⑦Surface対抗 Archive

レッツノートQVの長所・短所

Posted 2019年11月17日 By Takao Matsushita

【この機種の立ち位置】

WEBページの一覧性と視認性を両立する省スペース2 in 1です。
具体的には、

①画面は12型で横縦比3:2

②設置面積がA4判に収まり、幅なんか2cmもコンパクト!

③本体900g台、薄さ1.87cm。目立った凸も無く鞄に入れ易い

④純正ペン(独自規格で1万程度)での書き味も悪くない

LTEモデル有

上の表は4つエリアにも分割でき
時計回りにエンタメ性、メインPC適性、作業性、モバイル性
を表します。12項目、4エリアとも対角はほぼ相反要素です。

得意分野の偏るQVですが、キーボード以外は
ビジネス・モバイルらしい傾向が見て取れます。

画面はほぼ光沢ながら最高輝度400カンデラで野外も問題なく
ギラ粒なく輝度下げてチラつかず、目も疲れ難いです。

画面の縦サイズが13.3型ノート(16:9比)より大きいですから、
200%の表示設定ならページ一覧性を確保(1,440×960px相当)したまま
表示サイズも、標準的な据え置きノート(15.6型フルHDの100%設定)
と同レベルです。

200%表示は文字の滑らかさ、サムネ画像のクッキリ感が際立ちますから
実際の視認性は「標準的な据え置きノート」より優れてるとさえ言えます。

QVは場所も取りませんから
書類作業や料理、工作などの横に置いて使うのにコレ以上の適任ありません

【その他、特徴】

〇筐体はマグネシウム製

〇デジカメと使い回せる、microじゃないSDスロットも今や少数派

〇ベンチこそ控えめだが、高負荷連続でも筐体に40℃超える箇所は無し

〇HDMIから大画面テレビへ4K@60Hz出力可

〇認証は顔と指紋の2通り

〇USBはフルサイズ3.0×3+Thunderbolt 3×1

【短所・注意点】

×キーボードのピッチ19×15.2mmと極端に縦狭

ストローク2mmあるだけマシですが、
爪を立て気味にタッチする必要があり
とりあえず、ネイルやってる女性には無理でしょう。

「半角/全角」のキー配置もレッツノートは代々、
14型以上と未満で違う、謎仕様です。

QVもそれ踏襲して「1」キー右上となりますから、
12型レッツ乗り継いでる人には違和感ないでしょうが、
他機種と併用してるとコレが一々イラ付きます。
QVにはキーバックライトも無く、この配置は笑えません。

△バッテリ持ちがJEITA 2.0で10時間ってのもモバイルじゃ短め

結論から言えば「仕方ない」って事ですが、原因は

・歴代レッツにコレ程の薄型ボディ、高精細画面は無い
・薄型あたり前な2 in 1機種に、取り外し式バッテリも珍しい

と消費、容量の両面に不利だからです。

モバイル専用だと性能面が陳腐化し難く、
3年以上使える機種ならバッテリは交換できた方が良い
って良心でしょうから、J値だけの比較はQVに失礼かも知れません。

△特にうるさい訳じゃないが、低負荷時も冷却ファン音あり

PCはファン回し続けた方が、返って省電力だからでしょう。
公共施設なんかで気になる程じゃないですが、
最近のノートは低負荷時ほぼ無音って機種が珍しくないので
上表の評価となりました。

△画面の横サイズは11.6型ノート(16:9比)より小さい
(動画も表示サイズ上限がコレじゃ迫力に欠ける)

×そもそも発色が薄い(sRGB 68%)

Panaが表示品質に優れるパネルも作れる事は確かですし、
私が使ってる17型4KなんかsRGB 99.97%ですが2台ともPana製です。
(Quadroも6GBなんで、ノート本体がPana製なら1台100万は切らんハズ)

しかし省電力との両立となると、どうもIGZOには敵わんらしく、
FHDでJ値24時間のThinkPad T490sや19時間のdyna Z同S
の省電力液晶が発色でも見劣りしないのと対照的です。

