ASUS ZenBook 13 UX331UALの長所・短所

【この機種の立ち位置】

軽量、薄型、頑丈と3拍子そろった13.3型ノートです。具体的には

◎本体985グラム、薄さは天板込1.39センチ

◎マグネシウムアルミ合金ボディで米軍規格の頑丈テストもクリア

画面も多用途に使える
(フルHD非光沢IPSで、発色も一応はsRGB比100%謳う)

【その他、特徴】

〇バッテリ持ち9.6時間
(JEITA 2.0。しかも3倍の充放電回数に耐える長寿命バッテリ

〇使い倒しても遅くなり難いSSD 512GB
(その他、主要構成も過不足ないCore i5-8250U+メモリ8GB)

〇タッチパッドは手の平に反応しないパームリジェクション機能有

〇指紋センサー位置も、UX331以外のZenBookと違ってマトモ

〇USBもポート数は無難(3.1 Type-C×1+フルサイス3.0×2)

〇WPS Office(キングソフト製)付属

【短所・注意点】

△キーボードはバックライト付だがストローク1.4ミリと浅め
(我が国版は日本語配列です)

△排気口が開いたディスプレイ付け根なので、閉じてるとCPU本気でない

△スピーカーはHarman Kardon認定だが所詮は1W×2

△USB-CはGen1で速度控えめ。モニタ出力や充電にも非対応
(HDMIも2.0非対応だし、総じて4K@60Hz出力は無理っぽい)

△SDスロットがmicro

液晶画質やキータッチ、エンコ速度はdynabook UZ63程じゃなく
このUX331UALはデザイン含めて、よりモバイル志向です。
作業用PCを別途お持ちの人には魅力的な1台でしょう。

詳細画像、最新価格はコチラ(梱包まで確実なASUS直販へ)