dynabook Rシリーズの長所・短所

(キーボード横のメッシュは4スピーカーモデルのみ)

【この機種の立ち位置】

毎年PC買ってる人にも「このノート程の衝撃は近年にない!」
って思わせる進化です。

薄さ15.9ミリのマグネシウム筐体でSバッテリなら本体940g

940gは14型じゃ最軽量ですし、Lバッテリ構成でも1,050gです。
質感やケース剛性も充分です。(天板は衝撃を和らげるタイプ)

②12コアCPUのCinebench R23マルチ良好。
前世代平均からスコア2倍!

13.3型dynaと違って、12世代のCore i7、i5が28Wで安定動作します。

③SSDも高速タイプのPCIe Gen 4(R6除く)
④騒音もアイドル無音だし、回る用途でも静か

CPU発熱を2系統に振り分けて丁寧に排熱しますが、
2つのファンは回転数が異なるので共振しません。
パームレストに熱が伝わる事も無く、高負荷連続でやっと
キーボードや底面の中央が40℃前後ですから
一般に許容範囲とされる温度です。

⑤バッテリ持ちはLで17時間Sでも13時間って所

容量はLが65Wh、Sが48.7Whと良心的です。

⑥画面は縦サイズが従来15.6型に迫る、横縦比16:10

1,920×1,200pxですし非光沢で作業に集中し易いので、
小さい文字を苦にしなきゃ普通の15.6型(つまりフルHD)
より捗ります。

最高輝度440cdも明るい方ですし
ギラ粒なく、輝度さげてもチラつかず
ブルーライト低減パネルで全く目が疲れません
なのに発色も自然(sRGB 95%)と来たもんだw

⑦R9や直販RZ/HVは2ウェイ4スピーカー

逆にコレ以外は音質、音量ともイマイチなので要注意

他社ですと最初に何グラムで作ろうって目標あって
パーツ単位で軽量化して行きますが、この機種は
理想のパーツで作った結果が940グラム~だったって所が
使い勝手の違いです。


店頭モデルが全てWin 11 Home+Office強制付属で、

R9:i7+メモリ32GB+SSD 512GB+Lバッテリ+4スピーカー
R8:i7+ 16GB+ 512GB+Sバッテリ
R6:i5+ 8GB+ 256GB+Sバッテリ

一方の直販モデルRZは全てメモリ16GBですが、
メールだけの無料会員登録⇒ログインで表示価格が暴落します。

Lバッテリ+4スピーカーのRZ/HV
全てOffice無し+Win 11 Homeで

・i7+SSD 1TB(23.6万)
・i5+ 512GB(22.2万)

Sバッテリ構成は全てi7で

・SSD 1TB(21.6万)
・ 512GB(20.4万)

となっており、Sバッテリの方だけ
Win 11 Home(型番RZ/LV)/ Pro(型番RZ/LU
× Office有無えらべます。
(上記価格は無料会員のOffice無し+Win 11 Home)

いずれもmicroSDスロットあるのでSSD容量は補えます。

【その他、特徴】

〇キーボードはタッチ良好に加えて防滴
(ストローク1.5ミリで、たわみ無し。R8、R6以外はバックライト付)

〇HDMIから4K@60Hz出力可

〇USBはフルサイズとThunderbolt 4が2つずつ
(後者は電源兼用)

〇電源ボタンに指紋センサー搭載。ログインまでが1タッチ

〇WEBカメラにプライバシーシャッター付

〇ACアダプタは安心の65Wだが、コンパクトで片手に収まる

〇「AIカメラエフェクター」で顔位置調整、背景ぼかし、明るさ補正可

〇Zoomなどで使える「AIノイズキャンセラー」

〇PCの使い方相談が5年間も無料

〇落下・水濡れ対応の「dynaプレミアム保証」は補償上限・免責なし
(加入料も3年で14,400円、5年で24,000円と良心的)

【短所・注意点】

×LTE対応モデル無し

△画面は180°開くが、閉じてると排気が鈍って性能を発揮しない
(極薄ボディに端子満載すると、この機種に限らんが)


狭額縁のこの機種もってしても
ボディはA4判から縦横1.5cmはみ出します。

画面横サイズは従来13.3型(16:9)と大差なく、
全画面動画もそのサイズです。
(私は画面縦に合わせて拡大表示してますが、字幕の両端が切れます)

少なくとも、13.3型フルHDを100%表示して文字ちいさいと思う方なら
16:10モバイルで出来る作業に幻想を抱くべきじゃありません

掛かってるコストからすれば、この値段でも安いでしょうし
出張が多く、今まで13.3型で作業してたって人には
現状、唯一無二の快適機種です。

しかし我々庶民には
複数台を使い分けるって手段もある訳で、
例えばRシリーズ1台買うご予算で
dyna CZ(←200%表示で超・美文字。液晶もシャープ製)
と安モバイル組み合わせた方が、
PCライフを充実させられる人は多いでしょう。

お得な直販RZの
詳細画像、最新価格はコチラ(dyna公式へ。無料会員登録で価格暴落)
icon