△大容量SSD、黒ボディ、落下対応の保証など直販でしか選べない

底面ネジ目立つレッツにシルバーは勘弁w
QVシルバーは画面枠までツートンとか、
黒(すなわち直販)へ誘導したいにも程があるww

カラーコーディネートはPana公式コチラの「カラー 一覧 +」からどうぞ

dynabook DZ83の長所・短所

Posted 2019年3月26日 By Takao Matsushita

(「軽量キーボード」には拡張端子がありません)

【この機種の立ち位置】

背面スタンド付の13.3型タブレット

②タブレット単体ほぼ800グラム。キードック合体でも約1.2kg

③キーボードドック合体だけで電源や周辺機器にも一発接続

④多用途に使える低反射画面

⑤「最も紙に近い書き心地」の血統は伊達じゃない(ペン付属)

⑥満足構成(以下参照)でも128,800円(投稿時)の良心価格

順に補足して行きます。

背面スタンドの角度調整は無段階で、
ディスプレイが机+15°に寝る様なキャンバス・スタイルも可能です。
(キードック接続時はディスプレイ開く最大が120°)

キードックにはフルサイズUSB 3.0×2やHDMI等ありますが
ココで直販サイトのカスタマイズ画面に注意点があります。

インターフェース重視」⇒キードックと「軽量キーボード」の両方が付属
薄型・軽量重視」⇒「軽量キーボード」のみ

なので、本来この行の選択肢はキードックの有無を尋ねるべきでしょう。

画面は広視野角IPSかつ最高350カンデラなので明るい所でも見易く
色再現性(sRGB比91%)やコントラストも問題ありません。(東芝パネル)

【その他、特徴】

〇タブレット単体で薄さ9.1ミリ。キードック重ねても22.1ミリ
(「軽量キーボード」以外はマグネシウム筐体)

〇10時間のバッテリ持ち(JEITA 2.0)

〇顔センサー搭載

【短所・注意点】

△タブレット側の拡張端子はUSB-C(電源兼用)×1とイヤホンのみ

△Uプロセッサだが「動画編集にまで快適」は言い過ぎ

メモリ4GBモデルじゃなきゃタブレット用途の応答性には
問題ありませんが、Core i7でもベンチマーク控えめです。

その代わり騒音は、i7でも低負荷ならほぼ無音ですし
高負荷もうるさくなりません。背面も40℃ちょっとが精々で、
一般的な普段使いには寧ろ、無難です。

【ラインナップ・お勧めモデル】

今時メモリ4GBじゃ、WEB閲覧にも体感差が生じますし、
メモリ8GBありさえすればクリエイターさんも満足できる書き味
かと思いますので結果として、Core i5モデルが一般的じゃないでしょうか?

記事冒頭でご紹介した「満足構成」ってのはそのi5モデルで
キードック有+Win 10 Homeと選択した場合の値段です。
無料会員価格。Office、税別)

SDスロット無いのでローカルに容量が必要な場合に限り、
上位モデルを検討すれば良いでしょう。

一応の全ラインナップは上位から

1TB SSD+i7+メモリ16GB(ドック有でWin 10 Home/Pro)
512GB SSD+i7+メモリ16GB(同上)
・256GB SSD+i7+メモリ8GB(同上)←忘れてイイ
256GB SSD+i5+メモリ8GB(ドック有がHome/Pro、無がHomeのみ)
・128GB SSD+i3+メモリ4GB(ドック有でHomeのみ)←忘れてイイ

となってます。

東芝ダイレクトは無料会員登録⇒ログイン
しないと店頭並に立派な(笑)値段なのでご注意ください。

詳細画像、最新価格はコチラ↓
dynabook DZ83/M

dynabook GZシリーズ FHD液晶モデルの長所・短所

Posted 2019年3月25日 By Takao Matsushita

(黒に近い紺ボディは全構成で選べますが、白は下記を参照して下さい)

