⑦Surface対抗 Archive

HP Pro x2 612 G2の長所・短所

Posted 2017年4月16日 By Takao Matsushita

(「法人のお客様」向けですが普通に個人購入可)

【この機種の立ち位置】

水平近くまで画面を寝かせられる背面スタンド付12型タブレット

◎回転部品なく騒音も殆ど無し
(メモリ8GBモデルをモバイル用途で使うなら、応答性も問題なし)

一覧性に優れる1,920×1,280px(3:2)画面(光沢IPS)

◎2,048段階の筆圧を検知するペン付属
(紙に近い摩擦感で、添えた手に反応しない「パームリジェクション」機能も有)

【その他、特徴】

〇バッテリ持ち7.3時間(JEITA 2.0)

〇指紋センサーは、素早く使えるタッチ式

〇付属キーボードはカバー兼用ながらストローク1.5ミリ、バックライト搭載の本格派

〇タブレット本体にフルサイズUSB 3.0+USB 3.1 Type-C(本体へ充電可)

〇ドッキングステーション等オプション多数

【短所・注意点】

×米軍規格の頑丈設計が災いしてか12型なのに背面A4判に収まらない
(画面枠が太過ぎ。タブレット本体の薄さは9.1ミリ)

△タブレット単体850グラムなので、そもそも片手で持って使う用じゃない

△せっかくSIMフリー選べるのにLTE非対応

△画面解像度たかいだけにメモリ4GBモデルは時々もたつく

詳細画像、最新価格はコチラ(HP公式ページへ)
icon

ThinkPad X1 Tablet(2017)の長所・短所

Posted 2017年4月7日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

A4サイズに収まる12型でスタンド内蔵のタブレット

スタンドは無段階に調整でき、
画面を上下逆にすれば机と水平近い角度で使ってもタッチでグラつきません。

作業が捗る横縦比3:2画面(2,160×1,440px)

画面の短い方の辺を縦とすると、
縦寸は13.3型(16:9)より僅かに大きく、WEBページ等の一覧性に優れます。
逆に横寸は11.6型(16:9)より僅かに小さく、
動画の全画面再生も上限はそのサイズです(上下の表示スペース無駄になる)。

筆圧を検知するペンも選択可

◎冷却ファンレスで騒音なし
(軽作業ならストレス無しのYプロセッサ搭載)

◎メモリは16GBまで、ストレージは1TB SSD(NVMe) まで選べる

LTEも選択可(スロットはNano SIM)

◎タブレット単体で10時間以上のバッテリ持ち(JEITA 2.0)

と、ココまでは割と普通のSurface対抗ですが、この機種が非凡なのは

◎専用キーボード装着でも追加機能が着せ替え出来る「モジュラー設計」

着せ替え出来る機能部品「モジュール」

セカンドバッテリを内蔵し接続端子も増える「プロダクティビティ」
(USB 3.0、フルサイズHDMI、OneLink+ドックポート。別売)

②プロジェクター搭載の「プレゼンター」
(コチラにもフルサイズHDMIポート+簡易バッテリ内蔵。別売)

の現状2種です。非凡な特徴は更に

◎専用キーボードにはホームポジションでマウス操作できる「トラックポイント」

殆どのアプリで横スクロールまで可能です(ThinkPad共通)。
モジュール装着時でもキーボード角度を3段階に調整できます。
X1Tkb

◎タブレット本体の防滴を含め、米軍規格の頑丈設計

【その他、特徴】

○タブレット単体で767グラム、薄さ8.45ミリ
(付属キーボード込で1.07kg、更にモジュール①込でも1.3kg未満)

○モジュール装着時はそこ持てば良いので握り易い

○選べる指紋センサーは、一瞬で認証できるタッチ式

○タブレット本体のUSB端子は、フルサイズ3.0と3.1 Type-Cが1つずつ

○専用キーボードの底面カラバリは黒・赤・銀

【短所・注意点】

△普通のノートとして使うにはトリッキー過ぎる

モジュール無しキーボード水平だと
画面が遠くなり、設置にも奥行きが余分に必要です。

△モジュール装着+固定の仕掛けある分、タブ本体のコンパクトさも犠牲に

△固定ロックがフル装備なのでスタンド出し入れやモジュール脱着は面倒

△タブレットなので当たり前だが注文後のメモリ増設不可
(高精細画面なので、この機種は最低でもメモリ8GB推奨)

△WiGigドック対応も選択できるが、現状ドックは冷却ファン音うるさい

詳細画像、最新価格はコチラ(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)

ASUS TransBook T304UAの長所・短所

Posted 2017年3月26日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

机+10°まで無段階に調整できるスタンドを内蔵する12.6型タブレット

◎背面はA4判にほぼ収まり、画面は作業が捗る横縦比3:2。発色も鮮やか
(2,160×1,440px光沢IPS。色域は映像制作の現場と同じNTSC比72%)

◎1,024段階の筆圧を検知するペン付属

駆動系スペックは薄型ノート相当で、ラインナップは上位から

①Core i7+メモリ16GB+SSD 512GB+Office付属
②Core i5+メモリ8GB+SSD 512GB+Office付属
③Core i5+メモリ8GB+SSD 256GB←コスパ良好
④Core i3+メモリ4GB+SSD 128GB

となってます。
付属キーボードカバーは①~③がバックライト付(キーストローク1.4ミリ)で、
④のみソフトカバー(バックライト無し)です。

信頼度的に①②はオーバースペックぎみで、
逆に④は画面解像度的にメモリ不足が否めません。
(どれか選ぶなら③だと思いますが、③の型番はT304UA-7200)

【その他、特徴】

〇タブレット本体はマグネシウム筐体で薄さ8.85ミリ

〇全モデル8時間以上のバッテリ持ち(タブレット単体のJEITA 2.0)

〇タブレットらしからぬ高音質・大音量のHarman Kardonスピーカー

〇電源ボタンに指紋センサー搭載

〇タブレット側のUSBは、3.1 Type-Cとフルサイズ3.0が1つずつ

【短所・注意点】

△タブレット単体830グラムなので片手で持ったまま使う用じゃない

△そもそも3:2画面は、ASUSが得意とするホビー用途向けじゃない

横長表示で画面縦寸が13.3型ノート(16:9)より大きいのは良いのですが、
長辺が12.1型(16:9)相当なので動画の全画面表示もこのサイズとなります。

詳細画像、最新価格はコチラ(検品が厳格なASUS直販へ)