ThinkPad E490 FHD液晶モデルの長所・短所

【この機種の立ち位置】

日常的に車で持ち運べる大画面モバイルの廉価版(14型)

②画面は視認性に優れる非光沢の広視野角IPSパネル

応答性(SSD)とデータ容量・書き換え耐性(HDD)を両立可

④グラフィックにRadeon(専用メモリ2GBだが)選択可

⑤バッテリ持ちは10.9時間~。Core i3なら何と、15.6時間

⑥安くても米軍規格の頑丈設計で無線LANも無難なインテル選べる

キータッチ、ポインタ操作に優れてるのはThinkPad共通

補足して行きますと、具体的なお値段は
メモリ8GB(4+4)+SSD 256GBの過不足ない構成で7.5万前後~
ってトコですが、Core i3のままFHDやRadeon選べたり、
同等構成ならCore i5(4コア)へも約1万円差と良心的です。

デュアル・ストレージについての③ですが、ThinkPadの様に
リーズナブルにフルカスタマイズ出来ちゃう機種には
そもそも、Optaneなんかお呼びじゃないですね(笑)

視認性の②ですが、
一回り大きい15.6型ノートは一般的にテンキー有って
キーボードのホームポジションは左へ寄りますが、
この14型だと中央で構えられる分、画面の見易さでも
15.6型サイズに必ずしも劣りません

バッテリ持ちの⑤はいずれもFHD液晶モデルのJEITA 2.0測定ですが、
HDD搭載時は2,3割減すると思いますので余り書き換えないなら
HDD代わりにご自分で2.5インチSSD追加すれば、
安価にデータ容量とバッテリ持ちまでは両立を図れます。

【その他、特徴】

〇外部モニタへは、メモリ8GB以上+Type-C経由で4K@60Hz出力可

〇65Wアダプタなら1時間で0⇒80%まで急速充電可
(ポータブルなHDDや光学ドライブ常用するのにも65Wお勧め)

〇指紋センサー搭載可

【短所・注意点】

△天板、底面とも金属じゃなく本体薄さ2.19センチ(1.75kg~)

×画面は多少の個体差あるが、いずれも発色は薄い

ThinkPadは下位モデルのパネル供給元を2~3社とする事で
買い叩いてコストダウン図ってます。


発色マトモなのは14型FHDじゃX1までありませんし、
本体価格がE490の次に安いThinkPadで探すと
14型TシリーズのWQHDが該当します。

ちなみにTなら天板とじて排気が干渉する事もありませんし、
冷却ファンもE490より少ない回転で風量かせげる立派なの
付いてますから、タワーPCの代替すら可能です。

△DVDドライブ非搭載

×USBは端子数こそ充分だが今時、Thunderbolt 3無し

カスタマイズして価格を見る(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)