LAVIE Direct DA(H) 4K液晶モデルの長所・短所

(ワイヤレスのキーボードとマウスが付属します)

【この機種の立ち位置】

◎PCでの4K鑑賞に丁度よい23.8型画面を搭載する一体式PC

画面裏に低発熱パーツ(薄型ノート用プロセッサで電源もACアダプタ式)
を格納し、 無線11ac対応なので電源ケーブル1本から使えてスマートです。
(11acの中でも理論値867Mbpsの高速タイプ)

これより大きい画面を机の上に置くと目の移動距離ふえて疲れますし
逆にノートだと、視力に自信ある私が17.3型つかってても
4K再生時は目を画面から30センチの所まで近付けたくなります。

立体感まで味わえて趣味趣向すら変えてしまいがちな4K動画ですが、
この機種は色再現性も素晴らしく(光沢IPS)、カスタマイズモデルなので
Office有無えらべて無駄もなく、トータル・コスパも意外なほど良好です。

何せ、
4Kである事以外の使い勝手(動画再生の応答速度や60Hz駆動か等)
までマトモな24型以下モニタはいまだ(2017/7時点)10万円近く最低しますし、
4K+60Hz出力させるPC本体も快適動作するのはその位します。

Ultra HD ブルーレイまで再生可←New

スピーカーは大型テレビをも圧倒するヤマハ製ハイレゾ対応

【その他、特徴】

〇4K動画は勿論、軽いゲームにまで対応するIrisグラフィック搭載

同プロセッサ採用のインテル省スペースPC(NUC7i7BNH)は
冷却ファンうるさいですが、この機種は静音性もマトモです。

〇TVチューナ内蔵可(その場合、リモコンも付属)

【短所・注意点】

△所詮は薄型ノート用プロセッサなので動画編集となると時間かかる
(掛かるのは書き出し時間だが)

×SSD選べないので、1日に何度もPCオン/オフする様だと辛い

【お勧めカスタマイズ】

4K+iGPUでメモリの空スロット無いこの機種には
最初からメモリ16GBで注文するのがお得でしょう。

詳細画像、最新価格はコチラ(NEC公式ページへ)
icon