【この機種の立ち位置】

①設置面積がA4判から幅1センチ出る程度の13.3型

②GZ63で選べるSバッテリ版なら本体779グラム(9.5時間)

Lバッテリ版なら19時間ものバッテリ持ち
(いずれもJEITA 2.0。L版でも紺が859g、白が+20g)

④バランス半端ない最新鋭のIGZO液晶搭載

⑤スマホ用USB-PDアダプタでも充電可

頑丈規格は米軍とドイツTUVをクリア。経年劣化し難さまで配慮

Surface Pro 6本体に迫る程の軽さなのに
用途を選ばないワイド画面(縦寸だけはSurfaceより僅かに小さい)
かつキーボードから主要端子までフル装備って所は、
ノートPC世に送り出したdynaブランドの意地でしょう。

表示品質は実用性こえてまで尖がった所はありませんが
(FHDでもAdobeRGB比62%)、
色再現性は良好(sRGB比97%)ですし表面処理も絶妙で
白背景アプリなら気付かない程度にハーフグレアです。

結果として白表現に雑味が無く
コントラストも下手な光沢液晶よかクッキリなので、
事務作業から動画鑑賞にまで幅広く使える画面です。

最高輝度400カンデラ級なので明るい所でも見易く
輝度さげてチラつかないので暗い所でも目が疲れ難いです。

しいて弱点あげれば、
下品な動画(笑)だと残像は出易いかなぁー
って程度です。


ズバリ、FHDで採用されるIGZO効果を際立たせるのが目的です。

HD+i3なら
解像度減+コア数減で圧倒的に省電力なハズですが、
最新鋭のIGZO敵に回すと
表示品質は勿論、バッテリ持ちから軽さに至るまで
何らメリット出ませんよーって証明したかった訳です。

お客が間違って買わない様に大して価格差もありませんから
IGZO以外、売る気ないのも明白です。

【その他、特徴】

〇マグネシウム筐体で薄さは天板込1.79センチ

〇ディスプレイが160°近く開くので姿勢も選ばない

〇Core i7搭載でも低負荷時は無音、高負荷も静音

【短所・注意点】

△載せてるCore iにしては、ベンチマーク控えめ

△キータッチも、長文うつにはクリック感イマイチ

同じ型番のCore i、
同じ1.5mmストロークのキーボード、
同じオンキヨーブランドのスピーカー載ってても
割り切りは否めません。

併売されてる13.3型のRZUZも、
伊達に1kg超えてる訳じゃないのです。

△USBはフルサイズ×2+Type-C×1だがThunderbolt 3無し

【FHDのラインナップ・お勧めモデル】

駆動系は最小構成(Core i5+メモリ8GB)でも充分な機種
だとご理解して頂けたと思いますので、選ぶポイントは

ストレージ容量(いざ交換となると、かなりの分解が必要)

内蔵バッテリ
GZ63の「顔認証なし」モデルがSバッテリで、それ以外はLです)

カラバリ(白は下記2つ)

だけですね。一応、ラインナップは上位から

GZ83がi7+メモリ16GBのみで

1TB SSD(紺17.3万)
512GB SSD(紺15.6万、15.7万)

GZ73が256GB SSD+i7のみで

・メモリ16GB(紺14.5万)
・メモリ8GB(紺13.3万)

GZ63が256GB SSD+i5+メモリ8GBで

Lバッテリ(紺12万・12.1万)←一般的にはコレ一択!
Sバッテリ(紺11.4万)←Surface並の軽さ!

となってます。上記値段は全て
Win 10 Home+Office無しの無料会員価格ですが
(税別。正確には末尾800円)、
それぞれでWin 10 ProやOffice有も選べます。

東芝ダイレクトは無料会員登録⇒ログイン
しないと店頭並に立派な(笑)値段なのでご注意ください。

詳細画像、最新価格はコチラ↓
dynabook GZシリーズ