラバリは黒・銀もあります)

【この機種の立ち位置】

5.2型フルHD画面の17夏スマホ(ドコモ、au、ソフバン)

960コマ/秒のスーパースロー撮れるMotion Eyeカメラ

◎本体161グラムは普通だが、性能・バッテリ容量ともに充実
(スナドラ820(4コア)+メモリ4GB+バッテリ2,900mAh)

2年経ってもバッテリ劣化しない「いたわり充電」

生活パターン学習して時間帯によっては満充電もします。
Quick Charge 3.0の急速充電にも対応です。
今の使い方であと何時間バッテリ持つって表示も
Windows以外では珍しい機能です。

◎前モデルXZからカメラ以外の大きな変更なく、安定動作
(が期待できる)

【その他、特徴】

〇通信速度は今季でも速い方。ドコモ版は下り最大500Mbps

〇TVはフルセグまで見れる

〇ソニー機器との連携性

【短所・注意点】

×赤外線の機能なし

△おサイフケータイが画面上なので改札での取り扱い注意
(この辺もXZからの引き継ぎ)

SONYがPC作ってた頃は私も発表の度にワクワクでしたが今や当時と違って、
処理能力や画面品質ともにタワー型+外付モニタに負けてないノートも珍しくありません。

当サイトなら用途を選んでくだけで主要メーカー全機種から最適PCを絞り込めますが、
(動画 or 写真)+事務作業と選択してあれば出てくるノート全て低反射IPS画面ですし、
動画編集を選択してあればタワー並プロセッサも選べますから、
XZsで撮った動画や写真を編集するのに遜色ないノートもきっと見付かるハズです。