ThinkPad T490sの長所・短所

【ご注意】このT490sも2020年春までは最新モデルです。
T495sをお勧めしない理由はコチラ【ご注意終】

【この機種の立ち位置】

14型、米軍規格の頑丈設計ながら本体わずか1.24kg~

WQHD液晶えらべば広色域+Dolby版HDR対応の鮮烈な発色

③一方、「省電力」パネル(FHD)選べばJEITA 2.0約24時間

LTE選択可

デスクトップ代替まで可能な耐熱・防塵設計

14型ThinkPadには更なる軽量薄型を誇るX1Cもありますが、
1日の大半を稼働させるならTシリーズが向いてます。

天板込の本体薄さはWQHD「省電力」パネル搭載が1.61センチ、
それ以外が1.67センチです。

材質は天板こそ強化プラですが、
底面マグネシウムなど薄型化にコスト割いてる点が
T490との違いです。

ちなみに最軽量構成は、「ディスプレイ」に
WQHD「省電力」、「Privacy Guard」のいずれか選んだ場合です。


14型のこの画素数は125%表示に設定した場合、
他社モバイルの主流である13.3型フルHDと比較して、
使い勝手が全方位的に優れます。具体的には

・表示領域は2,048×1,152px相当とフルHDより広い
・文字などの表示サイズは13.3型フルHDの100%とほぼ同じ
・25%の余力は文字の滑らかさに還元
・バッテリ持ちも4Kほど極端には悪化しない

等々です。解像度以外の表示品質は

・実測最高530カンデラと猛烈に明るく野外でも見易い
・高輝度時も黒が引き締まった抜群のコントラスト
・色域もsRGB 100%、AdobeRGB 89%と現行ノート最高レベルの鮮やかさ
・ギラ粒なく輝度下げてチラつかず、目も疲れ難い

といった具合で、パネル供給がAUO限定ですから個体差もありません

難点は下品な動画(笑)だと僅か~に残像でるのと、
光沢画面なので映り込み軽減する為に

・白背景アプリ使う
・輝度を上げる
・ディスプレイの角度調整

等の対処が必要です。


「省電力」パネル(FHD非光沢IPS)
・覗き見防止付「Privacy Guard」(FHD非光沢IPS、INX製パネルで後日追加予定)

以外は表示品質が芳しくありません

同じフルHD非光沢IPSでもX1Cに搭載されるパネルとは被りませんし、
供給メーカー多数で個体差も大きいです。
(タッチ無しがAUO,LG,BOE,INXの4社で、タッチがLG,IVOの2社供給)

天板は180°まで開きますから、机で使う時には
T490sのキーボード上に
モニタアームで外付モニタ配置する使い方も可能です。
(4K@60Hz出力サポートはThunderbolt 3経由のみ)

TシリーズなどThinkPad上位機種は、
成人男性が誤って靴で踏んでも壊れない天板やら
キーボード排水など揃ってて持ち運びにハードケース不要ですし、
トラックポイントに慣れればマウスまで不要になりますから
可搬性もスペック以上が見込めます。

【その他、特徴】

〇JEITA 2.0値24時間モデル含め、バッテリ容量は全てに共通

〇65Wアダプタなら1時間で0⇒80%まで急速充電可
(ポータブルなHDDやDVD多用するのにも65Wお勧め)

〇カメラはいずれも、使わん時にシャッターで覆える

〇指紋センサー搭載可

〇USB 3.1はフルサイズとType-Cが2つずつ
(Type-Cの内1つがThunderbolt 3でもう一方は電源兼用)

〇メーカー保証の延長は、本体購入後1年以内でおk

【短所・注意点】

×内蔵スピーカーが1W×2と、他社のビジネスモバイル並にショボい
(ちなみに、GeForceまで選べて本体1.44kg~のT490は2W×2)

【お勧めカスタマイズ】

「メモリー」は購入後に増設できませんから、
ビデオ専用メモリ無いこの機種で外付モニタまでご予定なら
16GBが無難です。

「ハード・ディスク・ドライブ」の項目はSSDしか選べません。
256GB以上なら体感速度に大差ないものの、
ThinkPad Tシリーズなら5年以上使える事を期待しちゃいますから
SSDも長持ちさせる為に常に1/3以上の空き領域が望ましく、
容量はデカいに越した事ありません

キーボードは英語配列も選べますが、
この機種に限らずEnterキー横長なので
日本語変換での操作性はシビアです。

カスタマイズして価格を見る(レノボ公式へ。当サイト左欄クーポンお忘れなく)