dynabook PZ/HUの長所・短所

【この機種の立ち位置】

一覧性(フルHD)と視認性(非光沢&広視野角)両立する15.6型

②お勧め構成(後述)でも7万円台

液晶は明るさこそ平凡(最高250cd)だがシャープ製の良品
(色域sRGB 99%。ギラ粒なく常用域でチラつき無し)

④キータッチも価格の割にマトモ。しかも抗菌
(ストローク1.5ミリ)

⑤安くてもBIOSから設計されており安定動作が見込める
(日系メーカーだと他にPanaしかなく、15万以内はdyna独壇場

⑥PCの「使い方相談」が5年間も無料

ラインナップは上位から

i7+メモリ16GB+SSD 512GB+HDD 1TB(12.5万)
i7+            16GB+        256GB+           1TB(11.1万)
・i5+             8GB+         512GB+          無し(9.4万)
・i5+             8GB+         256GB+         無し(8.8万)
i3+            8GB+         256GB+         無し(7.7万)←基本コレ一択

となっており、それぞれでOffice有無えらべます
(上記価格はメール登録だけの無料会員でOffice別)。

【その他、特徴】

〇樹脂ボディだが15.6″ノートにしては薄く、指紋も付き難い
(天板含めて19.9ミリ。HDD無しモデルだと実測1.7kg切る)

〇騒音はHDD無しモデルで低負荷だと、ほぼ無音
(i5やi7高負荷はそれなり。冷却ファンは小型ノート用2連)

〇底面にメモリ増設・交換用の小窓あり

〇Zoom等で会話を聞き易くする「AIノイズキャンセラー」
(i5、i7モデルのみ)

【短所・注意点】

△DVDドライブ非搭載

×スピーカーは音楽用には外付お勧め

△SDスロットはデジカメと共有し易いフルサイズだが読み書き遅め

△バッテリ38.1Whは特に大きい訳じゃなく、HDD有だと5時間が精々

△HDD無しモデルには2.5″装備が付属しない
(i7モデルも2.5″をSSDに交換すれば、バッテリ持ちは克服できる)

△USBは数こそ充分(フルサイズ×3+Type-C×1)だがThunderbolt無し

△i5やi7高負荷は内部温度たかめ。天板とじてると性能も発揮しない

当機もベンチ性能は優秀で、樹脂ボディゆえ表面も熱くなりませんが
i5以上を必要とする上級者さんには、側面排気のAZが無難です。

PZの詳細画像、最新価格はコチラ(dynabook公式へ)
icon