HP Spectre x360(2017年11月モデル)の長所・短所

【この機種の立ち位置】

360°回転ヒンジ採用の変形13.3型

◎ボディは削り出しアルミで質感も抜群

表面は梨地で軽い力で持ち易く、指紋汚れも目立ちません。
「ブラック」は煌びやか、
「シルバー」はビジネスシーンでも違和感なく、
選択するボディカラーで印象ガラッと変わるのも特徴です。

画面は光沢の広視野角IPSだが3種類から選べる

画素数はフルHDと4Kの2種ですが、
フルHDで黒筐体なら全ての構成で
覗き見防止機能「Sure View」付も選べます。(F1キーでON/OFF)

◎Microsoft Penの筆圧を1,024段階で検知
(ペン付属しないモデルも全て)

4スピーカー搭載で使用スタイルも選ばない

◎MobileMarkで16.75時間のバッテリ持ち
(ただし4Kは10時間。いずれも30分で0⇒50%まで急速充電可)

理由は後述しますが、
この機種のどの構成えらぶかは
ストレージ容量とカラバリで決めて下さい
一応の基本ラインナップ(カラバリ)は上位から

①Core i7+メモリ16GB+SSD 1TB+ペン付属(
②Core i7+メモリ16GB+SSD 512GB+ペン別売(黒・銀
③Core i5+メモリ8GB+SSD 256GB+ペン別売(黒・銀

となっており、①のみ4K画面かWin10 Pro(排他)で選べます。
(①以外はフルHD+Win10 Home)

あと冬限定との事ですが②③にはローズゴールドも用意され、
この色だけ英語キーボード+ペン付属で②ならWin10 Proも選べます。

【その他、特徴】

〇天板含めて薄さ1.55センチ。重量1.29kg

〇ログインは顔認証でも指紋でもOK。家族と共用でも自分用画面が開く

〇Thunderbolt 3×2(充電兼用)+フルサイズUSB 3.1×1

【短所・注意点】

×キーボードはEnterキー右の1列が邪魔

右列はワンタッチボタンになっており、
ストローク1.3ミリも充分と言えません。同じHPでも
ビジネスモバイルのEliteBook 1020(12.5型)1030(13.3型)
にない欠点ですからコレを個人向けのトレンドにする積りでしょう。

△SDカードスロットがmicro(スマホとは使い回せるが)

液晶の表示品質はフルHD、4K共に大きな欠点は見当たりません。
しかし4Kで動画に立体感でるのは17.3型以上(例えばThinkPad P7x
200%表示で美文字を実感できるのも15.6型が精々ですから、
13.3型のこの機種で4K選んでも(自己満足以外には)
バッテリ持たないだけのお荷物となり兼ねません。
(4Kは多少色域も広いが何せ実駆動はMobileMarkの良くて7掛け)

よってフルHD選ぶとバランス的にみて
Core i5+メモリ8GBで不足する事も無さそうですし、構成は
ストレージ容量とカラバリと価格差で選べば良いって訳です。

変形13.3型は国内メーカーだともっと軽いのもゴロゴロありますが
ご自宅のインテリア負けしない質感となるとこのSpectreに敵いません。

13.3型ならフルHDを100%表示で常用できる人も多く
家でも効率的に使えますし、変形すれば動画はより手元で見れますから
ホームモバイルとしてなら割と王道を行ってるモデルと言えそうです。

見るだけでウットリ!の詳細画像はコチラ(HP公式ページへ)
icon